ピルロ2世と呼ばれるマルコ・ヴェラッティ選手とは?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■ピルロの後継者となれるか?イタリアの次代を担うMFの一人

スウェーデンとのプレーオフ第1戦にまさかの敗戦を喫し、ワールドカップ出場に黄色信号のともるイタリア代表。

そのイタリア代表の中盤をつかさどる重要な役割を担っているのがフランスのビッグクラブ、パリ・サンジェルマンに所属するヴェラッティ選手です。

ヴェラッティ選手はピルロ選手の後継者とも呼ばれる逸材で、現在プレーするリーグアンでは5シーズン連続のリーグ・アンベストイレブンを受賞中のイタリアの将来を担うプレイヤーです。

今回はそんな正念場を迎えるヴェラッティ選手の経歴やプレースタイル、市場価値やプライベートにまで注目しご紹介していきます。

■ヴェラッティ選手のプロフィール

1590″ src=”vera473895.jpeg” “vera473895″ =”660″ =”371” />

まずはヴェラッティ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきましょう。

・名前:マルコ・ヴェラッティ

・国籍:イタリア

・出身地:ペスカーラ

・生年月日:1992年11月5日(24歳)

・身長/体重:165㎝/60㎏

・利き足:右足

・ポジション:MF

・出身ユース:ペスカーラ(イタリア)

・現所属チーム:パリ・サンジェルマン

・背番号:8

・所属歴:ペスカーラ→パリ・サンジェルマン

・主な獲得タイトル(個人):リーグ・アン年間最優秀若手選手賞、リーグ・アンベストイレブン(5シーズン連続受賞中)

・主な獲得タイトル(チーム):リーグ・アン など

・代表歴:U-21イタリア代表、イタリア代表

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■ヴェラッティ選手の経歴

地元ペスカーラのユースチームで育ったヴェラッティ選手は2008年にトップチームデビュー。もともとはトップ下をこなしていたものの、セリエBに所属していた2011-2012シーズンに現在のボランチの位置にポジションをコンバートされ高い才能を発揮。

ヴェラッティ選手の活躍もあり、ペスカーラはそのシーズンセリエBで優勝し、セリエAへの昇格を果たします。

その才能に注目が集まり、同じイタリアの絶対王者、ユベントスなどが獲得を画策したものの、2012年にフランスの強豪、パリ・サンジェルマンへの移籍を決断します。

パリに移籍したヴェラッティ選手はセリエAでのプレー経験がないとは思えないフィットぶりをみせ、2012-13シーズンから27試合に出場し、いきなりリーグのベストイレブンを受賞すると、その後もフランスの絶対王者の中盤の要として活躍を継続.

優勝を逃した昨シーズンもベストイレブンを受賞し、現在19歳から5シーズン連続のベストイレブン受賞記録を更新中です。(怪我が多いところが今後心配ポイントではありますが…。)

そして今季、バルサへの移籍報道があがり、トラブルになるなどの騒動はあったものの無事に今期もPSGでのプレーを継続することを発表。
同じくイタリアのチアゴ・モッタ選手らと中盤の重要な選手としてカバーニ、ネイマール、ムバッペという超豪華3トップを後方から支援しています。

■ヴェラッティ選手のプレースタイル

ピルロ選手の後継者と言われるヴェラッティ選手ですが、中盤の底やインサイドハーフの位置からパスをつなぐレジスタの役割をこなしつつも、ピルロ選手とは違った機動力を併せ持っているのが彼の一番の特徴ではないでしょうか。

ヴェラッティ選手はプロフィールにもあるように165㎝と世界トップレベルの選手と比べるとかなり小柄な選手ですが、その小柄な体を活かしたドリブルを持っています。
足元のテクニックがかなり高く、中盤の底から長短のパスを前線につなぐ役割のピルロ選手と異なり、ボールをより運びながら前線にパスをつなげることができます。

また運動量が高く、小柄ながら守備の面でも激しくプレッシャーに行くことができるので、貢献することができます。

■ヴェラッティ選手の市場価値

イタリア代表の伝説的レジスタでもあるピルロ選手の後継者とされ、代表でも確固たるポジションを築くヴェラッティ選手の市場価値はどのようなものなのでしょうか。

ヴェラッティ選手は経歴の部分でもご紹介したようにペスカーラでのプレーはセリエBのみで、セリエAでのプレー経験はありませんでした。

そんなヴェラッティ選手に支払われた額は1200万ユーロ。日本円にして約15億円という大金での移籍はメディアを驚かせました。

その後、PSG加入から5シーズン連続でリーグ・アンのベストイレブンに選ばれるほどの才能を発揮しているヴェラッティ選手の活躍を考えるとこの値段はPSGにとってはかなりお値打ち価格だったといってもいいかもしれませんね。

世界的な選手に成長し、今夏バルサへの移籍も噂されたヴェラッティ選手の現在の市場価値は、43億円ほどと言われています。
同じイタリア代表ならばストライカーのインモービレ選手と同等クラスの評価と言えます。(あくまで金額の面の話ですが。)

また今夏クラブとの関係の悪化が報道され、バルサへの移籍が噂された際にはバルサは1億ユーロ(124億円)を用意していたといわれていましたから、仮にヴェラッティ選手が移籍するとなるとかなりの高額の移籍金が発生することが予測されますね。

※バルサはネイマール選手の売却金があったので実際に他クラブがここまでの金額を出すのかはわかりませんが・・・。

■ヴェラッティ選手のプライベートや性格は?

1587″ src=”vera784″ “vera784″ =”567″ =”545” />

ヴェラッティ選手には情報は少ないですが、すでに結婚しているとのこと。お相手はローラ・ザザーラさんという方でお子さんもいるようです。

気になる性格ですが、どちらかと言いたいことをはっきりという、そして態度に不満が出てしまう態度のようで、試合中の交代が納得いかなかったのか、監督にぼやいている姿が報道され話題になったり、バルサからのオファーがあった(とされる)際にはバルサへの移籍を希望し、代理人を含めてクラブとトラブルをおこし、結果残留になった際は謝罪動画をクラブにアップされられることになるなど、トラブルメーカーの要素を持っていますね。

また喫煙家としても知られており、2014、2015、2016、2017年とバカンス中や休暇中の喫煙画像が流出し、4年連続喫煙写真を公開されるという憂き目にあっています。

海外ではプロサッカー選手の喫煙については厳しい意見が出るようで元フランス代表のデュガリー氏が厳しい意見を述べるなど、プロとしての自己管理は怪しいところではあります。(喫煙家であのスタミナはすごいんですけどね・・・。)

■ヴェラッティ選手の最新情報、ワールドカップの行方は?

PSGの大量補強もあり、今季はいつにもまして移籍の噂が多かったヴェラッティ選手でしたが2017-18シーズンも12試合のうち8試合に出場するなど、チームの中心として活躍しています。

毎年のように移籍の噂が立つヴェラッティ選手なだけに今後どのようなビッグクラブでプレーすることになるのか今から楽しみでもあります。

ヴェラッティ選手はイタリア代表でも正念場を迎えています。来年に開催されるロシアワールドカップのヨーロッパ予選では、スペインと同組という不運にもさいなまれ、2位でプレーオフに進出。先日行われたスウェーデン代表との1戦目は0-1で敗れるというある意味波乱が起きてしまっています。

第2戦はホームで勝つことが進出の条件となるイタリア代表。過去に4度の優勝を誇る名門国のイタリアをワールドカップ本戦で見ることができないのはサッカーファンとしては寂しいところですので、ぜひ頑張ってほしいところです。

次戦は絶好調のストライカー、インモービレ選手を中心とした魅力的な攻撃陣の活躍はもちろん、中盤の底から『レジスタ』として攻撃を組み立てるヴェラッティ選手の活躍も必須の条件になってくるでしょう。

今後のイタリア代表、そしてヴェラッティ選手の動向から目が離せませんね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする