大エース復活で猛追体勢の整ったトッテナム。中心選手は!?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■気が付けば2位、気が付けばエース爆発。勢いに乗ったトッテナムは止められない!?

前半戦を終え、後半戦に入っているイングランド・プレミアリーグ。

954″ src=”01/kane4938310″ “” =”862″ =”484″ />

現在単独首位に立つのは13連勝を達成して一気にポイントを稼ぎ出したコンテ監督のチェルシー。

前シーズン10位からの復活劇にファンは優勝を期待せずにいられません。

大きく調子を崩すことがなければチェルシーの逃げ切りが濃厚でしたが、連勝のストップ、エースのジエゴコスタ選手の欠場など問題が発生し、まだまだ先の状況はわかりません。

そんなプレミア戦線の中、首位チェルシーの連勝をストップし、さらに現在6連勝中で2位につけたのは昨季3位のトッテナムです。

今季は序盤勝ちきれない試合も多く、負けないものの長らく5位をキープしていたチーム。

また序盤のエース、昨シーズンリーグ得点王のイングランド代表、ハリー・ケイン選手の不調とけがによる離脱。

チャンピオンズリーグを早々と敗退するふがいない戦いなどにより今シーズンの上位進出を不安視する声もありました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

しかし、チャンピオンズリーグ敗退が決まったころを境に吹っ切れたのかトットナムのサッカーは変化を見せます。

ケイン選手がけがから復帰すると不調が嘘のような得点ラッシュ。

気が付けばケイン選手は昨シーズンと同じく得点王争いを行っている状況まで来ています。(現在暫定2位)

前節のウェスト・ブロミッチ選手では見事なボレーシュートを含む圧巻のハットトリックを見せました。

また、新エースとして若干20歳のデレ・アリ選手の勢いが止まらず、株は急上昇。

ゲームメイカーのエリクセン選手も貫禄のあるプレーでチームをコントロールし、昨季のような魅力的な攻撃サッカーが帰ってきました。

今回はそんなトットナムの躍進を支える選手2人について紹介していきます。

■今季一番の上昇株。ケイン並みの得点力を兼ね備えるデレ・アリ選手

955″ src=”01/ari89089320″ “ari89089320″ =”859″ =”596” />

今シーズン、不調の前半戦を何とか負けない試合に持ち込むMVP選手が、韓国代表のソン・フンミン選手だとしたら、後半戦のMVPは現在のところこのデレ・アリ選手でしょう。

アリ選手は現在若干20歳の若手選手で、トットナム期待の若手選手です。

昨シーズンもチームの中心として活躍し10ゴールをマーク。

今シーズンもチームの中心として早くも現在時点で昨季と同じ10ゴールを記録しており、それ以上の得点力としての活躍は間違いないでしょう。

特に最近の得点力の高さは群を抜いており、17~20節の4試合で7ゴールをマークし得点力を爆発させています。

今後の移籍市場でもビッグクラブから注目され、移籍金も上昇することが予想される未来のスーパースター候補生でしょう。

アリ選手の特徴はまずその卓越したボールタッチのセンスとスキルでしょう。

ドリブル突破においても、ボールキープにおいても活躍できる選手です。

中盤で走り回るダイナミズムも合わせて、攻撃の中核となっています。

また状況判断能力にも優れており、状況に合わせてパスを散らすこともできる現代サッカーにおいての攻撃的選手として非常に監督としても使いやすいプレースタイルです。

まだ20歳で伸び代もあるアリ選手。

今後の活躍を期待せずにいられません。

■たくましさを兼ね備えてきたデンマークのファンタジスタ!エリクセン選手

956″ src=”01/Eriksen8990″ “Eriksen8990″ =”886″ =”427” />

まだ10代、オランダのアヤックス時代から才能ある若手選手として注目されてきたエリクセン選手はトットナムのゲームメーカーとして現在最高のパフォーマンスを披露しています。

その才能にミランなどの強豪チームが興味をもつなど、常に移籍市場では注目の的となっていたことが印象的です。

アヤックス時代はその才能は間違いないものの、少し線の細い印象で、チャージの激しいプレミアでは通用するかは正直疑問ではあるところでした。

かねてから天才といわれてきたテクニックとチャンスメイク能力に加えて、最近では当たり負けしない力強さを兼ね備えた印象で、プレミアでも屈指の選手として活躍し、代表でも象徴としてプレーしています。

現在、エリクセン選手、アリ選手、ケイン選手で構成される攻撃陣は破壊力抜群。

今後、チェルシーのしっぽを捕まえる為にはこの人の活躍が必要不可欠なのは間違いありません。

そのほかにもワニャマ選手やデンベレ選手など、多数の若いタレントを抱えるトッテナム。

CLを敗退したことでリーグ戦に集中できるのも大きな強みでしょう。

今後は昨シーズンのようなリーグ終盤の失速もなければ、悲願のタイトル獲得も夢ではありません。

リーグ後半はトッテナムの動向に要注目ですね!

ケイン選手、アリ選手など才能あふれる点取り屋を動かす為にはこれ以上ないタレントです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする