昨季の悔しさをばねに美しいサッカーを展開できるか?トットナム

昨シーズンのプレミアリーグのハイライトはレスターシティが起こした功績の偉大さ故、ほかの出来事に関してはやや目立たない印象があります。

そもそも昨シーズンのとの優勝争いを繰り広げていたのはマンチェスター・ユナイテッドやシティ、チェルシーといったビッグクラブではなく、今回紹介するトットナムであったことを忘れてはいけません。

シーズン終盤はレスターとの優勝争いに粘れず、レスターのバーディー選手の出場停止期間というチャンスを活かせず、アーセナルに抜かれ3位に終わりましたが、専門家たちの間では昨シーズン一番美しいサッカーと化粧されていたのはこの若いチームでした。

今シーズンも戦力はほぼ維持できており、来シーズンの活躍が期待できます。

今回は今夏の移籍市場での動きと現有戦力の紹介をしていきます。

●ポチェッティーノ監督のもと若い力で手に入れた美しいサッカー

335″ src=”2016/08/mauriciopochettino-cropped_i5dyyhuo5fiq1qcpbft9zq273″ “poc1″ =”758″ =”526″ />

トットナム・ホットスパーズはイングランドプレミアリーグにおいてビッグクラブの枠組みには入りませんが歴史は深く、プレミアリーグにおいての第2勢力として長年熱狂的なファンに愛されてきたクラブです。

昨季は奇跡のレスターの陰に隠れたものの数々のビッグクラブを抑え3位でフィニッシュしています。

就任2年目に入ったポチェッティーノ監督のもと平均年齢約24歳というプレミアでもひときわ若い才能が躍動します。

若さを生かした献身的なプレスと、切り替えの早さとういうハードワークでボールを奪い、技術の高いMFがチャンスを演出、最終的に昨季もっともゴールを決めたエースストライカーが仕事をこなすという美しいサッカーでレスターを最後まで追いつきました。

実際にプレミアリーグ内ではチャンス数やシュート数、失点数など様々な部門でプレミアリーグ上位のデータを挙げており、昨シーズン終盤の失速がなければレスターを逆転し優勝するポテンシャルはありました。

今季は3年目を迎え、さらにサッカーを成熟させたトットナムの上位進出・CL出場権争いは見どころです。

そんなイギリス1の美しいサッカーを展開したチームの現有戦力にはダイヤー、アリ、ラメラ、エリクセン選手と才能あふれる中盤の攻撃陣に加え不動のエースストライカーで昨シーズンプレミアリーグの得点王を獲得したハリー・ケイン選手など素晴らしい戦力をそろえています。

336″ src=”2016/08/E383A9E383A1E383A9E38080E38388E38383E38386E3838AE383A0-thumbnail2” “rame1″ =”743″ =”495″ />

さらに今期の移籍市場では現在のところそれらの戦力をしっかりと固辞できているということでしょう。

昨季終盤を除き素晴らしいサッカーを展開した現有戦力メンバーが維持できたというのが今季一番の収穫でしょう。

課題はぞの持続力と選手層。

昨季はリーグ戦は調子がよかったものの、ハイプレスを主体としたサッカーはやはり負担がかかるため、同時参戦していたヨーロッパリーグではサブ組が多数出場する結果に。

16強で姿を消したヨーロッパでの姿は明らかに国内リーグに比べれば見劣りする陣容でした。

今期はさらに厳しいCLへの挑戦を行うため、現有戦力+ヨーロッパを戦い抜く戦力の確保が必要です。

もっとも重要なのはエースのケインの代役、そこに関してはオランダ、エールディビジで27得点を挙げたヤンセン選手を獲得。

ヤンセン選手は純粋な点取り屋、いわゆる9番タイプの選手で、ケインの代役としては適しているかと思います。

あとはオランダサッカーから来た選手がトットナムのサッカーにしっかり適応できるかがカギとなるでしょう。

また同じく控え選手にはやや魅力の足りなかった守備的なMF陣にはポチェッティーノ監督のサウサンプトン時代の教え子、ワニャマ選手選手を獲得に何とか課題のいくつかは今季達成することができています。

337″ src=”2016/08/461537208wanyama-500×335” “wani1″ =”716″ =”480” />

しかし、最終ラインに関しては手付かず。

フェルトンゲン選手、アンデルワイレルト選手のベルギー人タッグの代わりに関しては補強不足の感は否めません。

ハイプレスサッカーゆえの中盤へのさらなる補強、今季世界中のあらゆるクラブの課題となっているCBの補強の問題を解決することが最優先ですが、補強ができなかった場合に昨シーズン同様選手たちがシーズン終盤までパフォーマンスの維持ができるかどうかが躍進のカギになりそうです。

●昨季プレミア得点王ハリー・ケイン選手。

まさにストライカーというポジショニングや傑出した決定力を武器に昨シーズンプレミアリーグ得点王となったイングランド代表選手です。

いうまでもなくこの人の出来不出来で来シーズンの結果が左右されます。

●デンマークが生んだ天才選手。エリクセン選手。

若くして才能を認められ数々のビッグクラブからオファーの絶えなかったデンマークの天才。

とにかくボールを止める、運ぶ、打つ、パスをするといった一つ一つの精度が高く美しいまだまだビッグクラブでも活躍しそうな選手ですね。

彼が中盤にいることで攻撃の選択肢が大きく広がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする