もう一人のローマの『象徴』デ・ロッシ選手とは?

■主力の放出、王子様の引退で窮地に陥っているローマの象徴。

今シーズンの移籍シーズンが8月末で終了し、各チーム新たな戦いが始まりました。今夏の移籍市場は昨季の選手の移籍金の高騰以上に衝撃的な200億円越えの金額が飛び出し、いつになく盛り上がりました。

そんな金満チームの動きが目立った中、選手を狩られる側に回ったクラブも多くあります。

そんなチームの一つが、イタリアのローマでしょう。昨シーズンは中盤の要の一人だったピャニッチ選手をライバルのユベントスに奪われ、今シーズンはチェルシーに移籍したリュディガー選手、リバプールに移籍したサラ―選手など重要な主力選手の引き抜きにあい、戦力ダウンは否めない様相です。

そんなローマにおいて、昨シーズン引退したトッティ選手と同じようにローマ一筋でプレーするレジェンドがもう一人います。

それが34歳になってもローマで貴重な戦力であり続ける、イタリア代表のダニエレ・デ・ロッシ選手です。

闘志あふれるプレーでチームを牽引するこのベテランが及ぼす安定感は、今シーズンチャンピオンズリーグを戦うローマにとっては非常に貴重な存在となります。

今回はそんなデ・ロッシ選手についてその経歴やプレースタイル、かつての市場価値やプライベートの部分まで注目しご紹介していきたいと思います。

■デ・ロッシ選手のプロフィール

1356″ src=”09/rossi” “rossi” =”781″ =”542″ />

まずはデ・ロッシ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・本名:ダニエレ・デ・ロッシ

・国籍:イタリア

・出身地:ローマ

・生年月日(年齢):1983年7月24日(34歳)

・身長/体重:184㎝/83kg

・利き足:右足

・ポジション:MF(DMF、CH)

・現所属チーム:ローマ

・背番号:16

・所属歴:オスティア・マーレ(イタリア)→ローマ(イタリア)

・代表歴:イタリアU-19~U23代表、イタリア代表

・主な獲得タイトル:FIFAワールドカップ、アテネオリンピック銅メダル など

■デ・ロッシ選手の経歴

・クラブでの経歴

デ・ロッシ選手は現在活躍するローマに生まれ育った幼少期からのローマファンでサッカー人生もローマの下部組織で始めた生粋のロマニスタです。
18歳にしてローマのトップチームに昇格し、19歳にはすでにセリエAのリーグ戦デビュー、その次のシーズンにはトップチームに定着します。

トップチーム昇格後はローマの中盤の核としてトッティ選手と並びローマの象徴として現在14シーズン目を迎えたデ・ロッシ選手は世界でも有数の守備的MFに成長。世界のビッグクラブからも注目されましたが、ローマ一筋でプレーしトッティ選手が引退した昨シーズン、キャプテンを継承し新たなる象徴となりました。

・代表での経歴
デ・ロッシ選手は今でこそ34歳とベテランですが、20代前半にオリンピックやU-21欧州選手権で活躍した選手でもあります。2004年のアテネオリンピックではイタリア代表として出場し、日本代表とも対戦(小野伸二選手や松井大輔選手、大久保嘉人選手が参加した大会)、日本戦では鮮やかなオーバーヘッドでゴールを記録しています。

2006年、セリエAを代表するMFへと成長したデ・ロッシ選手はドイツワールドカップへ出場しましたがアメリカ戦でのラフプレーが悪質とみなされ4試合の出場停止処分を受け、決勝のみ出場。PK戦にもつれ込んだイタリア代表はこの試合を制し、デ・ロッシ選手も決勝のPKを決め優勝しましたが、なんとも微妙な結果となってしまいました。

2010年もイタリア代表の不動の中盤として出場しますがイタリア代表はまさかの予選リーグ敗退。イタリアはこの大会まさかの0勝で去ることとなってしまいました。

その後もイタリア代表として出場しているデ・ロッシ選手はキャプテンとして試合にコンスタントに出場。今回のロシアワールドカップの予選も4大会出場をかけ、フランスなど厳しいグループの中で奮闘しています。

■デ・ロッシ選手のプレースタイル

長らく、ローマ・イタリア代表で不動の中盤としてプレーするベテランのデ・ロッシ選手のプレースタイルとはどのようなものなのでしょうか。

デ・ロッシ選手は中盤の選手としてあらゆる能力を兼ね備えたオールラウンダーな選手です。強靭なフィジカルとスタミナ、そして高いディフェンス力をもち中盤で攻撃の芽を摘むディフェンシブなMFとしての役割を持っています。

また攻撃の面でも高い能力を持つデ・ロッシ選手はテクニック、戦術眼にも優れ攻撃面でも正確なパスをFWに供給するゲームメイク的な役割や強烈なシュート能力、タイミングの良い飛び出しからのゴールなど多彩な攻撃パターンを持ちます。

長い歴史の中で、元アルゼンチン代表の伝説的ストライカー、バティストゥータ選手など様々なFWと共演して魅力的な攻撃を演出したり、スパレッティ監督が持ち込み、当時革新的だったトッティ選手を最前線に置くゼロトップシステムなど様々なシステムに対応できる器用さを持っているデ・ロッシ選手はまさにワールドクラスの中盤と言えますね。

■デ・ロッシ選手の市場価値は?

デ・ロッシ選手はローマ一筋でプレーしているため、実際に他チームに移籍したことがないのでこれまでの移籍金の例はありません。しかし、長い現役生活の中で世界トップレベルの守備的な中盤の選手として名を挙げたデ・ロッシ選手には様々なクラブからの興味が報じられていました。

そんなデ・ロッシ選手の気になる年俸ですが、実は2016年時点ではデ・ロッシ選手はセリエA最高額の年俸を受け取っていました。その額は実に650万ユーロ(8億7000万円)。この額を見ればデ・ロッシ選手がいかに必要な選手であるか、象徴の一人とされているかがわかりますね。

しかし、昨シーズンの2016-2017シーズンでは年俸に見合ったパフォーマンスを見せられなかったこともあり、今シーズンからの新契約では年俸は半額近くに下がってしまったのではないかとも噂されています。

■デ・ロッシ選手のプライベート

激しいプレーを信条とし、ピッチ内ではカードを激しいタックルや暴力行為で受けることも多いデ・ロッシ選手。どうしてもやんちゃなイメージを抱いてしまいますが実際のところはどうなのでしょう。

タトゥーにいかついひげ面のデ・ロッシ選手ですがプライベートでは特にやんちゃはしていないようです。

そんなハードボイルドイケメンのデ・ロッシ選手には奥さんがいます。

1357″ src=”09/rossi0958-4e” “rossi0958-4e” =”777″ =”512″ />

お相手のお名前はサラ・フェルバーバウムさん。

イケメンのデ・ロッシに似合うすごくきれいな女性ですね!

またデ・ロッシ夫妻は日本がお好きのようで今オフにも日本の築地や大阪に出没した様子がインスタグラムに投稿されたことで話題になりました。

■デ・ロッシ選手の最新情報、移籍の噂は?

今シーズン、リュディガー選手・サラ―選手などの主力の放出で戦力ダウンを強いられたローマはマンチェスター・シティからコラロフ選手らを補強し今シーズンに臨んでいます。

今シーズンもデ・ロッシ選手を中心とするストロートマン選手、ナインゴラン選手などその魅力的な中盤は健在、デ・ロッシ選手も開幕から2試合を先発出場しています。前節でインテルに敗れたものの、今年も上位争い候補の一つになるでしょう。

今後ローマがチャンピオンズリーグを含む過密日程をどう戦うかがカギになります。

また代表でも、正念場を迎えているイタリア代表。若手選手の台頭が目覚ましい昨今、変わらず中盤のファーストチョイスとして中盤に安定感をもたらすデ・ロッシ選手の活躍が非常に重要になります。

スペインと同組という不運があり、先日行われた直接対決でも敗れたイタリアは2位でフィニッシュし、他組とのプレーオフを戦うことが濃厚になっています。(首位になる可能性はありますが、現実味は低いでしょう)

デ・ロッシ選手を中心に、トリノで大ブレイクしたベロッティ選手など若手が絡むイタリアをサッカーファンは見たいでしょうからぜひ頑張ってほしいところです。

今シーズンから引退したレジェンド、フランチェスコ・トッティ選手のキャプテンマークを継ぎローマの象徴になったデ・ロッシ選手。今シーズンも34歳のベテランのプレーから目が離せませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする