前人未到の5連覇を達成した絶対王者の中心!衰えを知らないアリエン・ロッベン選手に迫る

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■前人未到の5連覇を達成したバイエルン・ミュンヘンの10番アリエン・ロッベン

昨年度までドイツ・ブンデスリーガを4連覇していた絶対王者バイエルン・ミュンヘンが、先日のヴォルフスブルグ戦で大勝を収め、前人未到の5連覇を決めました。

シーズン序盤こそ、新鋭ライプツィヒの躍進にお尻をつつかれていたバイエルンですが、ふたを開けてみれば絶対王者らしい、安定した戦いで勝ち点を積み重ねシーズン終了を待たずして優勝を決めたバイエルンはさすがと言えます。

そんな前人未到の記録を達成したバイエルンの中で攻撃の中心として活躍し続けるのが、背番号10番をつけるオランダ代表のエースのアリエン・ロッベン選手。ベテランの域に達しながらもバイエルンが抱える優秀な若きサイドアタッカーにレギュラーの座を譲ることなく、今シーズンも目覚ましい活躍を保ちました。

今回はそんな「モンスター」のような活躍を続けるロッベン選手の経歴やプレースタイルに注目しながらご紹介していきたいと思います。

■アリエン・ロッベン選手のプロフィール

1077″ src=”05/robben667.jpeg” “robben667″ =”875″ =”546” />

まずはロッベン選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・フルネーム: アリエン・ロッベン
・生年月日:1984年1月23日
・身長/体重:180㎝/80㎏
・出身地: オランダ
・主なポジション:FW(WG、CF)/MF(SH)
・現在所属チーム: バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
・所属チーム背番号:10
・主な所属歴:フローニンゲン→PSV(オランダ)→チェルシー→レアル・マドリード(スペイン)→バイエルン・ミュンヘン
・代表歴:オランダ代表

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■アリエン・ロッベン選手選手の特徴・プレースタイル

ロッベン選手はかつてのオランダ代表のレジェンド、ヨハン=クライフ氏の現役時代と同じフライング・ダッチマン(空飛ぶオランダ人)と呼ばれるほどサッカー史の中でもトップクラスのプレイヤーですので、基本的にはスピード・技術・シュート・パスなど攻撃の面で必要な能力はすべて兼ね備えているといっても過言ではないでしょう。

そんな中で中でも特筆してロッベン選手の特徴としてあらわされるのはその強力なドリブルスピードとカットイン(切り替えし)から繰り出される強烈で正確なシュートです。

トップスピードから方向転換されるとDFはついていくことができないため、簡単にサイドから中への切り替えしを成功させほぼフリーの状態でシュートができます。DFも縦に抜けられる可能性を予想しながら守備を行うため、「わかっちゃいるけど」侵入を許してしまうのです。

またロッベン選手の驚異的なドリブルスピードを示すの逸話がデータで実際に数値としても出ており、世界中のサッカーファンを驚かせました。

サッカー界にはその選手の能力を測る指標としてあらゆるデータがランキング化されています。そんなデータの一つとしてドリブルスピードを示す速度のデータがあります。前回ブラジルで開催されたワールドカップで世界に衝撃を与えたオランダ対スペイン代表の試合。中盤での多彩なボール回しを警戒したスペインは「ステーションスキップ」と呼ばれる中盤を介さず、ロングボールを多用しカウンターを仕掛ける奇策を仕掛けました。

優秀な選手を抱えてはいるものの、前評判は決して高くなかったオランダでしたがその試合でスペイン相手に5得点を奪い、前回大会の王者を予選リーグ敗退に追いやるきっかけを作ったのです。

ロッベン選手の驚異的な能力を示したのは試合終盤にロングカウンターで決めたゴールです。

スペインのセルヒオ・ラモス選手をドリブルで置き去りにして決めたゴールは圧巻で、この時に出ていたスピードが時速37㎞、つまり原付バイク以上の速度を保ちつつ、ボールコントロールをしていたということになります。

このスピードはランキングではトップのドリブルスピードでロッベン選手のスピードとボールタッチのスキルがいかに優れているかがこのようなデータの面でもうかがえます。(ちなみにこの時置き去りにされたセルヒオ・ラモス選手もランキングで10位に入っていることを考えると、トップスピードに乗ったロッベン選手を捕まえることができるDFはほぼいないとも言えるでしょう。)

■アリエン・ロッベン選手の経歴

オランダ代表のエースとして長年活躍しているロッベン選手ですが、これまでのクラブ歴では怪我との戦いと強力なライバルたちによるポジション争いに巻き込まれてきました。

PSVからチェルシーに移籍した際はウクライナのレジェンドのシェフチェンコ選手にポジションを奪われ、またその後移籍したレアルにおいては特に怪我に悩まされその回数は10回と言われています。また2009年にはクリスティアーノ・ロナウド選手など超強力メンバーの補強もあり出場機会を減らしたロッベン選手は現在所属するバイエルンに新たな居場所を求めて加入します。バイエルン加入後も怪我は相変わらず多いものの、個人としてもクラブとしても様々なタイトルを獲得し、充実したクラブ生活を過ごすことができています。

その間もオランダ代表には常にメンバー入りし、中心選手として活躍してきました。

■アリエン・ロッベン選手の年俸・現在の市場評価額について

1078″ src=”05/robben8885″ “robben8885″ =”868″ =”602” />

選手の市場価値を表す、移籍金ですがロッベン選手がレアル・マドリードからバイエルン・ミュンヘンに移籍した際の移籍金はおよそ2400万ユーロ(約30億円)と言われています。この額だけを聞くと安いように感じますが、最近の移籍市場でやりとりされる金額が高騰しており参考にはならないかもしれませんが、怪我が多く出場機会を失ったロッベン選手をこのタイミングでこの金額で手に入れたバイエルンはお買い得な買い物をしたといってもいいかもしれませんね。

ロッベン選手の年俸は2016年の推定で約11億程度でチームの順位の中では8位ぐらいに位置するのではないかといわれています。これも今シーズンまでの活躍を考えるとトップクラスの選手たちの中ではお買い得のような気がしますね。

■アリエン・ロッベン選手の性格・名言・家族など(自宅)

ロッベン選手は2007年に結婚。現在は奥様と3人のお子さんと過ごしています。

ロッベン選手は小さな頃から努力家で知られており、コメントなどを見ていると「美しい試合をして負けるより最悪のプレーでも勝つほうがいい」と語っており、結果重視のリアリストのようですね。また有名な事件では同僚のドイツ代表のミュラー選手と試合中に口論になり、ミュラー選手を小突いてしまうなど血の気の濃い一面も持っているようです。

■アリエン・ロッベン選手の最新情報、現在の評価

1079″ src=”05/robben554″ “robben554″ =”889″ =”667” />

最初にもご紹介したとおり、ロッベン選手の所属するバイエルンはリーグ5連覇を達成しました。今回の優勝にロッベン選手の活躍が大きく寄与していたことは間違いありません。

しかし現在バイエルンミュンヘンの問題として挙げられているのが選手の平均年齢の高齢化です。今シーズンバイエルンではシャビ・アロンソ選手とラーム選手の2人が現役を引退しましたが、2人は最後までレギュラーとしてプレイ。後釜として期待されるのは若きドイツ代表のキミッヒ選手やチアゴ選手など今シーズン大活躍した期待の若手が控えています。

一方、フランス代表のリベリー選手とロッベン選手の怪物コンビで構成されるサイドには破壊的なパワーを誇るドウグラス・コスタ選手や先日契約更新された若き才能、コマン選手なども控えています。しかし、この2人をもってしてもロッベン選手を超えているとは言い難く、今シーズンの大事な試合ではほとんどロッベン選手が出場していました。まだまだ存在感は衰えていません。

もう33歳とサッカー選手の中ではベテランの域に入ってきたロッベン選手。おそらく次のロシアワールドカップがトップパフォーマンスを披露できる最後のワールドカップになるでしょう。

ただし、この3年間の怪物的な衰えを見せない活躍を考えれば、いかに33歳といえ評価は同じか、もしかするとバイエルンに移籍した当初と同等以上の価値があると考えて妥当でしょう。2018年もバイエルンに所属することが今年の1月に発表され、来シーズンも活躍が期待されます。

オランダ代表としても前回のワールドカップで起こしたような旋風を起こしてくれるのか?サッカーファンとしては非常にわくわくしますね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする