決勝トーナメントに可能性を残した日本!スウェーデン戦に勝つためには!?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リオオリンピックがついに開幕し、われらがサッカー日本代表も熱い戦いを繰り広げています。

結果はナイジェリアに4-5で敗退、続くコロンビア戦は2-2と引き分けとなり決勝トーナメントへの可能性はまだ残されている状況です。

最低限次のスウェーデン戦では勝利が必ず必要な日本代表。

次のスウェーデンで勝利するために重要な要素を考察してみました。

【ナイジェリア戦で見せた日本の課題】

ブラジルへの到着がギリギリになったことが話題になり、不戦勝もささやかれた試合でしたが結果5失点を喫す結果になってしましました。

1点目はサイドの突破を2人でケアした間を一気に抜かれたことによる失点でした。シュートに反応した櫛引選手のセーブは見事でしたがこぼれ球を押し込まれてしまいました。

その後南野選手がエリア内で倒され得たPKを興梠選手が決め同点に追いつきますが、

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ナイジェリア選手のクロスに対して室谷選手がボールの落下点を見誤り、クリアできず押し込まれ勝ち越しを許します。

その後あきらめない日本は大島選手、中島選手、南野選手の華麗なパス回しから南野選手が同点ゴールを流し込みます。

しかしその後ナイジェリア代表にミスがらみ、PK、最後には中盤でミスによりボールを失い3点を追加されてしまいます。

その後日本も2点を返しますが及ばず、試合は4-5で敗退してしまいました。

この試合実に、5点中3点をミスによる失点を喫しており、残りの2点も1対1(2)で勝てなかったことが原因となった得点でした。

攻撃陣がしっかりとした崩しから4得点していることから、今回の試合の敗退の原因はディフェンス陣にあるといっても過言ではないでしょう。

ナイジェリア攻撃陣のスピードに圧倒され、ボールに集中しすぎたことにより2列目から飛び出してくる選手に対応できないことでフリーの選手を作り出してしまいました。

とはいえ、日本もナイジェリア代表のスピードを警戒していたはずです。

しかし単純な攻撃だけでなく、相手のオーバーエイジのチェルシー所属、ミケル選手の見事なゲームコントロールで攻めにバリエーションをつけていたことも圧倒されてしまった原因でしょう。

立て続けの失点から動揺し、ミスが重なってしまったことも連続失点の原因でしょう。

【コロンビア戦で見せた攻撃陣の可能性】

2戦目のコロンビア戦では引き分けに終わってしまったものの、可能性を見せてくれました。

2点目は不運なことに藤春選手のミスがあったものの、1戦目に比べて守備陣は修正が見られました。

まだまだ1対1の局面の弱さは見られますが、なんといっても攻撃陣はいろいろな可能性を見せてくれました。

特に南野選手や中島選手など日本自慢の前線がおりなす細かいパス回しからの浅野選手の1点、そして中島選手の芸術的な25mロングシュートと得点力の高さを示してくれましたね。

【スウェーデン戦のカギを握る守備の要】

ここからはスウェーデン戦の展望です。

スウェーデンのメンバーは当初予定していた中心選手の招集がクラブの都合で見送られ、選手層はヨーロッパ選手権よりもダウンしています。

コロンビアやナイジェリアと違い、日本と同じような組織的なサッカーを展開してくると予測されることから、これまでの対戦相手の中では一番相性が良い相手とこれまでの戦いから考えてもよいでしょう。

日本が決勝トーナメントに進出するために、勝利は絶対条件です。(コロンビアの負けで確定)

安定したパフォーマンスをこじ開ける実力を日本は持っています。

やはりカギを握るのは守備陣、特にセンターバックの塩谷選手、植田選手の2人とキャプテン遠藤選手でしょう。

広い戦術眼と守備で日本をけん引する遠藤選手

サンフレッチェの核として活躍、ユーティリティ抜群の塩谷選手

鹿島の若きCB、植田選手

コロンビア戦はナイジェリア戦にはなかった積極的なプレスが見られていました。

全体の状態を把握しながら、積極的なプレスでコースを絞り、1対1で勝つ。

この基本を押さえていればきっと日本は勝利できるはずです!がんばれニッポン!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする