リーガ・エスパニョーラついに開幕!トップ3チームの優勝争いはいかに!?バルセロナ編

ついにプレミアリーグに並び、欧州世界最高峰の選手が集うスペインの国内リーグ戦、リーガ・エスパニョーラが開幕しました。

近年の構図はトップ3チームの優勝争いに偏っています。

メッシ、スアレス、ネイマールの超豪華3トップを擁する昨年度リーガ覇者FCバルセロナ、昨季のヨーロッパチャンピオンでEURO2016を制して勢いに乗るクリスティアーノ・ロナウドとベイルのバロンドール候補2人を擁するレアル・マドリード。

そして昨シーズンは惜しくもチャンピオンズリーグ決勝での国内対決でレアルに敗れた、闘将シメオネ監督率いるアトレティコ・マドリードの3チームです。

今年も間違いなく、この3チームを中心にシーズンが回ることが予測されます。

今回はこの3チームについて移籍市場の動向や現有の戦力、注目の選手を紹介していきたいと思います。

●昨季リーガ1位 MSNの攻撃力維持が優勝のカギ。FCバルセロナ

224″ src=”2016/08/9b4cd85c-da21-11e5_1066131b” “msn1″ =”780″ =”520″ />

世界中のサッカーファンを魅了する華麗なパスサッカーとMSNと呼ばれるメッシ選手・スアレス選手・ネイマール選手の豪華3トップのこの力で得点を量産する前年度覇者。

昨年度はリーガは制覇したものの、常に目標はリーグ・カップ戦・チャンピオンズリーグの3冠であることは間違いありません。

昨シーズンに取り逃したヨーロッパ王者の座を取りに、今シーズンはビジャレアルから若手のゲームメーカー、デニス・スアレス選手とバレンシアからアンドレ・ゴメス選手の攻撃的MFを2名獲得しました。

特にデニス・スアレス選手は非常にユーティリティーにあふれた選手でセンターフォワードのポジション以外はこなせるマルチプレイヤーです。

MSNやラキティッチ、イニエスタ選手を休ませることもできますし、過酷な日程で行われるカップ戦、チャンピオンズリーグにさらに対応できる陣容をそろえてきた印象です。

ただし、デニス・スアレス選手は自分でどんどん点を取るタイプではなく、純粋に点取り屋としてのMSNのバックアップの選手を獲得する必要があるでしょう。

177″ src=”2016/08/dsuaresu” ” ” =”679″ =”475″ />

現在はユベントスのマンジュキッチを獲得しようと動いている噂がありますが、当該選手のみならず、点を取れるようなバックアッパーの獲得次第で3冠獲得の可能性はさらに上がると思われます。

●注目は何といってもこの人、イメチェンで見た目は変わってもプレーのキレは変わらない!リオネル・メッシ選手

225″ src=”2016/08/ea369876-8351-4c6b-94ac-74af3512a856.png” “massiimage” =”732″ =”538″ />

注目の選手、当たり前すぎますがやはりこの実績世界最高の選手の活躍はカギになります。

プライベートの問題や、国の代表としての大きな大会を2つ連続準優勝で落としてしまった(ワールドカップ・コパアメリカ)ことによる失望など、マイナスなイメージの出来事が多かった昨今、一時は代表の引退も表明しましたが、金髪にイメチェンし代表引退も撤回したメッシ選手が爆発すれば

3冠は夢ではないかもしれません。

●イニエスタ選手、ラキティッチ選手、ブスケツ選手の不動の中盤

MSNと並んでもう一つのバルセロナの攻撃陣を支えるのがこの黄金の3人の中盤選手でしょう。

イニエスタ選手・ブスケツ選手に関しては長い年月をかけた連携で中盤をコントロールしますし、ラキティッチ選手も違和感なくそのパス回しに溶け込む技術とミドルシュートや2列目からの飛び出しによるゴール決定力も兼ね備えています。

アンドレ・ゴメス選手とデニス・スアレス選手のバックアップを受けつつ、コンディションを保ったままこの3選手が出場できれば、来年も魅力的なパスサッカーをファンは見れるでしょう。

●ネイマール選手の復調も大切

全体的にリーガを制した昨季の陣容を保ちつつ、少数ですが補強を実施できているバルセロナ。

前述したストライカーの補強は必要ですが、昨季もこのメンバーでリーガを制した実績から、今期も優勝候補の筆頭でしょう。

ジダン監督率いるレアル・マドリードはチャンピオンズリーグの制覇や、プレシーズンマッチの好調から調子を上げてきています。

レアルVSバルセロナという構図が細かい勝ち点差で展開されることが予想されることから、クラシコと呼ばれる直接対決でたたくことができればより優勝は現実的なものとなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする