2ndステージ優勝を決めた浦和レッズ!安定した強さの要因は?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

10月29日に行われたJ1第16節、ジュビロ磐田戦でついに2ndステージ優勝を果たした浦和レッズ。

今シーズンのステージを通して、その派手なパフォーマンスで注目され続けた川崎フロンターレの裏で、着実に勝ち点を重ねてのステージ優勝はさすがですね。

今回のステージ優勝からチャンピオンシップを踏まえて、先日制覇したルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)とベスト16まで進出している天皇杯を併せて国内主要リーグの3冠も見えてきましたし、とれる可能性を十分に持ったチームでしょう。

今回はそんな国内では非常に安定したサッカーを展開し、3冠を狙う浦和の安定の要因について考えていきましょう!

■安定した点取り屋の存在。

606″ src=”2016/10/koroki6386″ “koroki6386″ =”663″ =”497″ />

まず、浦和の強さの要因を語るうえで、欠かせないのは言わずもがな、リーグ屈指の選手層でしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

各ポジションに国内で実績を上げているベテラン選手や、高い能力を持つ選手たちがここまでそろっているチームも珍しいのではないでしょうか。

事実、今シーズンのレッズを振り返れば、高いパフォーマンスを上げていた選手は名前を出せば実に11任では足りません。

その中でも、まず得点源となる選手の存在、すなわちストライカーの層が厚いことは当然のことながら大きい要因です。

今シーズンの主な得点源はこの2人。

オリンピック代表オーバーエイジで出場した興梠(こうろき)選手と李忠成選手です。

今シーズンはこの2人で17得点をたたき出していますが、2人の優れている部分は得点力だけではなく、トップの位置でほかの攻撃センスに優れた選手達をうまく使いコントロールできる器用さを併せ持っていることです。

あとでも述べますが、関根選手や高木選手、武藤選手、後半戦に大活躍した駒井選手などの仕掛けのできる選手たちを生かした戦術にも大きな影響を及ぼしました。

■攻撃パターンの多彩性。

602″ src=”2016/10/sekine27” “sekine27″ =”965″ =”772” />

レッズの特徴は飛び出しと仕掛けの面で非常に優秀なインサイドハーフの選手、さらにスピードのあるドリブル突破の仕掛けと正確なクロスを持つアウトサイドのハーフの選手を活かした攻撃で攻撃の層に厚さをもたらしている点です。

レッズのサッカーは現在、海外で主流となりつつバイエルンや、チェルシー、ドルトムントのようなインサイド、アウトサイドのハーフを活かした攻撃という意味では、海外的なサッカーをするなという印象を持っています。

特に関根選手と駒井選手、宇賀神選手などのアウトサイドハーフの活躍は目覚ましく、この選手たちの細かい仕掛けは攻撃へのアクセントをつけ、決定機につながる場面を何度も作ってきました。

603″ src=”2016/10/komai213″ “komai213″ =”1280″ =”960″ />

また攻撃陣を支えるのはパスを散らし、攻撃のアクセントをかけることができる日本代表の柏木陽介選手、ベテランの風格で守備面を整え、チームのバランサーを務める阿部選手が控え、また空中戦に強い槙野選手のアクセントやシーズン前半戦はチームにフィットしなかったものの、後半戦はフィットし、CBながら攻撃への切り替えのスイッチを入れるオリンピック代表のキャプテン、遠藤航選手など結局は選手層なんですね(笑)

そんな攻撃の多彩性は見ていても非常にわくわくさせてくれるサッカーです。

■連携力抜群の軸となる選手たち。

604″ src=”2016/10/sda826e3” “sda826e3″ =”837″ =”608” />

以前ルヴァンカップ優勝の際にも書きましたが、レッズの多彩な攻撃、硬い守備を支えるのはその高い連携力も要因にあるかと思います。

もともとサンフレッチェ広島で一緒だった西川選手、槙野選手、柏木選手、李忠成選手、森脇良太選手などは、現在レッズの軸となっている選手です。

またこの軸となる選手たちは素晴らしいリーダーシップを持っており、他の選手、監督とも一丸となっている様子がプレーを見ているとよくわかります。

書き出しでも解説した通り、今回のセカンドステージ優勝から、さらに3冠を狙う浦和、さらには最近好成績を残せていない来年のACLを見据えた戦いはまだまだ続きます。

海外サッカーを見ているような浦和の多彩な攻撃、サイドアタックに要注目です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする