終盤に差し掛かったJ1優勝争い、ダントツ優勝候補レッズとは?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■セカンドステージ王者決定まであと3試合!!優勝の行方は?

海外サッカーが開幕から面白い展開を見せている一方、日本国内ではトップリーグのJ1リーグセカンドステージの終盤に差し掛かり、ステージ優勝とACL(アジアチャンピオンズリーグ)への出場権を決める総合準備の行方が楽しみになってきました。今回はそんなJ1リーグの優勝争いと年間総合順位から各チームの注目選手をピックアップしていきます。

■悲願の王者へ、あと一歩に迫った浦和レッズ

585″ src=”2016/10/reds979.jpeg” “reds979″ =”1280″ =”960″ />

元アジアチャンピオンの浦和レッズは国内有数のタレントを揃えるチームです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

各ポジションに日本代表クラスの選手や国内でも評価の高い選手を揃えており、日本代表では正GKの座をつかんだ西川周作選手を中心としDFの槙野選手、MFの柏木陽介選手や遠藤航選手、FWには元日本代表、アジアカップの決勝で鮮烈なボレーシュートを決めた李忠成選手、記憶に新しいリオオリンピックにオーバーエイジ枠として出場していた興梠慎三選手などが所属しています。

かつては現在ドイツ、ブンデスリーガで絶好調の原口元気選手も2列目の選手として活躍していたチームです。

さらに得点能力の高い武藤選手、鋭いドリブルで仕掛け、攻撃にアクセントを加える関口選手なども所属し、非常にバランスの良い陣容です。

ここ最近は毎期安定した成績を残しており、昨日行われたルヴァンカップやなどの制覇はしているのですが、J1リーグ年間王者は毎期惜しいところで優勝を残しており今シーズンもっとも可能性の高いチームとして、優勝は悲願になります。

現在、2位に5ポイントをつける首位に立っており、同時に年間順位でも長い間首位を走っていた川崎フロンターレのしっぽをつかみ、ついに逆転に成功。

このままいけばセカンド王者、年間王者の2つが見えてきました。

浦和レッズのスタイルはその攻撃的なサッカーでしょう。

個々の能力の高い選手たちのゴール前での仕掛けのバリエーションが多く、武藤選手や関口選手の積極的な飛び出しやサイドからの展開、さらに細かいパス交換からの中央突破など個人的には仕掛けのバリエーションが多い浦和のサッカーは見ていてわくわくさせてくれるという印象です。

守備に関しても西川選手や槙野選手の個の強さが目立ちますが遠藤選手を中心とした中盤からの積極的なプレスも、安定した試合を継続することができる要因になっています。

■We are REDS!ここ一番で輝きを放つお祭り男、李忠成選手

586″ src=”2016/10/ri” “ri” =”808″ =”606″ />

先日行われたルヴァンカップ(国内カップ戦、以前はナビスコカップと呼ばれていました)でPK戦にもつれ込んだ激しい試合を制し優勝したレッズのヒーローインタビューを受けた李選手。

そのインタビューの中でWe are REDS!と叫びチームへの愛を見せました。

アジアカップの決勝で見せた、ボレーシュートのごとくここ一番での決定力が高くポストプレイヤーとして前線での起点を作ることができるオールラウンダーな選手です。

余談にはなりますが、現在の浦和レッズにはかつてサンフレッチェ広島でともにプレーした選手が多数在籍しています。西川選手、槙野選手、柏木選手、そして李選手は当時中心メンバーとして活躍し個性的なゴールパフォーマンスが話題となり、スポーツニュースでは必ず取り上げられていました。

587″ src=”2016/10/makino34″ “makino 33″ =”855″ =”586” />

今後王者になる権利を守り抜く立場になった浦和レッズ。

安定したサッカーとともにチームの雰囲気が変わらないようにコントロールしていくことも重要な要素です。

李選手や槙野選手など、ムードメーカーになれる選手を中心にチームをいい雰囲気に保ち、現在のサッカーを継続していけば、優勝はおのずと手に入るでしょう。

そんな安定した要素の多い現在首位の浦和レッズは、文句なしの優勝候補筆頭になるでしょう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする