チャンピオンズリーグ制覇で勢いづく銀河系スター軍団。レアルマドリードの今シーズンは?

●間違いなく優勝争いの中心。銀河系軍団レアルマドリード。

いよいよ開幕したスペインの国内リーグ、リーガ・エスパニョーラ。

世界最高峰の選手達が集う中で優勝争いは近年3強に絞られています。

前回はそのなかで、前年度覇者でメッシ選手をはじめとしたMSNと呼ばれる強力3トップを擁するFCバルセロナについて紹介させていただきました。

今回はそのバルセロナの永遠のライバルである前年度リーガ準優勝の銀河系軍団。

MSNに負けないBBCと言われる世界的3トップを揃えます。

229″ src=”2016/08/461714336-500×309″ “BBc” =”784″ =”484″ />

今回はそんなヨーロッパチャンピオン、レアルマドリードについて紹介いたします。

●昨季はヨーロッパ制覇も…目標はあくまで3冠。

レアル・マドリードは常に話題、実績で世界トップクラスを走り続け、世界一ともいわれる豊富な資金力と偉大な歴史背景を持つ世界的人気クラブ。

そんなクラブには常にその時代のトップの選手達が集い、それを形容『銀河系軍団』と言われています。

多少の浮き沈みはあるものの、常に目標はトップで昨年はUEFAチャンピオンズリーグで悲願の優勝。

ヨーロッパNo.1に輝きました。

しかし国内リーグ・カップでは無冠に終わったことを考えると大満足の結果になったとはいえません。今年度の目標はバルセロナと同じく国内2冠+チャンピオンズリーグの3冠でしょう。

●3冠ををとる為の補強は?ジダン監督の真価が問われるシーズン

232″ src=”2016/08/zinedine-zidane-real-betis-real-madrid-la-liga-24012016_14iinajqmdfq91d483kt5xxk39″ “zidane2″ =”792″ =”549” />

現在チームの士気をとるのはクラブ出身のレジェンドで元フランス代表のジダン氏が勤めており、今シーズンも続投して開幕スタートを迎えます。

昨シーズンは、チャンピオンズリーグ制覇という実績、チーム内ではカゼミーロ選手の起用がハマり、戦術的な貢献も見せました。

しかし今の所監督としての能力は未知数であるという見方が一般的になっています。

ジダン監督の前のベニテス監督からの引継ぎでチームは上がっていくしか状況としてなかったこと、また明確なジダン氏としての戦術論は発揮しておらず、今シーズンはフルシーズンの戦いの中で真価を問われます。

また補強に関しても成功しているとは言いがたい状況でしょう。

3冠を達成するには過密日程や大会によってメンバーを使い分け疲労をコントロールする為の選手層が非常に重要になりますが、今回の補強では今の所大型補強等は見られていません。

スターをそろえるチームゆえの宿命か、出場機会を求めるタイプの選手はよりつきにくいチームになっているのかも知れません。

コロンビアのエース、ハメス・ロドリゲス等が控えメンバーに甘んじていることからもレギュラーメンバーの層の厚さは伺えますね。

230″ src=”2016/08/jamejame” “jamaes11″ =”757″ =”568” />

また争奪合戦でもバルサやチェルシーの後手を踏み、希望の選手も獲得できていません。

怪我人の発生など、不足の事態にどのように対応するか、フィジカルのコントロール面でもジダン監督にかかっています。

●注目はバロンドール候補2代エースの活躍とカゼミーロ選手が生み出す安定性。

現在のレアルに穴はあるか-。

正直に言えば明確な穴は見つかりません。全てのポジションに優秀な選手をそろえるレギュラーの陣容は見事です。

その中でもカギを握るのは昨シーズンのバロンドール候補2人、ベイル選手とクリスティアーノ・ロナウド選手の2人でしょう。

以前も紹介いたしましたが、まさにサッカー界のトップを走る2人で、調子が良い時は誰も手を付けられません。

特にロナウド選手は昨季終盤、チャンピオンズ・リーグ終盤とEUROにおいては決して本調子の動きができていたとはいえませんでした。

今シーズンは彼のコンディションが重要になります。

また昨季一番の収穫、銀河系の中盤のアンカーを務めるカゼミーロ選手にも注目です。

彼の活躍はレアルの中盤に安定感をもたらし、ジダン監督のお気に入りとして、ポルトから復帰後早速仕事をやってのけ、コパアメリカではブラジル代表にも選出されました。

不安点は彼と同じタイプ、バックアッパーの不足でしょう。

今回の移籍市場ではチェルシーに移籍したカンテ選手などの移籍も噂されましたがチェルシーに取られてしまいましたし、

おそらく今シーズンもレギュラーとして重宝されることは間違いないでしょう。

エース2人と同じように、コンディショニングを整えることが重要ですね。

いかがだったでしょうか?すばらしいメンバーをそろえるレアルの今シーズンの最も重要な課題は、コンディショニングを整えることでしょう。

普通に実力を発揮できれば、はっきりとした戦術を示さなくても結果を出せることは昨シーズン証明されています。

選手の活躍と共にジダン監督に手腕に注目しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする