フランスリーグ開幕!絶対王者パリ・サンジェルマンのリーグ5連覇なるか?

●注目の絶対王者の目標は3冠。

206″ src=”2016/08/UCL-Opposition-PSG” “psg” =”800″ =”450″ />

イングランドプレミアリーグに続き開幕したフランスの国内リーグ、リーグ・アン。

スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ同様、欧州5大リーグとして注目されます。

特に注目なのは、やはり2011年にカタールの会社に買収され、世界一裕福なクラブの一つとなった名門、パリ・サンジェルマン(以下PSG)でしょう。

豪華陣容をそろえ、昨季はリーグ・アンを4連覇し、1チーム抜きんでた絶対王者的な存在となっています。

今シーズンは国内リーグ制覇とCL制覇を視野にカップ戦と併せて3冠を狙います。

特にチャンピオンズリーグでの優勝はチームの悲願でもあり、昨季まで監督を務め国内4連覇を達成したブラン監督を解任し、スペインのセビージャをヨーロッパリーグ3連覇に導いたエメリ監督に変更し、今季は望んでいることからもCLへの意気込みを感じられます。

●王様が抜けたものの、陣容は充実。エディソン・カバーニ選手の活躍がカギ

5連覇をかけて重要な滑り出しとなる今シーズン開幕初戦、絶対王者PSGはバスティアを相手に1-0での勝利を収めています。

注目のトップですがカバーニ選手は出場せず、今季獲得したベン・アルファ選手が先発しました。

国内のみにとどまらず、CL制覇に向けて十分な陣容をそろえるPSG。

まずは世界でも屈指のブラジル代表センターバックコンビ、チアゴ・シウバ選手とダビド・ルイス選手が控えるセンターバック陣。

個人の能力は疑いようもありませんが、シウバ選手は世界一のセンターバックといわれていますし、ダビド・ルイス選手はチェルシー時代はボランチを務めていたこともあり、足元の技術やビルドアップ能力も確かです。

MFにもフランス代表のマテュイディ選手、イタリア代表のチアゴ・モッタ選手が安定感をもたらし、アルゼンチン代表のディ・マリア選手、パストーレ選手の華麗で創造的なプレーで攻撃にバリエーションを与え、決定的な機会を演出します。

size-large 204″ src=”2016/08/image-1024×576″ “silva1″ =”728″ =”410” />

特にディ・マリア選手の巧みなドリブルと創造的なプレーは世界屈性で、観客を魅了するようなプレーで世界が注目しています。

今季の注目でもあり踏ん張りどころでもあるFWのファーストチョイスにはウルグアイ代表の点取り屋、エディソン・カバーニ選手でしょう。

203″ src=”2016/08/2000842_w2″ “kava-ni” =”748″ =”421″ />

プレースタイルはポジショニングや飛び出しの能力に優れ、ヘッドやシュートなどあらゆる状況から点が取れる生粋のストライカータイプです。

またカバーニ選手の大きな特徴はそのスタミナ。

偉大な点取り屋には90分間その存在を消している選手もいますが、彼はピッチを走り回り、積極的な守備やポジションを確保する作業を怠らない泥臭さも兼ね備えています。

過去にはそのプレースタイルから「世界で最もスタミナのあるストライカー。」と評されたこともありました。

それに加えて過去にはフランスリーグの得点王になった経験もある決定力を兼ね備えているという面では、世界有数のストライカーの一人でしょう。

今シーズンは昨シーズン国内リーグだけで38ゴールを奪い得点王に輝いたスウェーデン代表の怪物、イブラヒモビッチ選手がマンチェスターユナイテッドへ移籍し、純粋な得点力の低下が懸念されています。

試合によっての好不調の波が若干激しいカバーニ選手がどれだけ活躍できるかが、5連覇への重要なカギになるでしょう。

●昨季ブレイクの若手に期待。ラビオ選手とは

もう一つの注目ポイントは若手の台頭。

その中でも昨シーズン若干21歳の若さながらもコンスタントにセンターハーフのポジションで出場し、活躍したラビオ選手に注目です。

201″ src=”2016/08/062e8ab5″ “ravi” =”801″ =”425″ />

ラビオ選手の特徴はその高いパスセンスです。

中盤で受け取ったボールをしなやかなタッチでキープし確実につなぐ仕事ができる、ミスの少ないゲームメーカー。

将来的にはまだ若いので将来のフランス代表の中心選手になっていると思われます。

中盤のボール支配を重要視する前監督のブラン氏のサッカーにおいてはボールを保持しながらチャンスを演出できるプレースタイルが重宝されており、多くの出場機会を得ました。

今シーズンの開幕戦でもスタメンに名を連ねており、今シーズンはさらなる期待が高まります。

●5連覇&CL制覇は?

タレント力では問題ない、PSG。

今季国内リーグ5冠はノルマでおそらく達成はなされるでしょう。

しかしCLに関しては前述のとおり、FWの活躍が必須です。カバーニ選手・新加入のベン・アルファ選手の活躍に要注目ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする