来シーズンの名誉挽回を誓う!世界一高価な選手ポール・ポグバ選手とは?

■140億円での名門復帰を果たすも、期待外れ?の活躍に終わった昨シーズン

昨シーズン夏の移籍市場で最も話題をかっさらった男といえば、イタリアの絶対王者ユベントスから140億という衝撃の移籍金で古巣の名門、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表のポグバ選手でしょう。

21歳の若さにしてユベントスの中盤を支配し質の高いプレイを見せたポグバ選手のマンチェスターでの活躍をだれもが期待しました。しかし、シーズンが終わってみれば決定的な仕事はいくつかしたものの、シーズン全体を通しては140億という移籍金に見合うプレーができたとは言えませんでした。

こればかりはチーム全体の問題もありますので、ポグバ選手の責任とは言えませんが、本人・ファンともに来シーズンはこの世界一高価なMFのさらなる活躍に期待せずにはいられないでしょう。今回はそんな大きな期待を背負う24歳の天才、ポール・ポグバ選手について、そのプロフィールやプレイスタイル、プライベートまでご紹介していきたいと思います。

■ポグバ選手のプロフィール

1230″ src=”07/pogba8009.jpeg” “pogba8009″ =”620″ =”413” />

まずはポグバ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・本名:ポール・ラビイレ・ポグバ

・国籍:フランス

・生年月日:1993年3月15日(24歳)

・身長:191㎝/84kg

・利き足:右足

・ポジション:MF

・現所属チーム:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

・背番号:6

・主な所属歴:ル・アーブル(フランス)→マンチェスターユナイテッド→ユベントス(イタリア)→マンチェスターユナイテッド

・代表歴:フランスU16~U20、フランス代表

■ポグバ選手のプレースタイル

1232″ src=”07/pogba8098″ “pogba8098″ =”620″ =”430” />

まず、ポグバ選手の得意とされているポジションはDMFやセントラルといった下がり目の位置が言われていますが、実際は攻撃的なタスクを高レベルでこなすこともできる為、中盤の選手として必要な能力のほとんどを兼ね備えた選手と考えると分かりやすいかと思います。

ポグバ選手の役割はゴールやラストパスだけでなく、「ゲームを作る」役割であればどこでもこなすことができます。

特にそのやわらかい独特のボールタッチはポグバ選手独特のものと言える代物でなかなかボールを失うことはありません。
守備ではその長い脚を駆使した激しいタックルでボールを奪い、キープ・パスも最高レベルでこなす。

中距離からは強烈で正確なミドルシュートでセットプレイも強い。まさに弱点を見つけることが難しい現在のサッカー界屈指の中盤のプレイヤーでしょう。

同じフランス代表の先輩であり、レジェンドのジダン氏もポグバ選手のプレースタイルに言及しており「未来のバロンドーラーになるはず」と称賛したうえで、「ポグバはマケレレとヴィエラをミックスした男」と語っています。

フランスのサッカー選手にとって自らのプレーをレジェンドに称賛されただけでなく、ヴィエラ(1998~フランス代表のDMFとしてワールドカップ優勝やユーロ制覇など数々のタイトルを獲得したレジェンド)、マケレレ選手(フランスの2000年代を代表する激しいタックルでボールを奪取する中盤のダイナモ。

ちなみにチェルシーのカンテ選手はマケレレ2世といわれている)の2人のレジェンドをミックスしたとまで言われるそのプレーは、本当にクオリティの高いものだとの証明でしょう。

■ポグバ選手の経歴

ポグバ選手はもともとマンUの下部組織出身のプレイヤーで、プロデビューもマンUで果たしています。しかし、熱い選手層に阻まれ出場機会を得られなかったポグバ選手は、イタリアの名門ユベントスへ移籍します。

移籍したユベントスでは瞬く間にレギュラーを確保し、チームのリーグ制覇に貢献すると2015シーズンからは背番号10を背負いセリエAの3連覇に貢献。まさにチームの象徴になります。

特にCLでは大きな存在感を見せつけ、ユベントスでの数シーズンがポグバ選手を世界最高峰のMFへ押し上げたといっても過言ではないでしょう。それだけの活躍を見せました。

すっかりと世界有数の選手に成長したポグバ選手は古巣マンチェスターユナイテッドに140億円といわれる移籍金で電撃復帰を発表します。

そして迎えた昨シーズン、ファンの期待を一身に受けたポグバ選手でしたが、シーズンを通してユベントス時代に与えたインパクトを見せることができず、ELでの活躍でなんとか来季のCL出場権を獲得することはできましたが、チームのけが人が続出するなどの不運にも見舞われ守備に回ることは多く、パフォーマンスを発揮しにくい環境だったことも原因でしょう。

ポジションの特性上得点を量産することもできず、数字上の結果を出すことができなかったことも非難の原因です。

■ポグバ選手の市場価値、移籍金は?

ユベントスからマンUへの移籍金についての話題は、昨夏の移籍市場で最もホットな話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、正確な金額・契約内容は諸説あるものの1億ユーロ(約130億円)前後というのが平均のようです。

これはこれまでの移籍金史上最高額といわれていたベイル選手(ウェールズ/レアル・マドリード)を上回り史上最高の移籍金記録となりました。

獲得したマンUはもともと移籍金ゼロで放出した選手を130億円で買い戻すという結果になってしまい、以前の非常にもったいない決断に後悔したでしょうが、その損失を考えても価値のあるポグバ選手のすごさがこのエピソードを見ると理解できます。

年俸に関してもユベントス時代(約6億円)からマンUでは15億円以上という報道もあり2倍以上になったことは間違いなさそうです。(すごいですね・・・。)

これで今シーズン大活躍できていれば文句はなかったのでしょうが・・・。

■ポグバ選手のプライベートは?性格・名言は?

世界的スーパースターとなったポグバ選手。
現在彼女として最新のお相手はアフリカ出身の歌手のデンシアさんという方のようです。

1229″ src=”07/pogba676″ “pogba676″ =”640″ =”480″ />

またポグバ選手には兄弟がおり、ともにプロサッカー選手をしています。

昨季のヨーロッパリーグではフランスのサンティティエンヌでプレーするフロランタン選手との兄弟対決が話題となりました。
試合後の様子やインタビューからポグバ兄弟は非常に仲がよさそうです。

1231″ src=”07/pogba89009” “pogba89009″ =”620″ =”430” />

またポグバ選手のプライベートで言うと、その個性的な髪形がたびたび話題になります。

ポケモンの『モンスターボール』をイメージしたスタイルやヒョウ柄をイメージした刈り上げのスタイルなど、目立ちたがり屋な一面が垣間見られます。プロになって初めての給料でルブタンの靴を2足買ったとインタビューで答えたポグバ選手。現代の若者らしく、おしゃれにはかなり敏感なようですね。

■ポグバ選手の最新情報や移籍の噂

今季も昨季同様、ルカク選手をはじめとした大型移籍を敢行するマンチェスターユナイテッド。昨季以上の陣容をシーズン開始時にそろえるであろうこの名門においてポグバ選手の放出はないでしょう。

目立った移籍の噂もなく、来シーズンはポグバ選手がより活躍できる環境が整えられるでしょう。特に今シーズン守備に回ることの多かったポグバ選手がより攻撃のタスクに集中できるように、チェルシーのマティッチ選手をはじめとする守備的なMFの獲得が予想されます。

またフランス代表としても欠かせない存在として激しい欧州予選を戦うフランス代表。

近年まれにみるスター軍団のフランス代表は出場してくる可能性も高く、来年はグリーズマン選手やカンテ選手などのスターたちとロシアワールドカップで活躍する姿が非常に楽しみですね。

来シーズン、チャンピオンズリーグを戦うマンUにおいて、中盤のキーマンに間違いなく指定されるポグバ選手。

最高と言えるパフォーマンスをできなかった昨季のリベンジを果たし、最高額の選手に見合った活躍ができるか。全世界のファンたちが注目していますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする