格闘系熱血センターバック!?ポルトガル代表ペペ選手とは?

■長らく銀河系軍団のDF陣を支えたポルトガル代表武闘派センターバック

現在の移籍市場においてブラジル代表のネイマール選手の290億円をはじめとする大物選手の移籍が相次いで、連日サッカーニュースが盛り上がるなか、先日ワールドクラスのDFの移籍が発表されました。

その選手が2007-2008年のシーズンから2016-2017シーズンまで10年近くにわたり、ヨーロッパ屈指のビッグクラブのレアル・マドリードに所属したポルトガル代表のDF、ぺぺ選手です。

ぺぺ選手はレアルのようなトップクラブで長くプレーする実力を持っていることはもちろん、その激しいプレースタイルゆえピッチ上で様々な問題を起こすこともあることで知られ、あらゆる意味で有名選手と言えます。

34歳のぺぺ選手が新たに選んだクラブはトルコの名門クラブのベシクタシュ。

今回は今季チャンピオンズリーグへ出場するベシクタシュで新たなシーズンを迎える武闘派センターバックのぺぺ選手に注目し、そのプレースタイルや経歴、ぺぺ選手のプライベートなどをご紹介していきたいと思います。

■ペペ選手のプロフィール

1452″ src=”09/pepe587439″ “pepe587439″ =”833″ =”468” />

まずはペペ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・本名:ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ(愛称:ペペ)

・国籍:ポルトガル、ブラジル

・出身地:ブラジル マセイオ

・生年月日:1983年2月26日(34歳)

・身長/体重:188㎝/81kg

・利き足:右足

・ポジション:CB

・現所属:ベシクタシュ(トルコ)

・背番号:5

・所属歴:マリティモ(ポルトガル)→ポルト(ポルトガル)→レアル・マドリード(スペイン)→ベシクタシュ

・代表歴:ポルトガル代表

・主な獲得タイトル:UEFA EURO2016、UEFA チャンピオンズリーグ(3回)、リーガ・エスパニョーラ(3回) など

こうしてみるとペペ選手はDFとして本当に輝かしいキャリアを挙げていることがわかります。特にレアル・マドリードに所属し、獲得したタイトルの多さ、そしてそのタイトルを獲得した時のほとんどでレギュラーとして活躍していたことを考えるとペペ選手は世界でも有数のセンターバックの一人と言えます。

■ペペ選手のプレースタイル

レアル・マドリードでセルヒオ・ラモス選手や、バロンドーラーの元イタリア代表のファビオ・カンナバーロ選手ら錚々たるメンバーとコンビを組んでいた世界的DF、ペペ選手のプレースタイルとはどのようなものなのでしょうか。

ペペ選手はDFに必要な能力、パスカットやタックル能力に優れていることはもちろん、長身を活かした競り合いの強さなど、DFとして持っておいてほしい基本的な能力を高いレベルで持っています。

そんな高いDF能力の中でも特にペペ選手は高身長+豊富なスピードを持っており、並みの選手なら裏に抜けることを許さない武器となっています。

激しいラフプレーなどが協調されるペペ選手ですが、それでもトップレベルの試合で起用されてきたのはその基本的なDF能力の高さが評価されていた結果なんですね。

■行き過ぎたプレーで問題を起こすこともしばしば・・・

世界を代表するセンターバックとして素晴らしいプレーを見せ、レアル・マドリードというビッグクラブの中心としてプレーしたペペ選手ですが感情を抑えることができず、ピッチ内でのラフプレーや暴力的な行為におよんでしまう、よくない面でも有名な選手でも知られています。挙げだすときりがないのですが、ここでは有名なペペ選手のラフプレー事件をご紹介します。

・メッシ踏みつけ事件

・セルタ股間バックキック事件

・ヘタフェキック事件&フック事件

ヘタフェ戦で見せたペペ選手のキャリア史上最も派手な暴力行為事件です。この試合で2人の選手に暴行を加えたペペ選手はこの後10試合の出場停止処分を受けました。

このようにダーティーなイメージが先行するペペ選手ですが、ベテランの域に達してきた最近は以前より落ち着いたプレーを見せるようになってきており2014年のワールドカップでの退場劇以来は目立ったものがない印象です。

■ペペ選手の経歴

・クラブチームでの経歴

ポルトガル代表として知られるペペ選手ですが、実はブラジル出身でユース時代はブラジルのコリンチャンスでプレーしていたペペ選手。

プロとしてのデビューはポルトガルのマリティモというクラブで始まります。マリティモのトップチームに昇格してからの初年度から監督の信頼を得たペペ選手はクリスティアーノ・ロナウド選手の出身クラブで名門のスポルティングへの移籍が浮上するなど若くしてその才能を発揮しました。

2004年には同じくポルトガルの名門、ポルトに移籍徐々にチームに適応し、レギュラーのポジションをつかむと、レギュラーに定着しポルトガルリーグ制覇に貢献しました。

その後の2007年、ついにペペ選手は現在所属するレアル・マドリードへ3000万ユーロという当時のセンターバックとしてはかなりの高額の移籍金で移籍。
移籍初年度から元イタリア代表のファビオ・カンナバーロ選手やセルヒオ・ラモス選手などトップクラスの選手らとDFラインを形成。

2009年からは、のちにご紹介する暴力事件やひざの前十字靭帯断裂の大けがなどで停滞するも2010年からは安定したプレーを披露。その間には守備的MFでのプレーなどの経験し、2013‐2014年シーズンにはキャリア初となるチャンピオンズリーグ優勝を経験、個人としては欧州ベストイレブンにい選ばれるなど輝かしいキャリアを継続しました。

2007シーズンから2017年まで実に10シーズンをレアルマドリードでプレーしたペペ選手ですがその10年間の中で声がかかったとされるクラブは錚々たるもので絶頂期にはインテルやマンチェスター・ユナイテッド、そして結果的にベシクタシュに移籍した今シーズンは34歳にしてマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンなど、そのクラブ名を聞けばペペ選手がいかにDFとしての能力が評価されているのかがわかりますね。

・ポルトガル代表での経歴

1453″ src=”09/pepe783945″ “pepe783945″ =”810″ =”573” />

ブラジル出身のペペ選手は2007年にポルトガル国籍を取得し、長らくポルトガル代表で活躍しています。2010年、2014年のワールドカップに出場していますが2014年のブラジルワールドカップではドイツ戦でミュラー選手に頭突きをして退場処分を受けるなど、代表でもダーティーな部分で目立ってしまいました。

2016年のユーロではポルトガル代表初めてのメジャータイトルの獲得に大きく貢献、決勝のフランス戦にフル出場、そして自身も大会ベストイレブンに選出されるなど、いまだにポルトガル代表にはなくてはならない存在です。

■ぺぺ選手のプライベート、性格は?

試合中の問題行動がクローズアップされがちなペペ選手ですが、プライベートや性格などはどのようなものでしょう。

ペペ選手は結婚しており、お相手はアナ・ソフィア・モレイラさんというお方と結婚されており、また2人のお子さんがいます。

性格面に関してはプライベートではどうなのか詳細を確認できませんでしたが、ピッチ内の事件を起こしていますが、ピッチ外では目立った事件は起こしておらず、暴行などは試合中に熱くなってしまうペペ選手の性格によるものなのかもしれませんね。

またレアル入団時はロベルト・カルロス選手がつけていた背番号をつけたり、14歳の時に父親に買ってもらったアンブロのスペシアーリというスパイクを愛用したりとそのような逸話からこだわりの強い性格が見て取れますね。

■ペペ選手の最新情報

1454″ src=”09/pepe345789″ “pepe345789″ =”815″ =”565” />

10シーズンにわたる長期間銀河系軍団の中心でプレーし続けたペペ選手でしたが、今シーズンからレアル・マドリードを離れトルコの強豪クラブ、ベジクタシュへの移籍を発表しスペインリーグを離れることになりました。

移籍金こそ、レアルとの契約が切れていたため0での加入となりましたが、ペペ選手個人には2年間で1500万ユーロ(日本円で約18億円)が入るとされています。

現在34歳と決して若くない年齢になりながら、1年間で約9億円のもの収入を得ることができる評価をされているペペ選手はやはり大物であると感じさせられます。また、ベジクタシュは昨季トルコのリーグ戦を制し、今季はチャンピオンズリーグにも出場することが決まっており、世界最高峰の舞台で今季もペペ選手の雄姿を見ることができます。

また、前回のEURO2016を制したポルトガルは先日まで開催されていた各大陸の王者が集まる国際大会、コンフェデレーションズカップに参加。クリスティアーノ・ロナウド選手を筆頭にベルナルド・シウバ選手などの若い才能も台頭してきた攻撃陣に比べ、やや若手の層が薄いDF陣において中心メンバーとしていまだに出場しています。

来年のロシアワールドカップへ向けた欧州予選を戦うポルトガル代表。現在、他グループの2位同士が戦うプレーオフの出場圏内の2位以上がほぼ確定しています。

オセアニア代表とのプレーオフに臨むことになる南米予選と違い、実力が伯仲しどうなるかわからないヨーロッパ予選においては常連であるポルトガルはなんとしてでも1位での通過を獲得したいところでしょう。

首位のスイスと勝ち点3差で2位のポルトガル代表、攻撃陣に多く才能を抱えるチームを支える後方の核としてペペ選手の激しくもクレバーな守備は非常に重要な要素になります。

ワールドカップに出場すれば、レギュラークラスとしての出場は濃厚なペペ選手。なんといってもクリスティアーノ・ロナウド選手を世界中のサッカーファンはワールドカップで見たいでしょうからポルトガル代表にはぜひとも頑張ってほしいところです。

いい意味でも悪い意味でも強いインパクトを残す、武闘系実力派のペペ選手の新たなるキャリアに今後も要注目ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする