サンフレッチェ浅野選手がアーセナル移籍!次に続く日本人は誰だ!?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

先日サンフレッチェ広島の浅野拓磨選手がイングランドの名門アーセナルへの移籍を発表しました。

80″ src=”2016/08/asanom-300×218″ “asanom” =”499″ =”362″ />

浅野選手は50m5秒台の快足を武器にゴールを奪い、リオオリンピック出場を決めたアジア選手権では決勝の韓国戦で大活躍しアジア1の獲得に大きく貢献しました。

最近では清武選手のセビージャ(15-16ヨーロッパリーグ覇者)への移籍など、日本人選手のビッグクラブへの移籍は珍しいものではなくなってきました。

今回は現在Jリーグの所属する選手から、次に海外リーグに移籍するぐらいの実力を持った期待の選手を独断と偏見で紹介します。

日本にはまだまだ期待の若手がいます。まずはその中でもメジャーな2人をご紹介。

【ジュビロのキング!小林祐希 選手】

最近になって名前を聞く機会が増えたジュビロ磐田で活躍する日本期待の若手です。といっても年齢は24歳で最近の若手注目株としては遅めのピックア

ップではないでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ピッチ外ではビッグマウスなところが有名で、意思の強さ、自身の強さがみなぎっています。

プレースタイルはシンプルながらボールタッチのうまさと視野の広さで決定的なラストパスを出すゲームメーカータイプの選手です。

左足での強烈なシュート、プレースタイルや1対1の強さ、その体系や髪形からACミランに在籍する日本代表MF、本田圭佑を彷彿とさせます。

実際に本人は嫌がっているようなのですが、本田2世という異名がついたりもしているようです。

海外サッカーでは同じく独特のヘヤースタイルもクラシカルなゲームメーカータイプとして世界的ストライカーのイグアインとコンビを組んだナポリ所属のハムシク選手と似ています。

そんな彼、実は遅咲きの苦労人でもともとは東京ヴェルディユース出身、ヴェルディ在籍時はなんと19歳でキャプテンを務めます。

現在所属するジュビロに移籍してからは何年かはレギュラーに定着できず伸び悩んでいたようです。

しかし、名波監督就任後はトップ下のポジションに抜擢され、それから現在のJ1昇格に至るまで、不動のエースとして大躍進しました。

今期のJ1では元イングランド代表選手のジェイ選手やアダイウトン選手の強力FW陣を操るゲームメーカーとして自身も初のJ1ながら得点を重ね輝かしい活躍を見せています。

そしてついに2016年キリンカップ、ボスニア戦で日本代表デビューを果たし今後もハリルジャパンでの活躍が期待されています。

すでに小林選手にはこの夏にオランダのヘーレンフェンへの移籍が噂されています。実現の可能性は微妙ですが、

本人の上昇志向とドイツやイタリアのリーグにマッチしそうなゲームメーカータイプのプレースタイルが相まって今後の海外移籍の可能性も十分にあり得るでしょう。

本田選手の影響もあり、オランダでの評価ももちろん高いと思われます。

【すでに噂多数!?鹿島アントラーズ 柴崎岳 選手】

柴崎選手も海外移籍のうわさが絶えない日本人選手の一人ですね。甘いマスクで女性人気も高い選手です。

今年はドイツの古豪、日本代表キャプテン長谷部選手が所属するフランクフルトへの移籍が噂されました。

プレースタイルは中盤の底から正確で鋭いパスを散らし、決定機を見てゴール前へスルーパスをゴールへつなげるレジスタタイプの選手です。

日本代表の絶対的存在として、前線にパスを出し続けたガンバ大阪の遠藤選手の代役1番手として日本中のサッカーファンの期待を集めています。

ただし、テクニックやパス精度に関しては世界に通用するレベルですが、フィジカルコンタクトの部分やダイナモとしての活躍(遠藤選手はその非凡なキック精度に注目されがちですが、試合中最もランニングが多く守備にも大きく貢献していました。)

にやや不足があるように感じます。

最近はレッズの中心選手として欠かせない走れるファンタジスタ、柏木陽介選手とボランチのポジションを争っており、ハリルジャパンのボランチ1番候補でもなくなってきた印象です。

(ちなみに柏木選手も海外移籍の意向が強いようです。最近は好調ですし近いうちに移籍もあるかもしれませんね。フィジカルが課題ですが・・・。)

ドイツのマインツでプレーする武藤選手や、ザルツブルグ在籍でリオオリンピック代表の南野選手と同世代の「プラチナ世代」

その中でも期待されていた選手なだけにまずはドイツやイタリアの下位チームで修行し、課題を克服していくというのも必要なのかもしれませんね。

今後の活躍に期待しましょう。
いかがだったでしょうか?サッカー好きな人であれば、日本の中では当たり前といわれるほどこの2人の若手には期待が集まっています。

今後はロシアワールドカップもありますしどんどん活躍してほしいですね。

冒頭にもお伝えした通り日本にはまだまだマニアックだけど実力のある選手はたくさんいます。

少しづつでも今後ご紹介できればと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする