激しいプレーが売りの『ローマの心臓』ナインゴラン選手とは!?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■スクデット獲得を目指すローマの『心臓』

主力選手を多く引き抜かれ、苦しい状況に立たされているイタリアの古豪、ASローマ。ミラノの2クラブ、そしてナポリ・ラツィオと自力を上げてきたクラブに対して今シーズンどのように戦っていくのかが注目されています。

そんなローマは自慢の中盤の選手たちが活躍するかが、カギになってきます。
今季数々のクラブから興味を示されたものの、残留を決めたナインゴラン選手の活躍もその重要なピースの一つです。

バイエルンに所属するビダル選手のように戦える選手が要求される現代サッカーの中で世界屈指の中盤として知られるナインゴラン選手は、先日発表されたベルギー代表から素行が原因で落選したということで話題になりました。

今回はそんなローマの心臓ともいえるナインゴラン選手についてその経歴やプレースタイル、市場価値やプライベートまで注目してご紹介していきたいと思います。

■ナインゴラン選手のプロフィール

まずはナインゴラン選手の基本的なプロフィールからご紹介していきましょう。

1705″ src=”nain87394.jpeg” “nain87394″ =”646″ =”402” />

・本名:ラジャ・ナインゴラン

・国籍:ベルギー、インドネシア

・出身地:アントウェルペン(ベルギー)

・生年月日:1988年5月4日(29歳)

・身長/体重:175㎝/65kg

・利き足:右足

・ポジション:MF

・出身ユース:ジェミナル・ベールスホット(ベルギー)→ピアチェンツァ(イタリア)

・現所属チーム:ASローマ(イタリア)

・背番号:4

・代表歴:ベルギーU-16~U21代表、ベルギー代表

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・主な獲得タイトル:セリエAチームオブザイヤー(2回)

■ナインゴラン選手の経歴

どこかアジア風の顔つきをしているナインゴラン選手はインドネシア人の両親との間に生まれました。

幼い頃に父親が蒸発したナインゴラン選手を母は女手一つで育てます。

ベルギーのチームのユースでプレーをはじめ、イタリアのピアチェンツァに移籍したナインゴラン選手は2007年にトップチームにデビューし、その後レンタルで加入したカリアリでセリエAデビューを果たします。

その後レギュラーに定着しカリアリへの完全移籍を果たすとコンスタントに活躍、その才能にイタリアの強豪を中心とした様々なクラブに注目されますが結果2014年に現在所属するローマへの移籍を決めます。

ローマ移籍後から、安定した出場機会を得たナインゴラン選手は活躍し、2013-2014シーズンにいきなりセリエAのベストイレブンに選出されると、2014-2015シーズンにもチームの中心として活躍。

ローマの2位に貢献するとこの年もベストイレブンに選出され、名門ローマへの完全移籍を果たします。

そして昨シーズン、ナインゴラン選手は元トップ下の経験を活かした攻撃的な才能をより発揮し、ローマのチャンピオンズリーグ出場に貢献。自身も7ゴールという素晴らしい活躍を見せ、より世界的なプレーヤーとして評価を高めました。

今夏はその活躍を受け、様々なクラブへの移籍の噂が立ったものの、最終的には、ローマへの愛をアピールし、2021年までの契約延長となっています。

一方代表では昨年行われEURO2016ではレギュラーとして出場し、活躍しましたが、その後普段の素行を原因(ベルギー代表監督がナインゴラン選手の喫煙習慣をよく思わず)で代表メンバーから落選することが多くなり、ナインゴラン選手自身も不信感を抱いており、ロシアワールドカップでの出場は微妙な状況になっています。

■ナインゴラン選手のプレースタイル

ナインゴラン選手は、MFとして攻守両面に大きく貢献できるテクニックと豊富な運動量を持つ、オールラウンダーなプレイヤーとして知られています。

ボランチやインサイドハーフの位置が戦場のナインゴラン選手は、華麗なプレーをするというよりはまさに戦士のような、激しく泥臭いプレーを90分継続することができます。

守備の面では、相手のプレイヤーに積極的にプレスをかけ、ボールを奪い取ります。

また攻撃の面の切り替えも早く、ボールを失わないようにキープし、前線に決定的なパスを送り込み、精度が高く強烈なミドルシュートを武器に距離があるところからでもゴールを狙うことも可能で、昨シーズンはその得点力をいかんなく発揮し、厳しい場面でチームを救いました。

その激しいスタイルと攻守両面を確実にこなすプレースタイルは現在バイエルンに所属するチリ代表のビダル選手とよく比較されます。

ビダル選手も世界的なプレイヤーとして知られており、中盤でのボールの攻防をより重要視する現代サッカーのスタイルには非常に適した選手で、様々なビッグクラブから注目されている所以ですね。

■ナインゴラン選手の市場価値

今夏の移籍市場で主力選手たちが大量流出してしまったローマでしたが、ナインゴラン選手の周りにも移籍の噂が広まりました。今季ナインゴラン選手の獲得を狙っていると報道されたのは長友選手が所属するインテル。

あくまで噂ですが、報道された移籍金ではインテルは70億円を超える移籍金をナインゴラン選手に用意しているとのこと。中盤の攻撃・守備のタスクを両方こなし、確実に計算できる選手としてローマでの活躍が高く評価されているということが金額の面を見てもわかりますね。

■ナインゴラン選手のプライベート・性格は

ラジャ(インドネシア語で“王”)という名を冠するナインゴラン選手。

いかつい髪型に全身に入ったタトゥー、そして試合中の激しいプレースタイルを持つナインゴラン選手は一体どのようなプライベートを過ごしているのでしょう。

ナインゴラン選手は大のユベントス嫌いで知られており、過激な発言でファンをあおるなど言動面でたびたび問題になっています。

また動画関連のニュースでいえば、ベルギー代表のチームメイトと試合観戦中にタバコの箱を振っている様子の動画が流出し、喫煙がばれる等流出した動画でニュースになることが多く、これが原因で最近は代表からも遠ざかっている状況です。

言いたいことをはっきりいう性格が前面に出ているナインゴラン選手ですが、非常に家族思いな事でも有名です。経歴の部分でもご紹介したように、幼少期は父親がおらず母親と貧しい暮らしに耐えてきた経歴があり非常に母親のことを尊敬しています。

残念ながら2010年にその母親は亡くなってしまいましたが、ナインゴラン選手の特徴でもあるその全身のタトゥーの中には母親の命日が刻まれています。

■ナインゴラン選手の最新情報・移籍の噂は?

1703″ src=”nain3874″ “nain3874″ =”800″ =”600” />

経歴の部分でも紹介したようにナインゴラン選手はローマと2021年まで契約を延長し、本人も「常に望んでいたことを実現できた。」とローマでの居心地に満足もしている様子ですので今冬の移籍の可能性は低いといえるでしょう。

過去にはチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍の噂が取りざたされたこともありましたがしばらくの間はナインゴラン選手のパワフルなプレーがローマで見られそうです。

一方代表では直近のワールドカップ予選のメンバーに、以前チームのミーティングが行われた際に遅刻したりと普段の態度を理由に招集メンバーから外れることとなってしまったナインゴラン選手。

この件についてナインゴラン選手は激怒し、ベルギー代表を引退する意向だということ。ベルギー代表のチームメイトで現在、中国リーグでプレーするアクセル・ヴィツェル選手の名前を出して監督を批判するなど不穏な空気が漂っています。

せっかくヨーロッパ最速で予選突破を決め、メンバーだけでいえば優勝候補といってもおかしくないスター軍団でワールドカップに挑むベルギー代表なだけにナインゴラン選手を見ることができないのは非常に残念ですね。

そんなナインゴラン選手は日本代表との練習試合に召集されましたがどうやら怪我の為出場はできないようです。

『今後はローマに集中したい。』とかローマ愛を語るナインゴラン選手。

昨季得点王を獲得したジェコ選手を筆頭に、ローマが中田英寿選手の所属したシーズン以来のイタリアの頂点、スクデットを獲得できるのかはナインゴラン選手の活躍にかかっています。

今後もナインゴラン選手の活躍に要注目ですね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする