バイエルンが誇る点取り屋トーマス・ミュラーミュラー選手とは

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■昨年は不調のシーズンを送ったミュラー選手。ハメス選手との共存はいかに。

ドイツの絶対王者バイエルンミュンヘン。そのバイエルンは育成にも力を入れており、生え抜きのスーパースター達が活躍する場でもあります。

昨季で引退を発表したドイツ代表のキャプテンで世界最高峰の右サイドバックの1人、フィリップ・ラーム選手もバイエルンの下部組織から長年活躍した選手の1人です。

そしてもう1人、バイエルンの下部組織から長らくプレーし、世界的な選手が現役として所属しています。その選手がワールドカップ得点王も経験したストライカー、トーマス・ミュラー選手です。

ブンデスリーガでもその得点力をいかんなく発揮し、絶対的なポジションを獲得していたミュラー選手でしたが、昨季は珍しくゴール欠乏症に陥り、満足のいく結果を上げることができませんでした。

そんなシーズンを過ごしたミュラー選手に、今季は強力なライバルが出現。ミュラー選手と同様、ワールドカップ得点王のコロンビア代表、ハメス・ロドリゲス選手がレアルマドリードから加入し、今シーズンはこの偉大な2人のプレイヤーのライバル関係に世界のサッカーメディアが注目しています。

今回はこれまで偉大な記録を打ち立ててきた天性の点取り屋、トーマス・ミュラー選手についてそのプレースタイルや経歴、プライベートなどに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

■ミュラー選手のプロフィール

1388″ src=”09/89789798″ “89789798” =”628″ =”353″ />

まずはミュラー選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・本名:トーマス・ミュラー

・国籍:ドイツ

・出身地:ヴァイルハイム

・生年月日:1989年9月13日(27歳)

・身長/体重:186㎝/75㎏

・利き足:右足

・ポジション:FW/MF

・現所属チーム:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・背番号:25

・所属歴:バイエルン・ミュンヘンⅡ→バイエルンミュンヘン

・代表歴:ドイツU-16~U21代表、ドイツ代表

・主な獲得タイトル:ブンデスリーガ(6回)、UEFAチャンピオンズリーグ、FIFAワールドカップ、FIFAワールドカップゴールデンブーツ(得点王)など

■ミュラー選手のプレースタイル

南アフリカワールドカップで5ゴールをあげ、得点王の座に輝いたミュラー選手の最大の魅力は言うまでもなく、その得点力です。

正直、メッシ選手のようなドリブルで持ち込んでディフェンス陣をかいくぐったり、ルカク選手のような圧倒的なフィジカルがあるわけでもないのですが天性の得点感覚を持っており、ゴール前のポジショニングや飛び出しのタイミングが抜群で気がつけばゴールを奪ってているような印象です。

ゴールシーンを見るとこぼれ球への反応を含め、いつも良いところにミュラー選手はいて何故そこにいるのかと驚かされる場面も多々あります。

テクニックもあり、ゴール数では不調に終わった昨シーズンもチャンスメイクの部分で起点となり、レヴァンドフスキ選手へのボールの供給や、サイドチェンジ、ポストプレーで貢献するなど攻撃的なトップ下の位置での才能も見せました。

まさに過去のイタリア代表のインザーギ選手のようなゴールへの嗅覚に優れた天才型のストライカーといえますね。

■ミュラー選手の経歴

ミュラー選手はサッカー歴はまさにバイエルンとともにあります。バイエルンのユースで育ち、バイエルンのセカンドチームでプレーもしたミュラー選手は、2008年、名門バイエルンのトップチームに帯同し、デビューを飾りました。その後、3部リーグで活躍し、10代ながら15得点を記録し、得点ランキング上位につけたミュラー選手は翌年2009-10シーズンに晴れてトップチーム昇格を決めました。

チームでは得点を量産するもブンデスリーガではポカール(カップ戦)での得点王だけのミュラー選手ですが、20歳で出場した南アフリカワールドカップで大ブレイクを果たします。

優勝こそ当時最強と言われていたスペイン代表のものとなったものの、この大会でミュラー選手は弱冠20歳ながら5得点をあげ、スペインのビジャ選手、ウルグアイのフォルラン選手、オランダのスナイデル選手と錚々たるメンバーと肩を並べ得点王に輝き、また他の3選手よりもアシスト数が多かったこともあり、ゴールデンブーツ賞に輝いたのです。

この活躍を機にミュラー選手の名前はメジャーとなり、同姓のドイツ代表のレジェンドでかつてのワールドカップ最多得点王のゲルト・ミュラー選手の後継者と言われ、これ以降はドイツ代表・バイエルンでの地位を不動のものとして築いていくこととなります。

しかし、昨季はゴールに恵まれず、不調のシーズンを過ごすこととなります。結果、5ゴールと近年では最低のゴール数でシーズンをフィニッシュ。ゴール面以外のポジショニングやチャンスメイクで大きく貢献し出場数は保ったものの、ゴールを期待される役割のミュラー選手の今季の成績はファンをがっかりとさせてしまったといってもいいでしょう。

■ミュラー選手の市場価値、年俸は?

1389″ src=”09/muller8749327″ “muller8749327″ =”787″ =”546” />

毎年ブンデスリーガの選手達の推定市場価値を掲載するドイツのサイト『transfermarkt.de』においてミュラー選手の最新の市場価値は5000万ユーロと言われています。

この市場価値はレヴァンドフスキ選手、オーバメヤン選手に続く3位に位置する順位で、昨シーズン不調に喘いだものの、ドイツ国内での評価はトップクラスです。
(去年は6000万ユーロで1000万ユーロダウン)この数字を見てもミュラー選手のレベルの高さがうかがい知れますね。

またミュラー選手は年俸も最高クラスで、2016年時点での年俸は1600万ユーロ、日本円にして約20億円相当と言われており、この数値もブンデスリーガ最高峰の給料と言われています。

■ミュラー選手のプライベート、性格は?

ミュラー選手の性格はネット上では少し良くない評判でお調子者の性格なようです。

これはミュラー選手が格下の国に大勝したあとにリスペクトに欠いた発言をしたとして報道されたり、内田選手との握手を拒否したあとに手を拭いた仕草で日本人差別ととられたりとあまり悪い印象がピックアップされていることが原因と思われます。お調子者と言われているミュラー選手は口で損をするタイプのようです。

一方で、基本的には非常に真面目な性格と言われており、インタビューでの答えなどは的を得ており、サッカーに対しての姿勢は真面目な事でも有名です。

報道のイメージもあるでしょうから真相のほうは定かではないですね。

またミュラー選手は結婚しており、お相手はリサ・ミュラーさんというモデルをしている方です。公式に写真もたくさんあり、非常に美人なお嫁さんとして有名です。

1391″ src=”09/muller89102348″ “muller89102348″ =”640″ =”480” />

■ミュラー選手の最新情報(ハメス怪我、情報修正が必要)

今までの経歴でワーストとも言える昨季シーズンを過ごしたミュラー選手でしたが、今シーズンは昨季に増して苦しいシーズンになりそうな予感です。

長らく安定した出場数を確保し、不調だった昨シーズンもゴール以外の貢献で出場数を保ってはいましたが今シーズンは明確なポジション争いをするであろうライバルが加入しています。

それはミュラー選手と同じくワールドカップ得点王という記録を持ち、2014年のブラジルワールドカップで直接の得点王争いのライバルとなったコロンビア代表のスーパースター、ハメス・ロドリゲス選手です。

ミュラー選手と役割、得意なプレーエリアのかぶるハメス選手の加入で今シーズンはミュラー選手とのポジション争いになることが多くのサッカーメディアで話題になっています。もちろん、ロッベン選手、リベリー選手とやや高齢化を見せ、ドウグラス・コスタ選手の移籍などでやや手薄となったサイドのポジションもできるハメス選手との共存もあり得ますが、そこは監督の考え方一つで変わるもの、ミュラー選手も強力なライバルの存在を意識せざるを得ないでしょう。

プレシーズン期間に開催されていたインターナショナルチャンピオンズカップでは、ハメス選手は積極的に起用されていたことからも指揮をとるアンチェロッティ監督としては重要な戦力として考えているに違いありません。

ミュラー選手が昨シーズンまでのように、絶対的な存在になるためにはゴール数をあげることが必要であり、今シーズンはこのライバル関係がバイエルンのサッカーを観戦するに当たり、注目ポイントになるでしょう。

先日迎えたブンデスリーガでの開幕戦ではハメス選手がけがのためにメンバーに招集されず、ミュラー選手がリードしている状況ですが、途中交代など昨シーズンほどの出場機会が得られていない状況にミュラー選手も「なにが悪いかわからない」と困惑しているようでポジション争いは過酷なものになっていくことが予想されます。

また代表においても、来年は大切なロシアワールドカップを控えるミュラー選手。

現在、代表に欠かせない存在になっているミュラー選手の出場は間違いないでしょう。

前回のワールドカップで撮り損ねた得点王の座を手に入れ、同じ名前のレジェンド、ゲルト・ミュラー選手が手に入れられなかった、2回目のワールドカップ得点王を手にすることが出来るのか、非常に楽しみなポイントです。

ゲルト・ミュラー2世と呼ばれ、若くから安定して実績としても結果を出してきたドイツ代表のレジェンド、トーマス・ミュラー選手の活躍に今後も要注目ですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする