現代サッカーに不可欠になっている守備的MFという存在 その①

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■前線、中盤での激しいプレッシャーがキーになる現代サッカーにおける中盤の重要性

世界のサッカー事情はその時その時の戦術の流行によってピックアップされるポジションに変化が生じます。

古く90年代は、その独創的なプレーで戦術に違いを生み出す「ファンタジスタ」という存在がもてはやされ、ウィングやサイドバックの攻撃参加が流行していた時代はサイドバックというポジションに世界のチームの需要が集まりました。

現代のサッカーにおいての流行のキーワード、それは「プレッシング」ではないでしょうか?

856″ src=”2016/12/dortmund-738247″ “dortmund-738247″ =”800″ =”585” />

代表的なのは現リバプールの監督を務めるクロップ監督がドルトムント時代から用いたゲーゲンプレスと呼ばれる高い位置からボールを奪取してのショートカウンター戦術などでしょう。

現代の強豪クラブでは現在プレミアリーグのトップを走るチェルシーやクロップのリバプールはもちろん上位に位置するチームは必ずと言っていいほどこの戦術を要素として取り入れています。
(取りどころはチームによって異なります。)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この影響でよっぽど能力の高い選手でなければ、「守る、走る、激しい」能力を兼ね備えていなければ冷遇される時代に突入しています。

そんな中、重要な位置を占めるのは自らボール奪取のために走り、奪い、またそれを攻撃につなげることができる。

また攻撃にも参加できるような中盤の選手を欲する傾向になっています。
(最近は走行距離やタックル成功率がより話題に上るようになった印象です。)

今回はそんなジャンルの中で世界的に有名な選手について紹介していきます。

■もはや世界最高レベルのアンカーに成長。カンテ選手(チェルシー/フランス代表)

854″ src=”2016/12/kante214″ “kante214″ =”715″ =”550” />

今や冒頭で説明したアンカーと呼ばれるタイプの選手の代表格となったカンテ選手。

同じくフランス代表で守備的MFとして長らくプレーしたマケレレ選手を形容して「マケレレ2世」という呼ばれ方もしています。

昨年奇跡のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターシティで認知され、この1年間でフランス代表としてユーロでの活躍などを経てチェルシーへ移籍した選手です。

まず特筆すべきはその無尽蔵のスタミナとタックル成功率でしょう。

昨季プレミアではインターセプト回数、タックル数、タックル成功率の要素でNo1となり、数字の上でもその能力の高さを見せつけた守備のスペシャリストです。

ポジションにこだわらず、あらゆる位置のボールに対して顔を出すカンテ選手。

ここまで走って守ってできる選手をメガクラブたちが放っておくわけがありませんね。

移籍したチェルシーでもすっかりと必要不可欠な選手となっており昨シーズンよりも価値は急高騰しているでしょう。

■ローマの好調を支えるアンカー、ラジャ・ナインゴラン選手(ローマ/ベルギー代表)

855″ src=”2016/12/naingolan898.jpeg” “naingolan898″ =”711″ =”444” />

迫力のある攻撃でヨーロッパリーグベスト32進出を決め、現在セリエAでユベントスに続く2位につけているローマにおいて中盤で安定感をもたらす替えの利かない選手になっているのがベルギーのナインゴラン選手です。

全身に施されたタトゥーとその風貌からもわかるように闘犬のような激しいタックルで中盤でのチャンスをつぶす能力にたけています。

またナインゴラン選手は攻撃面のスキルにもたけており、強烈なミドルシュートを武器とし、今シーズンは3ゴールを決めています。

パスなどの能力にも非常に優れてチャンスメイクをするなど、激しいだけではない繊細なプレーも可能なナインゴラン選手は世界でも指折りの守備的MFといってもいいでしょう。

■絶対王者の中での絶対的存在。ビダル選手(バイエルン・ミュンヘン/チリ代表)

853″ src=”2016/12/bidal589304583490″ “bidal589304583490″ =”716″ =”403” />

こちらもセンターMFとして世界屈指の認知度をもつ選手です。

前所属はイタリアの絶対王者ユベントス、現在はドイツの絶対王者バイエルンとビッグクラブでプレーしています。

ビダル選手の特徴も攻守両面でのスキルが非常に高いことでしょう。

激しくも的確なタックルで相手の攻撃の芽を摘み、そこからパス、ドリブル、シュートなんでもござれの守備的MFとして必要な能力をおおむね兼ね備えた選手です。

守備能力が高いオールラウンダーとして世界的評価は高く、チリ代表でもアーセナルのサンチェス選手とともに代表をけん引しコパアメリカ2連覇に大きく貢献した選手です。

いかがだったでしょうか?

今回は少しワールドサッカーを見ている人ならだれでも思いつくような選手たちでしょう。

次回は今季前半戦で活躍し、株が急上昇している選手を中心に、もう少し深い選手たちを紹介していきたいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする