CWC決勝鹿島と戦うレアル。BBC以外の注目選手は!?

■決勝は白い巨人、レアル・マドリード

各大陸王者+開催国王者で世界一を争う、クラブワールドカップで開催国代表の鹿島アントラーズが南米王者コロンビアのアトレティコ・ナシオナルを3-0で破り、史上初の決勝戦へ駒を進めたことが日本中の話題となっています。

完璧なゲームプランを進めたとはいえ、快挙というほかない結果を生み出した鹿島ですが、この過密日程の中を3つの大陸王者を下したことは素直にすごいことですね。

そんな快挙を成し遂げた鹿島と決勝で対戦するチームが昨日決まりました。

前年度ヨーロッパチャンピオンに輝いた銀河系軍団、白い巨人レアル・マドリードが相手です。

今回は準決勝よりもさらに格上となるレアル戦を前に、「クリスティアーノ・ロナウドは知ってるんだけど・・・」という方向けに、他の注目選手についてもおさらいしていきましょう。

■世界最高のサイドバック マルセロ選手(ブラジル)

783″ src=”2016/12/maru780″ “maru780″ =”758″ =”505” />

クラブのレジェンドである元フランス代表のジダン監督率いるレアルは同じくスペインのライバルクラブであるバルセロナと並び、圧倒的な戦力を誇り、先日のリーグ戦ではクラブ記録となる35戦無敗という偉大な記録を達成したチームです。

様々なビッグクラブがある中、ここまで安定した戦績を残しているという意味では現在最強クラブといってもそん色はないでしょう。

レアル最強の武器はBBCと呼ばれる3トップで、その1画を担うのは世界一有名な選手の一人、クリスティアーノロナウド選手です。

サッカーを普段見ていない人も名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんななか紹介するのは「世界最高のサイドバック」の論争において必ず名前が上がるほど強力なインパクトを残す、ブラジル代表のマルセロ選手です。

長期にわたりレアルの左サイドバックに君臨するマルセロ選手はまだまだ28歳と脂ののった年齢で、若くから様々なビッグクラブに注目されていました。

ブラジルのフルミネンセからレアルへ移籍すると、しばらくしてレギュラーとして定着し、2014年のブラジルワールドカップではブラジル代表の中心として戦った選手です。

マルセロ選手の持ち味はその身体能力の高さから出される攻撃力がまず特筆されるでしょう。

チャンスと見るや素早いオーバーラップで相手のサイドを切り裂き、高いボールタッチを持っているため、そのドリブルは非常に脅威です。

ただ、本職のサイドバックにおいて守備が課題かといえばそうではありません。

ブラジル人サイドバックの印象で守備が弱いという印象もありますが、マルセロ選手の場合は守備力も非常に高く、あらゆる監督でも確実に計算できるサイドバックの一人で、世界屈指のサイドバックという評価を長年与えられています。

■急成長を遂げ、世界屈指のボランチとなったカゼミーロ選手(ブラジル)

782″ src=”2016/12/kaze90790″ “kaze90790″ =”797″ =”576” />

ジダン監督の率いるレアルを象徴する選手といえばこの選手でしょう。

昨シーズンから頭角を現し、スター軍団の中でしっかりと中盤の底のポジションを確保し続けるのがブラジル代表のカゼミーロ選手です。

カゼミーロ選手もブラジル所属時代から若くしてその実力が注目され、レアルの下部組織に入団しています。

その厚い選手層からトップチームへの昇格は困難でしたが、出場機会を求めレンタルに出された、ポルトガルの名門、ポルトに移籍してブレイク。

その高いインテンシティが評価され注目の的となりました。

ポルトへの完全移籍の可能性もありましたが、結局はレアルが獲得した形に。

昨年から就任しているジダン監督に実力を認められ、強力な中盤のアンカーとして高い守備能力を発揮、昨シーズンのチャンピオンズリーグ制覇の守備の要として大活躍しました。

いかがだったでしょうか?

今回は攻守ともにレアルのサッカーの為に献身的に貢献するブラジル人2人を紹介させていただきました。今回怪我の為出場が期待できない、セルヒオ・ラモス選手やベイル選手というスーパースターを除いてもまだまだ紹介したい選手はたくさんいます。

次回は、BBCの一角ベンゼマ選手とクロアチアの天才モドリッチ選手も紹介していきたいと思います。

楽しみな決勝、もっと楽しむためにもスーパースター軍団を予習しておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする