マンチェスター・ユナイテッドがその才能にほれ込んだフランス人、アントニー・マルシャル選手のプレースタイルとは?

額面通りの実力を今シーズンは発揮できるのか!?

今シーズンの移籍市場ではネイマール選手のPSG移籍に伴い昨シーズン以上の高額移籍が伴いましたが、ネイマール選手同様に大きな話題になったのが18歳でチャンピオンズリーグの主役の1人になったムバッペ選手でしょう。

ムバッペ選手は現在の所レンタル移籍という形にはなっていますが買い取りオプションがついているため、200億円以上の金額が動くといわれています。10代の選手の高額移籍が普通になってきた昨今、マンチェスター・ユナイテッドにはその当時の10代選手としては史上最高額をマークした現在21歳のフランス代表が居ます。

その選手が今回ご紹介するフランス代表のアントニー・マルシャル選手です。

マルシャル選手もムバッペ選手と同様、高額の移籍金を動かし、メディアを沸かせました。今回はそんな才能有る若手選手、アントニー・マルシャル選手についてその経歴やプレースタイル、市場価値やプライベートにまで注目しご紹介していきたいと思います。

■マルシャル選手のプロフィール

まずはマルシャル選手の基本的なプロフィールからご紹介していきましょう。

1533″ src=”marshal789.jpeg” “marshal789″ =”646″ =”403” />

・名前:アントニー・マルシャル

・国籍:フランス、グアドループ

・出身地:マシー

・生年月日:1995年12月5日(21歳)

・身長/体重:181㎝/76kg

・利き足:右足

・ポジション:FW

・出身ユース:COレ・ジュリス(フランス)→リヨン(フランス)

・現所属チーム:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

・背番号:11

・所属歴:リヨン→ASモナコ(フランス)→マンチェスター・ユナイテッド

・主な獲得タイトル(チーム):UEFAヨーロッパリーグ、FAカップ など

・主な獲得タイトル(個人):プレミアリーグ月間最優秀選手賞、ゴールデンボーイ賞 など

・代表歴:フランスU16~U21代表、フランス代表

■マルシャル選手の経歴

・U-17世代のフランス代表で注目される逸材

2009年にフランスの名門リヨンのユースに加入したマルシャル選手は、リヨンユースで21試合32ゴールという素晴らしい実績を見せ世代別のフランス代表に選ばれるなど、早くからその才能を発揮していました。

そんな才能と将来性を期待されたマルシャル選手はこちらもまた国内の名門、ASモナコに移籍、当時の移籍金は約7億円と高額での移籍でした。

その後モナコでの2シーズン目からはスタメンとして定着したマルシャル選手はコロンビアのファルカオ選手やハメス・ロドリゲス選手らと一緒にプレーし、10代ながらシーズン9ゴールを挙げ一気に注目を浴びる10代プレーヤーとして活躍しました。

・『10代史上最高額の男』としてマンチェスター・ユナイテッドへ。

そんな将来有望なマルシャル選手に2015年、驚きのビッグオファーが舞い込みます。

かねてから獲得を噂されていたマンチェスター・ユナイテッドとの契約を移籍期間ギリギリの最終日に発表したマルシャル選手は移籍金3600万ポンド、オプションを含めると5800万ポンドという100億円近いビッグマネーでの移籍に、サッカー界は盛り上がりました。

当時の記録ではマルシャル選手の移籍金は10代としては史上最高額となりました。

将来性に投資したとマンチェスター側は発表したものの、移籍したシーズンからコンスタントに出場したマルシャル選手はデビュー戦でいきなりゴールを決めるなどすばらしいパフォーマンスを発揮しましたが、若手の台頭もあり昨季は先発出場数を18試合、途中出場を含め25試合に減らしその移籍金に見合った価値が再び疑問視されていました。

■マルシャル選手のプレースタイル

サイド、またはセンターフォワードとしてプレーし最近では好調を見せ、元フランス代表のアンリ選手とも比較されるマルシャル選手のプレースタイルとはどのようなものなのでしょうか。

マルシャル選手の最も大きな武器は高いテクニックとバランスが織り成すサイドからの仕掛けのドリブルでしょう。しなやかな精度の高い両足のテクニックを持っており、また相手の重心を外して一瞬のスピードで抜けるのが非常にうまいため、DFとしては非常に捕まえにくい印象です。

センターフォワードとしての役割を果たすことはありますが、これらの特徴を活かして積極的に仕掛けるタイプなため、ボールの流れが停滞している状態でも個人技で相手の守備を崩し、チャンスを作れるという点で、個人的にはサイドの位置の方が向いているのかなという印象はつよいですね。

また最近は決定力も高まっている印象で、ゴールという直接の結果に先発、途中出場共に結果を出しており点取り屋として今後さらに爆発する可能性も期待されますね。

自らはアンリ選手とプレースタイルに異なりがあると否定していますが、スペースに飛び出してボールを受け取る動きには違いがあるもののサイドのポジションから高いテクニックで仕掛けができるという点ではアンリ選手と似たものがあり比較されるのも納得できます。

■マルシャル選手の市場価値

マルシャル選手の市場価値をご紹介する上ではやはりマンチェスター・ユナイテッドへの移籍の際の高額な移籍金の話題は外せないでしょう。

当初フランスリーグでプレーしていたマルシャル選手はチーム内では重要な存在ではあり、才能ある選手としてすでに高い評価を集めていました。

この年の移籍期間ギリギリでマンチェスター・ユナイテッドが払った移籍金はなんと3600万ポンドで日本円にすると約68億円とい高額のものでした。

各種のボーナスの金額を含めるとその総額は5800万ポンド(103億円)という合計額になります。

才能のある選手と言えど、まだ10代の選手であること、そしてフランスリーグでの実績しかないマルシャル選手に支払われた移籍金は世界中のサッカーファンを驚かせました。

当時の監督はマルシャル選手の移籍金について「未来への投資」と語りつつ、「ばかげた金額」(あんたがそれを言っちゃダメだろ)とコメントするなどメディアを沸かせたことが記憶に新しいです。

その時の高額の移籍の影響もあり、マルシャル選手の市場価値は現在7350万ユーロ(58億円)といわれています。

1535″ src=”marshal98043″ “marshal98043″ =”597″ =”397” />

大きな期待を背負ったマルシャル選手、そのポテンシャルの高さを見せる場面は多くあるものの、絶対的な存在に定着したとは言えず額面通りのパフォーマンスを現在万Uで示しているかというと疑問に残るところです。

21歳でここまでの評価を得て、世界的トップチームで活躍できること自体は本当に素晴らしい選手だと思うのですが、最近の好調で評価は高まっているものの、欲を言うと今後はこの移籍金、市場価値に見合った価値をもっとモウリーニョ監督やファンに示してほしいところです。

■マルシャル選手のプライベートや性格は?

10代にして世界的ビッグクラブのマンチェスター・ユナイテッドに加入し、10代史上最高額の選手となったマルシャル選手の気になるプライベートや性格はどのようなものなのでしょうか。

マルシャル選手は幼馴染のサマンサさんという美人の妻とフランス在籍時代から婚姻関係にあり、奥様の美人さも非常に話題になりました。2人の間には娘さんもいます。

しかし、マンチェスター・ユナイテッドに移籍してからマルシャル選手の浮気が発覚。当初は女性側からの一方的な暴露だったため、売名行為ではないかとも言われていましたが、どうやらその関係性は事実だったようでサマンサさんとは離婚しています。

そんなマルシャル選手はユース時代の関係者いわく、物静かな性格だったということで自らがブレイクした際にフランスのアンリ選手と比較された際は

「アンリ選手と自分は少し違う。アンリ選手の方がスピードがあった。」と謙虚な姿勢を見せながらも「偉大な選手と比較されるのはいつでもうれしい」とコメントしており、謙虚な性格も見て取れます。

しかし元妻のサマンサさんいわく、マンチェスターに移籍してから人気者になったマルシャル選手の性格は徐々に変わってしまい女性関係などに徐々に乱れが出てきたとのこと。

これもサマンサさんの一方的な意見にすぎませんが、環境の変化でプレー面のコンディションを落としてしまう若手選手は多いため、マルシャル選手はそのようにならないようにしてほしいところですね。

■マルシャル選手の最新情報や移籍の噂は?

これまで大事な局面でゴールを決めるなど年齢にしては「それなり」の活躍を続けてきたマルシャル選手でしたが、今シーズンはさらに若手のラッシュフォード選手などの台頭もあり、どのような起用がされるか注目されてきました。

今季は途中出場からゴールを決めるなどチームのスタートダッシュに大きく貢献、モウリーニョ監督からも好評価を受けるなど好調を維持している様子が見られます。

直近の上位対決となったトッテナムとの試合でも途中出場からゴールを決めチームの勝利に大きく貢献、先発への復帰も近いかもしれません。

そんなマルシャル選手ですが、代表としてワールドカップで見ることが出来るかは少し微妙なところです。フランス代表はジルー選手とグリーズマン選手の2トップやムバッペ選手を含めた3トップなど、現在前線にはスーパータレントがそのポジションを占めており、マルシャル選手ほどのポテンシャルを持った選手であれど、最近では出場機会はおろか召集さえされていない状況が続いています。

ロシアワールドカップの優勝候補になるであろうフランス代表として大会に出場する為にはまずはマンチェスターで活躍し、確固たるポジションを築く事が最重要になってくるでしょう。すこしペースは落ちているものの、プレミア優勝争いを展開する可能性の高いマルシャル選手。

10代世界最高額の男として更なる活躍が期待されますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする