今年は絶対面白い!プレミアリーグ観戦マニュアル 監督編 その1

今年は絶対面白い!プレミアリーグ観戦マニュアル

昨シーズンはミラクルレスターの奇跡的な優勝で幕を閉じ何かと話題になったプレミアリーグ。

しかし、奇跡の裏側には毎年優勝争いを行っている強豪チームたちの不調があったことは、事実として避けられません。

しかし今シーズンはそれらの強豪達が選手補強や監督交代で本腰を入れリーグトップの称号を取りに来る準備をしています。

特に監督に関しては今話題となっており、現代サッカーにおける有名監督たちが続々とプレミアリーグに集まりました。

今回はそんな注目の監督たち紹介したいと思います。

【一同に集まった現代の名将達の顔ぶれがすごい!】

●昨シーズンの奇跡の立役者。ミラクルレスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督

156″ src=”2016/08/rani” “rani” =”706″ =”487″ />

昨シーズン世界中を驚かせたプレミアリーグ王者レスターの指揮官です。

このイタリア人監督は、戦力でおとるレスターのポジション適性を把握し、シーズン当初は勝ち点40の残留を目指すサッカーでイタリア人監督らしい守ってカウンターチームを作り上げました。

人柄も非常に魅力的で「チームが勝利したらピザをごちそうする。」などお茶目な一面もあります。

昨シーズンはメンバーをスタメンを変えず、交代パターンもほぼ同じでサッカーファンの中ではスタメンを記憶した方も多いのではないでしょうか?

昨シーズンチャンピオンになり、今シーズンも連覇の期待がかかる中、本人の目標は昨シーズンの原点回帰で目標は勝ち点40と語るラニエリ監督。

先日行われた記者会見では連覇は難しいと語るなど謙虚な姿勢を見せています。

メンバーを固定して挑んだことが功を制した昨シーズン、今シーズンはチーム初めてのチャンピオンズリーグも経験し選手の疲れに対するマネジメントも必要になります。

今夏の移籍市場では放出はMFのカンテのみに何とかとどめ、各ポジションに比較的効果的な補強を行っていますが、控え選手が安定したパフォーマンスを見せられるかが正念場になるでしょう。

●選手の才能を見抜く能力は高い!?アーセナルの象徴、アーセン・ベンゲル監督

153″ src=”2016/08/bengel” “bengel” =”704″ =”477″ />

昔は日本の名古屋グランパスの指揮を経験したこともあるフランス人の名将です。

アーセナルの監督に就任して20年のベンゲル監督。

スタイルはウィングに速い選手を置くパスサッカーを好み、中盤にテクニシャンを置くスタイルです。

プレミアリーグでは上位には入るのですが長い間優勝することができていません。

若い選手を見出し、補強することが得意で今年、その才能に注目されたのは日本のオリンピック代表、浅野選手でした。

最近の動向としてアーセナルは移籍市場で後手に回ることが多く、今シーズンも不調のアーセナル。

フランス代表のジルーが所属するもののやや層の薄いセンターフォワードの獲得はまだできておらず、また相次ぐ故障により、センターバックのメンバーは崩壊状態。

何とかバレンシアのムスタフィ選手の獲得はできそうなものの、シーズン開幕に向けて不安要素の多いスタートになりそうです。

とはいえ前年もほぼ同じ戦力でリーグ2位。チャンピオンズリーグを戦いながらもそこは経験。

優勝の可能性は低いかもしれませんが、限られた中でのマネジメント能力を持っている名将ですので今年もCL出場権の獲得をとる可能性は十分にあります。

●ビッグクラブ請負人。個性的な世界的名将、ジョゼ・モウリーニョ監督

154″ src=”2016/08/mou1″ “mou1″ =”686″ =”457” />

近代のサッカーにおいて最も個性的で成功している監督なのではないでしょうか。

当時優勝候補でも何でもなかった、ポルトガルのポルトをチャンピオンズリーグ優勝に導いたことで一躍有名になりました。

記者や選手への対応で冷たく厳しいイメージがありますが、結果を出してきた監督です。

昨年度はチェルシーで残念ながら満足のいく結果を出すことはできませんでしたが、今シーズンは心機一転。

マンチェスターユナイテッドに就任してから、ポグバやイブラヒモビッチなどのスター選手を矢継ぎ早に補強し、ドイツの名選手シュバインシュタイガーや若手の期待株ヤヌザイを構想外選手として早々に切り離すなど、さっそく「モウリーニョらしい」動きを見せています。

目標は間違いなくプレミアリーグ制覇でしょう。今シーズンは本気を出したマンチェスターUが、再びチャンピオンズリーグの舞台に戻ってこられるのか、非常に期待が高まりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする