【引退の噂】バイエルンのキャプテン。世界有数のサイドバック、ラーム選手とは?

■シャビ・アロンソ選手に続き…フィリップ・ラーム選手に引退の噂

978″ src=”01/rahm90-99.jpeg” “rahm90-99″ =”770″ =”431” />

先日、ドイツのバイエルンミュンヘンに所属するスペイン代表、シャビ・アロンソ選手の今季限りでの現役引退が発表されました。

35歳になったものの、いまだバイエルンで主力選手の一人として世界的なアンカーの代表格のアロンソ選手も引退はサッカー界に話題を与えました。

そして次は同じくバイエルンからもう一人世界的名手の現役引退がうわさされています。

噂の主役はサイドバックとして長きにわたりドイツ代表、バイエルンで活躍し、キャプテンとして国、クラブの両方で世界を制した経験を持つラーム選手です。

ラーム選手はまさにバイエルン、そしてドイツの魂といえるでしょう。

今回は引退の噂のあるラーム選手の特徴と経歴を踏まえ紹介していきます。

■ドイツ代表を精神的に支え続けた世界を代表するサイドバック

979″ src=”01/rahm8990.jpeg” “” =”798″ =”531″ />

バイエルンの下部組織で育ったラーム選手。

シュツットガルトへのレンタル移籍もありましたが、長年にわたりバイエルンでプレーしています。

また世代別の代表にも選ばれ、長年ドイツ代表としてプレーした選手です。

ラーム選手の特徴はプレイヤーとしても素晴らしいですが、その精神力、ドイツ代表のキャプテンを長年つとめ世界も制したキャプテンシーでしょう。

また個性派揃いで発言に難もあるドイツ代表選手たちの中でも人格者と知られており、まさにキャプテンの鏡のような選手です。

プレーとしての特徴はまず本職とされるサイドバックとしての資質でしょう。

まずは無尽蔵のスタミナを持っており、激しい上下動が要求されるサイドバックにおいて攻撃、守備ともにハードワークで顔を出すことができるというサイドバックに必要な基本的要素を持っています。

またスピードやテクニックをふんだんに盛り込んだドリブル突破などの派手な演出はしませんが、その代わりにかなりクレバーで、味方を活かすプレーヤワンタッチ目を置くポジション、走りこむ際の中へのポジショニングなど、プレーの一つ一つの品質がかなり高く、体格に恵まれているとは言い難いラーム選手が世界でも有数のプレーヤーとして数えられるようになった一番の要素はそこにあるでしょう。

同様にインテリジェンスの高さを活かした前線へのビルドアップも素晴らしく、サイドバックながらゴールに直接つながるようなチャンスメイクができるもの特徴です。

このようにラーム選手の一番の特徴はその高いサッカーインテリジェンスです。

ラーム選手のもう一つの良い点はそのIQの高さを活かして、複数のポジションを高品質でこなすことができる点です。

同じくサイドの少し攻撃的なポジションでのプレーや、時にはボランチへのコンバートなど実際にバイエルンでも様々なポジションを担当し、評価をしっかり得ているということもラーム選手の特徴でしょう。

■後継者はキミッヒ選手!?

977″ src=”01/kimi452345″ “kimi452345″ =”826″ =”465” />

仮にラーム選手が引退した場合、バイエルンは来シーズンからシャビ・アロンソ選手、ラーム選手と現在出場している選手を2人失うことになります。
しかし、バイエルンにはラーム選手の代わりとなる選手が存在しています。

それが今シーズンブレイクを果たしたドイツ代表のキミッヒ選手です。

キミッヒ選手は本職はラーム選手と同じくサイドバックを含めて守備的MFなどの複数のポジションをこなすことができるユーティリティーを持ち合わせています。

さらにプレースタイルも似ているポイントが多く、身長などには決して恵まれたものではないものの、当たり負けしない体の強さとインテリジェンスの高い攻撃力を持っており得点もしています。

まだ21歳のキミッヒ選手が次の世代のラーム選手の後継者として何らかの形でラーム選手とアロンソ選手の代わりをこなすことは間違いないでしょう。

軸となる選手の退団があっても、それを補う次の世代がどんどんと出てくるバイエルンの選手層はさすがですね。

ラーム選手の進退について公式なものはまだ出ていませんが、世界的サイドバックの今後の展開に注目していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする