史上最高額の10代プレーヤー、キリアン・ムバッペ選手とは

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■その額230億越え!ネイマールとの共演が楽しみな期待のFW

毎年世界のサッカーファンをドキドキさせる夏の移籍期間。今年はこれまでにないインパクトのある移籍劇が繰り広げられました。最も話題になったのがブラジル代表で現在最も市場価値が高いとされているネイマール選手のバルセロナからパリ・サンジェルマンへの移籍でしょう。

290億円以上とされる違約金はこれまでの最高記録を簡単に上回る史上最高額でした。
そして同じく移籍市場最終日、ネイマール選手と同じくPSGでプレーすることになったのが10代の選手で最も期待されているといっても過言ではないキリアン・ムバッペ選手です。

ムバッペ選手は昨シーズンモナコで活躍、チャンピオンズリーグでは大事な場面でゴールを何度も決め、下馬評の決して高くなかった若いメンバーが中心のモナコを準決勝に導いた立役者の一人になりました。

そんなムバッペ選手についた値段は230億円以上。ネイマール選手に続き異次元の価値がついたムバッぺ選手について今回はプロフィールや、市場価値、プレースタイルや経歴についてご紹介していきたいと思います。

■ムバッペ選手のプロフィール

1343″ src=”09/nuba8490218″ “nuba8490218″ =”696″ =”392” />

まずはムバッペ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・本名:キリアン・サンミ・ムバッペ・ロタン

・国籍:フランス、カメルーン

・出身地:ボンディ

・生年月日(年齢):1998年12月20日(18歳)

・身長/体重:178㎝/73㎏

・利き足:右足

・ポジション:FW

・現所属チーム:パリ・サンジェルマン(フランス)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・背番号:29

・所属歴:モナコB(フランス)→モナコ(フランス)→パリ・サンジェルマン

・代表歴:フランスU-17~U19代表、フランス代表

・主な獲得タイトル:リーグ・アン、UEFAU-19欧州選手権、リーグアン最優秀若手賞、リーグアン・ベストイレブン

■ムバッペ選手の経歴

カメルーン出身の父とアルジェリア人の母との間に生まれたムバッペ選手はフランスのサッカーエリートを数多く輩出している(元フランス代表のティエリ・アンリ選手やニコラ・アネルカ選手)クレール・フォンテーヌ国立研究所に入学。その頃からムバッペ選手の才能は今夏の移籍候補の一つでもあったレアルマドリードに注目されるなど高いものでした。

その後国内の名門、モナコのユースに入団したムバッペ選手はトップチームに入団し、17歳で公式戦初ゴールを記録、モナコでの最年少ゴール記録を更新します。

そして迎えた昨シーズン、モナコの中心選手の1人として活躍したムバッペ選手は18歳にして29試合に出場し、15ゴールを挙げる活躍を見せスター軍団のPSGが圧倒的有利とされていたフランスリーグで連覇記録を阻止する優勝に大きく貢献。

またチャンピオンズリーグでも大活躍、ベスト16のマンチェスター・シティ戦、そして準々決勝のドルトムント戦でそれぞれゴールし、下馬評を大きく覆すチームの準決勝進出の立役者と成りました。

惜しくも準決勝のユベントス戦ではユベントスの堅い守りに阻まれ決勝進出は逃したものの、ムバッペ選手自身は堅い守りを誇るイタリアの守護神、ブッフォン選手から得点を奪い、その得点能力の高さを見せつけました。

そして迎えた今夏、規格外の才能を見せたこの18歳をビッククラブが争奪戦に。

当初はレアルマドリードへの移籍が有力と見られていましたが、結果まずはレンタル移籍ながら買い取りオプションを含めると230億円以上と言われるとんでもない金額でPSGが移籍期限ギリギリで獲得を発表。

ドリームチームの一員として今シーズンを戦うこととなりました。

若くからその才能が注目されていたムバッペ選手は、各年代で代表を経験し昨年にはA代表デビューも経験。

残念ながら世界有数の選手層を誇るフランス代表でレギュラーを確保するまでの道のりはまだまだですが、今後のフランス代表の未来を背負う1人として非常に注目されている逸材です。

■ムバッペ選手のプレースタイル

同じくフランス出身で出身校も同じ、そしてモナコでプレーした経歴も同じことから往年の名選手、ティエリー・アンリ2世と呼ばれているムバッペ選手。200億円以上の価値がついたそのプレースタイルとはどのようなものなのでしょうか。

まずは形容されるアンリ選手のようなしなやかなボールタッチの技術とドリブル突破です。

長いリーチでボールを扱う姿はまさにアンリ選手のかぶるような印象がありますがムバッペ選手は強引に相手に割って入るようなドリブルも得意としており、19歳でこの完成度はすごいと思います。

また裏に抜け出す能力とセンターで潰れない強さを持っており、チャンピオンズリーグでは特にこの特徴が際立っていたように思えます。思い切りの良いシュートも特徴ね。

サイドからドリブルで縦や中にカットインすることもでき、またセンターの位置では起点になり、裏に抜け出すことができるムバッペ選手はウイングとしてもセンターでもプレーできる前線のユーティリティ性の高いプレーヤーと言えます。
世界的なストライカーとして知られるファルカオ選手との2トップはもちろん、PSGの多用する3トップの形においても通用すると思います。

■ムバッペ選手の市場価値は?

ムバッペ選手の市場価値は世界最高の価値を持つネイマール選手に次ぐ移籍史上2番目の記録となりそうです。今回のPSGへの移籍はレンタル移籍ですが、買い取りが前提の移籍でありその場合の総額は230億円を超える価値になっています。

移籍市場が始まった当初はこの将来有望な18歳を『非売品』と言っていた代理人でしたが、ここまで異次元の移籍金を積まれるとなるとさすがに断ることはできないでしょう。

今回のネイマール選手、ムバッペ選手の獲得で500億円以上の支出になりそうなPSGにUEFAから調査が入るとのことですが、改めてナセル・アル・ケライフィ氏をオーナーに持つPSGの底しれぬ資金源には驚かされます。

■ムバッペ選手のプライベート、性格は?

経歴の部分でもご紹介したように、ムバッペ選手にはカメルーン出身の父がいます。このお父さんはサッカー指導者をしており、また母は元ハンドボール選手、そして兄のジレス・ケンボ・エココ選手はアル・ナスル(UAE)に所属するサッカー選手とスポーツ一家の家系に産まれています。

またムバッペ選手は18歳とは思えない程落ち着いた性格で知られており、今回の移籍を振り返ったインタビューでも、レアルマドリードに行かずパリに残った理由として、まずは国内リーグでのステップアップを経たいという思いがあったとコメントしており計画性の高さを感じます。

活躍が認められ、ビッククラブに移籍する若者は珍しくありませんが、出場機会に恵まれず、伸び悩む選手がいる中この落ち着きや判断はすごいと思います。

是非このまま堅実にキャリアを積み、バロンドールをとるような名選手に成長してほしいところですね。ライバルのPSGに移籍したことを快く思っていないファンからの批判はありますが、それをはねのける精神力で頑張ってほしいです。

フランスの選手は素行が悪かったり、スキャンダルが多く評価を落とす選手が多いだけに、ムバッペ選手はそうならないようにしてほしいところです。

■ムバッペ選手の最新情報

1342″ src=”09/muba8709790.png” “muba8709790″ =”710″ =”437” />

19歳にして世界トップレベルの選手に成長したムバッペ選手。今回の移籍に際して発生した金額を考えると今後どのような選手に成長するのか想像もつきません。

入団したPSGは現在3トップを基本としており、今後のライバルは昨シーズンの得点王、ウルグアイのカバーニ選手、左サイドのネイマール選手、そしてアルゼンチンを代表するプレーヤーのディ・マリア選手と世界屈指の3トップとなります。

将来性を見越した加入という意味もあるでしょうから今後ムバッペ選手がすぐにこの3トップに食い込みレギュラーになれるかはわかりませんが今後どのようにムバッペ選手が起用されていくのかは注目ポイントですね。

今夏の移籍市場の目玉の一人となったムバッペ選手、230億円の18歳が今後どのような怪物に進化していくのか、今後もムバッペ選手から目が離せませんね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする