開幕戦大活躍で絶好調!?海外で活躍する日本人列伝 清武弘嗣 編

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今年も世界最高峰の欧州リーグのひとつ、スペインのリーガ・エスパニョーラが開幕しました。

昨季のリーガ覇者のバルセロナや欧州チャンピオン、レアル・マドリード、欧州準優勝のアトレティコ・マドリードと世界屈指のチームがしのぎを削るリーグです。

その世界最高峰の3チームに加え、リーグの中で実質の4番手に位置するのがセビージャFCです。

4番手といってもここ最近の実績は素晴らしく、欧州最高のチームを決めるチャンピオンズリーグの一つ下のカテゴリに属するヨーロッパリーグで3連覇中の強豪です。

そんな有名チームに今季一人の日本人が加入しました。日本代表、清武弘嗣選手です。

日本を代表するゲームメーカーは怪我での出遅れをものともせず、強豪チームの中で徐々に評価を上げています。

リーガ開幕戦では、監督変更により今期の移籍市場で分厚くなった中盤の中でスタメンに抜擢され、1ゴール1アシストと素晴らしい活躍を見せました。

試合終了直前に失点に直結するミスをしてしまいましたが、それでも清武選手はファンたちの心をつかんでいるでしょう。

今回はそんな清武選手について経歴やプレースタイルなどを紹介していきます。

●香川選手を育てた名将のもと、才能を開花させた清武選手。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

清武選手は大分トリニータユース出身で弟にはJ2のロアッソ熊本で10番をつける清武功暉選手です。

ユースからトップへの昇格後はコンスタントに出場を重ねレギュラーを勝ち取りますが、チームがJ2に降格。

トリニータのJ2への降格をきっかけに、トリニータを出ざるを得なかった清武選手は香川真司、乾貴士選手を見出し、柿谷陽一朗選手を育てたレヴィ―・クルピ監督のセレッソ大阪に移籍をします。

389″ src=”2016/08/20140729-00000004-wordleafs-003-23-view” “20140729-00000004-wordleafs-003-23-view” =”781″ =”600″ />

セレッソのスピーディでテクニシャンを重んじるサッカーに清武選手はすぐにフィットし、香川選手の元パートナーで現在スペインでプレーする当時の乾貴士選手と現在J1大宮でプレーするガンバ出身の天才、家永選手、韓国代表の左利きテクニシャン、キム・ボギョン選手らとともに魅力的な中盤を形成し、3シャドーのシステムは脅威になりました。

ACLへの出場や、ロンドン五輪への出場など国際的な経験を積み、2012年に海外挑戦を決意。

日本期待のテクニシャンはドイツのニュルンベルグへの移籍を果たします。

●日本の10番がドイツ中心クラブの希望に。ブンデスリーガ時代。

388″ src=”2016/08/252268_heroa” “kiyo2″ =”783″ =”543″ />

清武選手は開幕から活躍し、なんと初シーズンはチーム4位となる10アシストを記録。

移籍当初は激しいサッカーのドイツでフィジカルの面が心配されていましたが、そこはテクニックでカバーし、ドイツでは特にセットプレーやラストパスにおいての精度に定評。

体格では劣る日本人のテクニシャンがニュルンブルグの残留に貢献しました。

翌シーズン、チームは清武選手の健闘むなしく、2部降格の憂き目にありますが清武選手は同じドイツの1部、ハノーファー96に移籍します。

390″ src=”2016/08/hiroshi-kiyotake-hannover_1rg0df0jc16em1o02rcp1b8lf9” “kiyo3″ =”776″ =”538” />

移籍後も清武選手のプレースキック、ゲームメイク能力を発揮し、ここでもチームの1部残留に貢献する動きを見せ、チームの10番を背負います。

しかし、ここから清武選手は足を負傷し、出場できない日々が続き、ここでもチームは降格してしまいます。

しかし、清武選手が出場した試合では高いパフォーマンスを続け、高い評価は持続、ついに今シーズンは今まで所属したことのない高いレベルのチーム、スペインのセビージャに移籍しました。

●そして日本代表の常連、スペインのトップチームへ…。

387″ src=”2016/08/2016-08-21-sevilla-hiroshi-kiyotake_849g98hkiz5h107k9bpo7ruww” “kiyo4″ =”770″ =”534” />

もともと評価の高かった清武選手、セビージャの監督に就任したサンパオリ監督はワールドカップで大活躍し、コパアメリカで2連覇を果たすたチリ代表の礎を築いた監督。

チリのサッカーは細かいパス回しと全員で全力でしかける激しいハイプレスのサッカーを基本としています。

ゲームメイクの能力、パスセンスに優れた清武選手の獲得は監督のサッカースタイルにフィットしていると思われます。

またサンパオリ監督は清武選手だけにとどまらず、複数の中盤の選手を獲得、プレシーズンマッチでは怪我明けの清武選手のスタメン入りは疑問視されていましたが、

献身的なハイプレスで信頼を獲得。

レアル・マドリードとのスーパーカップ、リーガ開幕戦とスタメンに名を連ねています。

とくに開幕戦では右サイドとして出場し、1得点1アシストという働きを見せ、チームの勝利に貢献しています。

まだまだスペインリーグは開幕戦を迎えたのみ。

今後の展開は予測がつきませんが、今後も清武選手がけがをせずに持ち味を発揮していけばレギュラーを獲得するのも夢ではないでしょう。

最近は代表のスタメンにも定着してきた感のある清武選手。

海外クラブでの活躍を重んじるハリルホジッチ選手の信頼を獲得する為にも新天地で頑張ってほしいですね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする