欧州タイトル獲得に最も近い日本人。香川真司選手。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

各国欧州主要リーグが続々と開幕し、早くも様々な波乱の結果も生まれています。

清武選手や長友選手、本田選手をはじめ、

今年も多くの日本人選手が海外リーグで活躍することが予測されます。

特にドルトムントの香川真司選手に関してはレギュラーとして活躍する可能性も高く、チャンピオンズリーグにも出場します。

普段海外のサッカーを見ない方も日本人選手の動向には気になると思いますので、今回はその中でも日本人トップクラスの活躍をするドルトムント所属の香川真司選手に注目し紹介していきます。

●香川真司選手の基本プロフィール、略歴やプレースタイルは?

375″ src=”2016/08/main_091108_IMG_5927_nishid” “kagawa1″ =”808″ =”538” />

セレッソ大阪入団直後は出場機会には恵まれませんでしたが、当時セレッソ大阪を指揮していた若手育成に定評のあるブラジル人監督、レヴィー・クルピ氏にその実力を認められ、2シーズン目からはレギュラーを獲得しチームのJ1復帰に大きく貢献します。

J1に昇格してからは現在スペインのエイバル所属の乾選手と魅力的なコンビを組み、J1で好成績を残しアジア・チャンピオンズリーグへの出場に大きく貢献しました。(残念ながら本人はドルトムントへの移籍のために、ACLへの出場はかないませんでしたが・・・。)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

香川真司選手はセレッソ大阪出身の選手で、鋭いドリブルや、スペースへの有効な飛び込みを武器に主にトップ下を主戦場としています。

香川選手の巧みなドリブルテクニックはプロ入り前に所属していた宮城のサッカーチームの教育方針としてとにかく個人技に力を入れていたというチームだったことも要因だったといわれています。

●ドイツでも有能な監督に恵まれ、才能を一気に開花。ドルトムント時代。

373″ src=”2016/08/1579506_w2″ “kagawa2″ =”793″ =”446” />

そんな日本での活躍の中、香川はドイツの名門チームの名将にその才能を見出されます。

現在リバプールに所属するクロップ監督は若手の発掘、育成に非常に定評のある監督で、そんな監督に見初められたというのはすごいことですよね。

加入後すぐに香川選手はドルトムントのサッカーにフィットします。

2列目の攻撃の軸として、ドイツ代表のゲッツェ選手やロイス選手、グロスクロイツ選手やレバンドフスキーと、現在も世界のトップ選手として活躍するそうそうたるメンバーもこのころは同世代。

平均年齢の若い選手たちは前線からのプレスと素早いパスサッカーを駆使し、快進撃を続けていきます。

香川選手はレバンドフスキ選手の強力なワントップを活かしつつ、ショートパスをつなぎ空いたスペースに次々と飛び込んでくるサッカーを展開し、世界を魅了、前半からブンデスリーガを独走し、なんと移籍1年目でブンデス制覇の原動力となります。

香川選手はこの活躍で一気に世界に名が知れわたり、さらに王者として挑んだ翌シーズンもチームの中心として危なげなくブンデス2連覇を達成し1年目の成功が偶然でなかったことを世界に証明して見せました。

●不遇のシーズンを過ごすことになったマンチェスター・ユナイテッド

377″ src=”2016/08/175879126_aaaaa” “kagawa3″ =”736″ =”490” />

バイエルンを抑え、ブンデスリーガ2連覇を果たしたドルトムント。

その中心となりスターとなった香川選手を世界のビッグクラブが放っておくはずはなく、香川真司は伝説的名将、ファーガソン監督率いるマンチェスターユナイテッドに移籍を果たします。

香川の移籍劇にはあのモウリーニョ監督や、ベンゲル監督も獲得を熱望していたといいます。

香川はデビュー直後から創造的なプレーで実力を見せつけ、ユナイテッドファンにも猛烈な印象を残し、順風満帆なシーズンを過ごすかと思われましたが・・・。

けがの影響や、香川のスピーディーなプレーやスペースの活かし方などにルーニー選手以外の選手がついていけていなかったこと、極み付けは監督との相性でした。

ファーガソン監督の引退を受けたモイーズ監督の戦略にフィットせず、次第に香川選手は出場機会を与えられなくなってきました。

もちろん香川選手がドルトムント時代のパフォーマンスを発揮できていなかったことも原因の一つですが、

クルピ・クロップ・ファーガソンと3人の名将と愛称に恵まれた監督との出会いが途切れたこと、それが香川選手の一番の失敗の原因だったと考えられます。

【古巣ドルトムントで復活。安定したパフォーマンスに】

376″ src=”2016/08/maxresdefault-2″ “kagawa4″ =”810″ =”608” />

そして現在、香川選手は古巣ドルトムントに復帰しシーズンを過ごしています。

恩師クロップ監督のもと信頼を取り戻し、ファンにも愛される充実したパフォーマンスを継続しています。

一時、クロップの後任のトゥヘル監督の構想外になりそうになったこともありましたがそこは実力で、ポジション争いに勝ち抜き、現在は安定した出場数を確保しています。

今シーズンは盟友ゲッツェ選手の復帰や、主力選手の相次ぐ引き抜きに見舞われたドルトムント。

変わりゆくチームの中でドルトムントイズムを継承する香川真司選手の活躍から目が離せません!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする