欧州サッカー観戦マニュアル。セリエA6連覇を目指す絶対王者ユベントス。戦力とライバルは?

欧州主要5大リーグの戦況は一昔前の様相と異なってきました。特にイタリア・ドイツ・フランスにおいては絶対王者の1強の構図になっており、他のクラブがどれだけ食い下がれるかどうかが見どころになってきます。

そんな中、イタリア、セリエAの絶対王者について今シーズンの見どころに触れていきたいと思います。

●昨シーズン驚異の5連覇を達成したイタリアの絶対王者ユベントス

size-large 185″ src=”2016/08/juve4-1024×682″ “juve4″ =”728″ =”485” />

昨シーズン、今年総額130億円という巨額の移籍金でイングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍したポール・ポグバ選手を中心にリーグ5連覇を達成したユベントス。

11-12シーズンの優勝を皮切りに、圧倒的な実力を他のチームに見せつけています。

チームのスタイルはボールをゆっくりとポゼッションしながら確実な組み立てとカウンターを中心とした「イタリア的」なチームです。

昨シーズン特に活躍したのは若手注目No1のアルゼンチン代表ストライカーのディバラ選手。

特筆すべきはそのスピードと決定力で得点ランキングではイグアインに継ぐ、2位という結果でした。

●今シーズン移籍市場の動向は

今シーズンの補強の目玉はなんといっても昨年度セリエA歴代最多得点の36ゴールを奪って得点王に輝いた元ナポリ所属のアルゼンチン代表、ゴンサロ・イグアイン選手でしょう。

183″ src=”2016/08/igain.jpeg” “igain” =”757″ =”472″ />

推定移籍金はまさかの111億円といわれる今年の移籍金インフレの先駆けとなった選手で、FWとして天性の感性で高い決定力、飛び出しを武器にゴールを量産する選手です。

今年は昨シーズンのストライカーだったモラタ選手がレアル・マドリードに去ってしまいましたが、それを補って余りある戦力を獲得しました。

昨シーズン大ブレイクした同じアルゼンチン代表のディバラ選手とのコンビが機能すれば、豪華中盤陣と相まって昨シーズン以上の活躍が期待されますね。

もう一つのビッグニュースは史上最高額の移籍金(推定130億円)で移籍したフランス代表のポール・ポグバ選手でしょう。

もう一人の注目選手はその穴を埋めるためローマから移籍してきたMF、ピャニッチ選手です。

size-large 184″ src=”2016/08/panichi-1024×684″ “panichi” =”728″ =”486″ />

ローマでは中盤の核として美しいボールタッチから攻撃のリズムを組み立てるボスニア人司令塔の獲得は中盤の要だったポグバの穴を埋めるためには十分なタレントではないでしょうか。

●ライバルは?6連覇なるか?

セリエAにて6連覇を達成する可能性は普通に行けば90%以上の可能性で硬いとおもいます。

タレントとチームとしての戦術理解は他チームよりもちろん上ですし、セリエAの傾向としてライバルチームが不在であるということが言えます。

かつての名門であるミラノの2枚看板、インテルはかつての栄光復権に向け成長過程の途中ですし、ACミランに関してはかつてないほどの泥沼状態でチームは低迷しています。

実質ライバルはローマ・ナポリ、次点でラツィオというところですが、ナポリからイグアイン、ローマからピャニッチと中核の戦力を引き抜いたことで両チームの戦力低下は否めないかと思います。

自身の放出の穴を埋めつつ、ライバルの戦力を削ぐという意味ではやはりユベントスの補強は的確、かつ効果的なものですね。

むしろ今シーズンのユベントスの目標はリーグ制覇をノルマとしつつ、本命の目標はヨーロッパチャンピオンズリーグの制覇でしょう。

14-15シーズンは久しぶりの決勝に進出するも、メッシ選手擁するバルセロナ相手に完敗。

昨シーズンは決勝トーナメントでバイエルン・ミュンヘンに敗れ悔しい思いをしました。

守護神ブッフォンも38歳。悲願のチャンピオンズリーグ制覇に向け気合が入っているに違いありません。

186″ src=”2016/08/buffon2″ “buffon2″ =”682″ =”514” />

課題は昨シーズンあらゆる場面でサイドでの駆け上がりや攻撃にアクセントを加えていたコロンビアのサイドアタッカー、クアドラード選手のチェルシーへのレンタルバック。

今シーズンは元バルセロナの世界的サイドバックのD.アウベス選手を獲得しその位置に入ることが予測されます。

またアンカーと呼ばれる守備的なMFの位置については人材がやや不足しているが、ベルギー代表のヴィツェル選手など、守備的な選手の獲得を模索しているようです。

いずれにしても国内6連覇を達成するだけなら十分な戦力を有するユベントス。

今シーズンもその圧倒的な強さをリーグで見せるのか。要注目ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする