不動のストライカーアグエロ選手の座を奪うか!?ブラジル次世代の至宝、ジェズス選手。

■不調のシティを救えるか!?王国の至宝、ジェズス選手

983″ src=”02/jesus90-09″ “jesus90-09″ =”900″ =”506” />

プレミアリーグのタイトル争いからは遠ざかった感のあるペップ・グアルディオラが率いるスター軍団のマンチェスターシティ。

今シーズンはタイトル争いというよりもチャンピオンズリーグでのタイトル獲得と時期チャンピオンズリーグ出場権の獲得を大きな目標として動いていくでしょう。

そんな長いトンネルをいまいち抜け出せないシティですが、今年の冬には期待の大型新人が加入したことが話題となっています。

その選手がブラジル代表の若い世代で、バルセロナに所属する大エース、ネイマール選手以上とも言われる将来のセレソンを背負う19歳、ガブリエル・ジェズス選手です。

■ブラジル若手注目度No1.ネイマールの後継者が選んだ19歳。

ジェズス選手はブラジルの名門パルメイラス出身の19歳。

サッカーファンの間では次世代のネイマールとしての期待を込められる選手です。

若きセレソンの10番を背負ってきたプレースタイルは伝統のテクニシャン。

またスピード、決定力もあり多数のビッグクラブから注目を浴びていました。

最近ジェズス選手が最も注目された機会が去年のリオオリンピックでしょう。

開催国として、そしてサッカー王国として絶対に負けることのできないブラジル代表はオーバーエイジ(23歳以上の枠)にA代表のエース、ネイマール選手を招集し悲願の金メダル獲得に向け入念な準備をしていました。

そんな豪華メンバーの中でも若き世代を代表するエースとして、イタリアのインテルに加入したガビゴル選手と並び期待されたジェズス選手は本大会でおなじくインテルに加入したガビゴル選手とともに活躍を見せました。

特に引き分け続きで嫌なムードが漂った予選リーグ3戦目ではエースの意地を見せ貴重な2ゴール目をゲット。

苦しみながらもブラジルの史上初のオリンピック金メダル獲得に攻撃面で大きく貢献しました。

もともとの選手としての期待度とオリンピックでの活躍もあり、その後の移籍期間で世界的名門のマンCに加入が決定。

2017年1月からのプレーが決まりました。

984″ src=”02/jes89-48″ “jes89-48″ =”620″ =”430” />

ご存知、長い不調のトンネルに突入しているマンCにとってブラジルの怪物はカンフル剤となるのか、期待されたデビュー戦はさっそく訪れました。

上位陣に食らいつきチャンピオンズリーグ出場権の獲得のためには重要な場面になる、トッテナムとの対決、途中出場を果たしたジェズス選手はさっそく効果的な動きを見せ、攻撃陣の活性に貢献。

途中、ゴールかと思われたシーンはオフサイドにより幻に終わりましたが、次節以降シティの攻撃陣の新たなアイコンになる可能性をにおわせ、評価も上々だったジェズス選手。

活躍が認められ、今節のウェストハム戦では早くも先発出場を果たしました。

そして後半39分、ついにゴールを決めプレミア初得点を記録。

近年、数々の有望な若手選手が登場している中で、初戦、2節目としっかりと結果を出したジェズス選手。

続く24節のスウォンジー戦では絶対的エースのアルゼンチン代表、アグエロ選手を抑えて先発出場、前節に引き続き11分にゴールを奪い早くも2節連続のゴールを記録。

後半、エースアグエロ選手とともにプレーしたジェズス選手は91分にももう一点追加し、2試合で3得点とエースのアグエロ選手をベンチに追いやるに十分な活躍を見せています。

攻撃のアクセントとして期待されたギュンドアン選手のけがによる長期離脱などのアクシデントにも見舞われたシティにとってはうれしいことでしょう。

上々のデビューを飾ったブラジルの怪物はまだまだ19歳。

同年代のサネ選手と同様、名門の名選手たちを押し上げ競争を生むこの選手の登場で、歯車のいまいちかみ合わないシティが復活できるのか?

そしてアグエロ選手からポジションを奪えるのか!?

今後の展開とジェズス選手の活躍に要注目です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする