早くも話題に。冬の移籍市場、ハメス・ロドリゲス選手の去就は?

■サッカーファンのもうひとつの楽しみ!?冬の移籍期間は目前に。

夏の移籍市場を経て、開幕したヨーロッパ主要リーグ戦。

数々のリーグで新鋭の活躍や、大型移籍で結果を出す選手、期待はされていたものの思うような結果を出すことができず苦悩の日々を送る選手と様々な話題が毎日のサッカーニュースを賑わせました。

そんな中、早くも海外サッカーは冬の移籍市場を迎えようとしています。

夏の移籍市場に比べて、期間が短い為に大型移籍やサプライズ移籍は比較的少ない冬の移籍期間ですが、各チームシーズン序盤で浮き彫りになったチームの課題のポジションを補充したり、チームの構想に入らない選手を他チームに放出したりと今年も多少ながら動きはあるかと思います。

また、このシーズンの楽しみの一つは数々の名選手の移籍の噂。

どれが正しい情報なのか、嘘なのか、注目の選手たちの一挙手一投足に世界中のサッカーファンが注目しています。

今回は早くも上がってきている噂の中から2回にわたって2人の優秀なMFの今シーズン序盤の様子と選手のプレースタイルについて触れていきます。

■ジダン監督の信頼をつかみきれていないワールドカップの主役。ハメス・ロドリゲス選手(レアル・マドリード/コロンビア代表)

今シーズンの移籍市場において最も去就が注目される1人となるのはおそらくこの選手になるでしょう。

ポルトガルのポルト、フランスのモナコで活躍しブレイク、2014年に開催されたブラジルワールドカップにおいて近年では史上最高の代表チームとして臨んだコロンビア代表で大活躍。

695″ src=”2016/11/james7859″ “james7859″ =”721″ =”480” />

チームはベスト8で敗れましたが、この結果が史上初で敗戦したブラジル戦も南米対決をはじめその強さを見せつけました。

自身も大会6得点2アシストの活躍でで得点王を獲得。

中盤の選手ながら、優れたテクニックでのゲームメイクと強烈で正確なシュートで世界に衝撃を与えました。

特にテクニック、ボディーバランス、パワーのすべてを兼ね備えた決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦で決めた胸トラップからのボレーシュートが印象的です。

その端正な顔立ちからも人気を呼び、ワールドカップのヒーローとなりました。

そんなワールドカップのヒーローをビッグクラブは見逃すわけもなく、争奪戦の末世界有数のビッグクラブ、レアル・マドリードへの移籍が決定。

694″ src=”2016/11/james890.jpeg” “james890″ =”737″ =”491” />

移籍金は8000万ユーロ(現在の価値で約90億円)という莫大な移籍金での加入となりました。

期待値は大きく、10番をつけてのスペインリーグとなりました。

移籍直後は骨折による離脱の期間があったものの、多くのゴールやアシストを積み重ね、チームに貢献。

素晴らしい活躍を見せましたが、昨シーズンはブラジル代表のカゼミーロ選手の台頭によりベンチを温めることが多かったのが現状です。

その後、ジダン監督のハートをがっちりつかんだカゼミーロ選手が定着すると今シーズンも満足のいく出場機会を得られていない状況になっています。

232″ src=”2016/08/zinedine-zidane-real-betis-real-madrid-la-liga-24012016_14iinajqmdfq91d483kt5xxk39″ “zidane2″ =”756″ =”524” />

また新加入選手の活躍や、若手選手の台頭もあり、ジダン監督の構想においては重要性が低いと思われる状況。

ポテンシャルは世界有数の実力を持っており、オールラウンダーな中盤だけに不遇のシーズンを送っているこの選手にほかのビッグクラブが触手を伸ばしても不思議ではありません。

昨シーズンまでチームの中心として活躍したポグバ選手を放出し、ローマからピャニッチ選手などの中盤の選手を補強したものの、ポグバ選手がもたらした安定感とまではいかず悲願のチャンピオンズリーグ制覇に向けての不安要素の一つになっています。

ユベントスは他に、ゼニトに所属するベルギー代表のヴィツェル選手を獲得するのではないかという噂もあり、中盤の選手の補強に躍起になっている様子なので資金力も考えれば十分に可能性もある話です。

ネックになるのはその高額な移籍金でしょう。

中盤の絶対的な存在になっていたクロース選手が負傷したことにより、今後は出場のチャンスは増加するとは思われますが、現状に本人が満足しているとは思えません。

もし移籍するにしても、レアルも安売りする気はないでしょうから、この選手に見合った移籍金を捻出するチームがあるかどうかがカギになってきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする