サッカートレンドワード、最近よく聞く「インテンシティ」の意味とは?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●最近になって頻繁に使われるようになった「インテンシティ」

各国サッカー主要リーグ、チャンピオンズリーグ予選、アジア最終予選などやっと落ち着いたと思ったシーズンもあっという間に始まってしまいました。

私も各国リーグをテレビでチェックするのですが、見たい試合が多すぎてこのシーズンは寝不足になります。

テレビの実況中継や解説をチェックしていると、最近「インテンシティ」という言葉がよく耳につくようになりました。

以前からもザックジャパンの時からその言葉はありましたが、最近は特に顕著です。

サッカーではその時期によって流行の戦術やスタイル、好まれる選手の特徴などが目まぐるしく変わります。

一昔前までは「ファンタジスタ」なんていう言葉が流行し、日本のメディアでも多用されるようになっています。

今回は知っていて損はない、今後流行するであろう「インテンシティ」という言葉の意味について解説し、その特徴にあった代表的な選手を紹介します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●プレッシングの重要性、ショートカウンターなどの戦術の流行により一気に浸透してきたインテンシティ。

最近ではケーブルテレビなどの実況や解説が当たり前のように使っていて、サッカーに興味を持ち出した人にとってはなんのこっちゃ?と思う人もいるのではないでしょうか。

まずインテンシティという言葉自体には「強烈」「厳しさ」「激しさ」「強さ」という意味があり、日本の解説者の方が用いる際は中盤での1対1の攻防や守備の激しさが突出する場面で使われることが多いような気がします。

しかし世界にの各解説者や監督などの使い方を見ていると、

サッカーにおいては単なる「フィジカルの強さ」「タックルの強烈さ」ではなく、それに伴う守備意識の高さなどのメンタル面のことも包括され、総じてそのような選手たちを「インテンシティの高い選手」、またドルトムントのサッカーにフィジカルや守備意識を高く持ちプレスし、中盤の攻防で負けないような戦術に重きを置くチームを「インテンシティーの高いチーム」と呼んでいる傾向が多く感じられます。

要は本来(ヨーロッパでの使い方が正しいとすると)の使い方は「プレーの密度」であり決してフィジカルの優れたチームや選手だけに使う言葉ではなく、ドルトムントのショートカウンターのように前線の選手たちが守備の場面で頑張ってボールを奪い返す、そのプレーの意識や密度の高さを表現してインテンシティと現しているということ、

ややこしくなりましたが要は「定義ははっきりとしない。」ということです(笑)

ではどのような選手がこのインテンシティが高い選手なのか?

●現代におけるインテンシティが高い選手とは?

・エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)

361″ src=”2016/08/GettyImages-540653280″ “kante1″ =”800″ =”600” />

今季の移籍市場を賑わせた一人、フランス代表のカンテ選手です。

昨シーズンは岡崎選手の同僚でレスターの奇跡の優勝に貢献した一人で今シーズンはその活躍を買われ、ビッグクラブのチェルシーに移籍。

開幕戦から安定したプレーを見せています。

レスターのカウンターサッカーにおいては中盤でのボール奪取が非常に重要になりますが高いインテンシティを持ったカンテ選手の存在が本当に大きかったといえるでしょう。

旬な選手の中では最もインテンシティという言葉が似合う選手ではないでしょうか?

・岡崎慎司、香川慎司、本田圭佑、長友佑都

132″ src=”2016/08/kagawa1″ “kagawa1″ =”568″ =”378” />

おなじみ、日本の海外組4人衆です。

香川選手は世界でも評価が高いインテンシティを持ったチーム、ドルトムントでプレー。

岡崎選手はカンテ選手と同様昨シーズンレスターでプレーし、前線でのボール奪取に向けて常に全力プレーをしていました。

長友選手は小柄ながら1対1の強さとそれを強化する肉体の強さを兼ね備えています。

本田選手も1対1で負けない強さと球際での強さを兼ね備えており、海外での一定の活躍をしていくためにはこの3選手のようなインテンシティを兼ね備えておく必要性があります。ないよりも負けないというメンタリティもありますね。

海外の選手にあって国内組の選手には少ないもの。

宇佐美選手の活躍もこのインテンシティというものが一つのカギになってきそうな気がします。

いかがでしたか?このようにインテンシティという言葉は曖昧で答えはありません。

しかし、日本代表での試合を見るときには先ほど紹介した香川・岡崎・長友・本田選手のプレーを観察していればインテンシティとは何なのかがなんとなく見えてくるかもしれませんね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする