残留に向け、逆襲を開始できるか!?名門HSVとバレンシア!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■ 不運にも残留争いに巻き込まれた2つの名門チーム

ヨーロッパのサッカーは後半戦に突入し、早くも1か月以上が経過しました。

そろそろ見えてくる優勝争いの行方と、チャンピオンズリーグ出場権争いの結末。

特にプレミアリーグはチャンピオンズリーグの出場権争いが過熱、毎節展開に注目されます。

しかし、後半戦に入って注目なのは優勝争いだけではありません。

来シーズンも各国のトップリーグで戦い、雪辱を果たすための残留争いにも注目です。

イングランドにおいては昨シーズン奇跡の優勝を果たしたレスターがその渦中に巻き込まれており、注目されています。

988″ src=”02/ranieri894-” “ranieri894-” =”561″ =”421″ />

そしてドイツのブンデスリーガ、そしてスペインリーグでもかつての名門・古豪が残留争いに巻き込まれています。

その2つのチームはHSV(ハンブルガーSV)とバレンシア。

今回は前半戦の不調で残留争いに巻き込まれたものの、徐々に復調の兆しも見えるこの2つのチームについて紹介していきたいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■ キャプテン酒井効果!?ようやくらしさが出てきた古豪HSV

まずはドイツ、ブンデスリーガ。

1001″ src=”02/hsv7897″ “hsv7897″ =”589″ =”392″ />

上位は絶対王者バイエルンに噛みつく、2部からの昇格チームライプツィヒという構図でしたが、後半戦に入り調子を落としているライプツィヒに対し安定した戦いを見せるバイエルンという展開に。

徐々に勝ち点差を広げているバイエルンの5連覇が濃厚になっているといった状態です。
そしてそんなブンデスの残留争いに巻き込まれているのが、日本代表の酒井高徳選手が所属する古豪ハンブルガーSVです。

ブンデスリーガ参戦以来、一度も2部への降格に終わったことのないこのチームは開幕12戦勝ち星なしで
スタートするという最悪の展開でスタートしました。

特にゴール欠乏症は深刻なもので、早々に監督が交代。

就任したギスドル監督は現在上位のホッフェンハイムをナーゲルスマン監督の就任前に降格の危機から救った「復権請負人」です。

降格圏に沈んだこと、そしてチーム状態も不安定な中で今シーズンの降格がかなり危ぶまれていた状態でした。

しかし、13節のダルムシュタット戦でようやく勝利を挙げると以降、ようやく古豪らしい粘り強さが出てきました。

13節~最新の20節までは5勝3敗と勝ち越しの成績。

勝利をあげて一気に勝ち点を積み重ねたHSVは現在15位まで順位を上げ、何とか降格圏から脱出することに成功しています。

特筆すべきはシーズン中盤に就任したギスドル監督にキャプテンとして大抜擢された酒井高徳選手でしょう。

1002″ src=”02/gisu7890” “gisu7890″ =”1920″ =”1280” />

一般的な『ザ・キャプテン!』というようなゴリゴリとしたタイプではありませんが、監督交代とともに変化が出てきたチームにとっては大事な存在でしょう。

また本職のサイドバックからボランチの位置にコンバートされたことも話題となりました。

もともとユーティリティの高い酒井選手は問題なく役割をこなし、指揮官の評価をさらに高めるものとなりました。

さらに1ゴールのみですが、インゴルシュタット戦では見事なロングシュートを叩き込んでいます。

■ スペイン屈指の強豪の姿は見られず。迷走するバレンシア

1003″ src=”02/vakke87989″ “vakke87989″ =”800″ =”600″ />

一方、こちらも世界最高峰のリーグのスペインリーグでは名門バレンシアが散々なシーズンのスタート。

4連敗から始まったところから2連勝したものの、9節からはまさかの8戦連続勝利なしでかつての名門の輝きは失ってしまいました。

かつてはスペイン代表でマンチェスターシティで不動のレギュラーのダビド・シルバ選手や、スペイン代表の絶対的ストライカーとしてバルサなどでも活躍したビジャ選手ら数々のスタープレイヤーを輩出し、バルサ・レアルを苦しませ続けたチームの状況に監督をはじめ、フロント陣は大改革をせざるを得ませんでした。

サッカー以外の部分でもごたごたが続くバレンシアにおいてはこのまま2部リーグへの降格もあるのではないかとささやかれていた前半戦でした。

しかし、そこは名門でパレホ選手やナニ選手を抱えるチーム。

1004″ src=”02/nani87” “nani87″ =”620″ =”430” />

代理監督として勤めていたボロ監督が続投すると、成績は徐々に回復し、勝利数も徐々に増えてきました。

近年まれにみるどん底だったチームは何とか現在降格圏を脱し、安全圏ともいえる勝ち点差で15位まで順位を上げてきました。

今冬移籍してきたザザ選手。

前所属のウェストハムで無得点と満足な活躍ができなかったリベンジを、復権を目指す名門の中心として果たしてほしいものです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする