ミラクルチームレスターがまた一つ歴史を作るか!?「DREAM DRAW」のグループG

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今回のチャンピオンズリーグには「ある意味」最注目のグループがあります。

それが昨シーズン、強豪ひしめくプレミアリーグにおいて、終始自分たちのサッカーを貫き、まさに首位を「守り抜いた」ミラクルチーム、レスターシティが入ったグループGでしょう。

653″ src=”2016/11/clgroup” “clgroup” =”1024″ =”929″ />

もちろん今のチームでは初めてのチャンピオンズリーグ出場、初めての過密日程を経験するシーズンとなったレスターですが、今回のチャンピオンズリーグでも現在無敗で首位を独走、決勝トーナメントへの進出が濃厚でまたも歴史を一つ追加しそうな様相です。

またリーグ戦での働きから、昨シーズンレギュラーとして出場していた、日本代表FW、岡崎選手の重要性も再認識されています。

680″ src=”2016/11/okazaki742908″ “okazaki742908″ =”904″ =”600″ />

今回はそんなグループGをレスターの最近の傾向を絡めて紹介していきたいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■やはり奇跡のチームは何か持っている??恵まれたグループと確かな実力を発揮したレスター

レスターシティの他にも、ポルトガルの名門でかつてモウリーニョ監督の指揮のもと、ヨーロッパ制覇を成し遂げたこともあるポルト、デンマークのコペンハーゲン、ベルギーのクラブブリュージュという顔ぶれとなったグループG。

各国の強豪が出場しているとは言え、正直に言えばレベルとしてはほかのグループに比べやや劣るチームがそろった印象です。

このようなグループ構成になることはなかなかなく、組み合わせに関しても、奇跡を起こしたレスター、本当に運に恵まれたチームです。

ふたを開けてみればレスターは予選リーグを3連勝し、一気にトップへ浮上し4節でもコペンハーゲンに引き分け1位をキープしています。3位コペンハーゲンとの勝ち点差は5に開いており、結果次第では次節での決勝トーナメント進出が決定、最終節には予選突破を決める可能性が濃厚です。

今回のCLに備え、シーズン開幕前にムサ選手や「魔術師」マフレズ選手と同郷のスリマニ選手などの攻撃陣を補強し、また昨シーズンMVP級の活躍を見せ、チェルシーに引き抜かれたカンテ選手の代役にタイプの似た面ディ選手を補強し、ハードスケジュールに備えました。

683″ src=”2016/11/slimani8597340” “slimani8597340″ =”806″ =”559″ />

シーズン序盤のリーグ戦では選手・環境の変化に苦しみ不調なスタートを切ったレスターですが、初めて臨んだチャンピオンズリーグでは上記のように好調なスタートをきって決勝トーナメント進出まであと一歩に迫りました。

現在、メディアでは一時期出場機会を失いかけていたわれらが日本代表の岡崎選手の必要性について認識されてきており、ここ2試合出場機会に恵まれている岡崎選手。ゴールという直接の結果以外にも評価されている点、エースのバーディー選手との関係性にふれながら現状について見なおしていきましょう。

■岡崎選手の必要性が再認識?本来のスタイルに戻りつつあるレスター

681″ src=”2016/11/rester5072397” “rester5072397″ =”853″ =”568″ />

レスターの新たな奇跡を起こすために必要なのは原点回帰かもしれません。

ムサ選手やスリマニ選手など単独としては実力はのタレントを補強したものの、その変化は必ずしもレスターに必要なものではなかったのかもしれません。

最近じりじりと出場機会を増やしてきた岡崎選手は、その献身的な前線からの守備が最注目されています。

また、名手バーディーとのコンビネーションはさすがで、前線でつぶれバーディー選手が活きる機会が上昇、本来の攻撃のシステムを取り戻したレスターは以前よりも生き生きしているように見えます。

カンテ選手移籍の影響は大きく、昨シーズンまでの武器だった守備に関しては不安が残るものの、岡崎選手の好調が今後のレスターの調子を左右することは間違いないでしょう。

かといってスリマニ選手やムサ選手が結果を出していないというわけではありません。

クラブ初のヨーロッパの舞台を戦う上でハードスケジュールを初めて体験するレスターとしてはオプションとして新たな攻撃陣の活躍は必要不可欠です。

■ライバルポルトもじりじり接近。要注意選手は?

682″ src=”2016/11/silva57” “silva57″ =”872″ =”491” />

怖いのは勝ち点7で後方からじりじり迫るポルトの存在です。ポルトガルの名門チームはポルトユース出身で現在ゴール量産中のアンドレ・シルバ選手を中心に結果勝ち点7を積み重ねています。

レスターがこのままの調子を維持すればグループステージ1位突破の可能性は高いですが、足元をすくわれる可能性もあります。

グループ1位と2位での予選突破ではトーナメント1回戦の相手が大きく変わってくるだけに、岡崎―バーディーコンビを中心に、再度奇跡を演出する為に、なんとしても1位突破を決めてほしいところです!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする