激戦のグループB!絶対王者を追い詰めたナポリは底力を見せられるか!?

現在3節を終了した、ヨーロッパNo1を決める大会、UEFAチャンピオンズリーグ。

653″ src=”2016/11/clgroup” “clgroup” =”1024″ =”929″ />

今シーズンの予選リーグは現在のところビッグサプライズは起きておらず、下馬評通りのチームの順当な試合が多い印象です。

その中でもBグループは予選随一と言ってもいいほどの混戦模様。

他グループのように超一流有名チームが圧倒的に有利という状況ではないグループです。

グループBに配置されたのはセリエA(イタリア)史上最多得点を記録し、優勝した絶対王者のユベントスを追い詰めたナポリ。

トルコの名門で、スーパースター不在も適切なポジションに能力の高い選手を配置し、有名チームとの対戦ではいつも引けを取らない戦いぶりを披露するベジクタシュ。

ポルトガルの3大有名チーム(ポルト・スポルティング)のうちの一つでほかの2チーム同様、数々の若い才能を発掘するポルトガルの雄、ベンフィカ。

「ウクライナの矢」と呼ばれた世界的ストライカー、アンドリー・シェフチェンコを輩出したウクライナの名門、ディナモ・キエフと最後まで順位のわからない拮抗したチームがあるまりました。

戦前の下馬評ではセリエA2位のナポリが頭一つ抜け出し、そのあとをベジクタシュ、ベンフィカが争い、その下にディナモ・キエフというのが一般的な序列となっていました。

■折り返し地点でまったく結果の読めない混戦模様。

3節が終了した時点で1位からナポリ(勝ち点6)、2位ベジクタシュ(勝ち点5)、3位ベンフィカ(勝ち点4)、4位ディナモ・キエフ(勝ち点1)という上位3チームの差が勝ち点わずか2という戦前の予想通りの結果となっており、実際の決勝トーナメント進出チームに関しては全く予想がつかない状況でした。

そして迎えた先日の4節でも、首位攻防戦のベシクタシュVSナポリは1-1の引き分け、さらにベンフィカは1-0でディナモキエフを退けたことで勝負の行方はさらに混戦模様、首位ナポリとベンフィカは共に勝ち点7、3位ベシクタシュは勝ち点6と1~3位までの勝ち点差はわずか1という状態になっています。

何とか首位に立っているナポリも厳しい選手事情に立たされており、まったく状況はわかりません。

■三つ巴の混戦を制するのはどのチームか!?

● ナポリ(イタリア)

662″ src=”2016/11/mertence24231″ “mertence24231″ =”784″ =”544” />

昨シーズンは好調だったものの、今シーズンは台所事情が厳しいセリエA2位のナポリ。

イグアインの穴をポーランド代表のストライカー、ミリク選手を補強し、一定の活躍をしていたことにより事なきを得たかのように思われましたが、新エース候補が早々に負傷による戦線離脱。チームはエースの第2候補探しに躍起になっています。

白羽の矢が立ったガッビアディーニ選手も思うようなパフォーマンスを見せられずリーグ戦も5位で昨季の勢いはありません。

冬の移籍市場までは新たなストライカーの獲得はできないため、現状の戦力でなんとかしなければいけません。

そんな中キーになるのは、CF以外のアタッカー人、ナポリはハムシク選手、カジェホン選手などの才能あふれるアタッカーを有しています。

特にベルギー代表のメルテンス選手は要注目、得点という形では安定した出場機会がない中、結果を出しておりその高い攻撃選手は今後のチームを救う上で間違いなくキーになるでしょう。

タレントという意味では、予選突破の第一候補のナポリ、4大リーグの意地を見せ、ココは粘りを見せ、何とか予選突破を見せてほしいところですね。

● ベンフィカ(ポルトガル)

664″ src=”2016/11/benfica913489-” “benfica913489″ =”774″ =”504” />

個人的には非常に楽しみなチームです。

決勝トーナメントに出場しても、優勝までは期待できないかもしれませんが、現在のベンフィカは有能な若手選手たちが多く在籍する非常に若いチームで国内リーグでも首位を走っています。

その中でも活躍しているのは、チーム得点王のギリシャ代表、ミトログル選手。

高い得点力は注目です。

● ベシクタシュ(トルコ)

665″ src=”2016/11/bruiyiu” “bruiyiu” =”797″ =”443″ />

トルコの名門チームで、ヨーロッパカップ戦の常連です。

毎年、トルコのチームには、才能あるテクニシャンが存在しているイメージで、注目はクアレスマ選手。

往年のサッカーファンにはおなじみの選手ですが様々なビッグクラブに所属するも圧倒的な活躍はできなかった選手です。

それでも若くから注目されたそのテクニックは33歳になっても健在。

攻撃のにアクセントを加えています。

第3節では、1位候補のナポリ相手に3点を叩き込み勝利するなど、攻撃陣がはまれば手の付けられないチーム。

十分に予選突破候補です。

大方の予想通りの結果となっている今季のチャンピオンズリーグにおいてモナコ、トッテナムなどのチームが顔をそろえるグループEと並び、大混戦のグループB。

予選突破を決めた、あるいは可能性が高いグループと違い、残りの2節を全力で戦うこのようなグループは見ていて面白いですので、ぜひ注目です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする