ヨーロッパNo1を決める熱戦が展開中。チャンピオンズリーググループAの顔ぶれは?

各国リーグ戦と並び、1年間を通してサッカーファンが大注目するのがUEFAチャンピオンズリーグです。

世界中のリーグ上位チームが、さらに予選を重ね出場しまさに名実ともにヨーロッパNo1を決める大会です。

昨年度はスペインの名門、レアル・マドリードが決勝戦で同じくスペインのアトレティコ・マドリードとのスペインダービーを制し、優勝を飾りました。

そしてあっという間に今シーズンが開幕、予選リーグもすでに3試合を経過し、すでにサプライズもいくつか起きています。

そんな予選リーグ後半戦を楽しむために、再度各グループのチームと現在までの成績についておさらいしていきましょう。

■注目は今季絶好調のアーセナル!
今回はアーセナルやPSG(パリ・サンジェルマン)などのビッグクラブが揃うグループAの紹介です。

グループAの顔ぶれは名将アーセン・ベンゲル氏の就任20年目の節目のシーズンを迎え、下馬評は低かったものの現在は国内リーグで絶好調。

優勝候補のマンチェスターシティと勝ち点で並ぶ2位につけているアーセナル。

ここ数年間のビッグマネーの投入で、世界一とも称されるDFのチアゴ・シウバをはじめ、各国のスター選手を揃えるフランスの名門パリ・サンジェルマン。

スイスの名門で現在スイスリーグを7連覇中。現在スイス代表で前回のブラジルワールドカップで大活躍したシャキリ選手を輩出し、かつては元日本代表の柿谷選手が移籍したことでも話題になったバーゼル。

残る1チームにブルガリアのPFCルドゴレツ・ラズグラトという顔ぶれになっています。

注目の予選リーグ突破候補はなんといってもアーセナルとPSGの2強になるでしょう。

621″ src=”2016/10/ozil973.jpeg” “ozil973″ =”991″ =”617″ />

アーセナルはゲームメーカとして絶対的な存在となっているドイツ代表のエジル選手を中心に、最近になってそのスピードを活かし、非常に多くのゴールに絡んでいるウォルコット選手をはじめ、チリ代表のサンチェス選手、チェンバレン選手などの豪華攻撃陣が大爆発。

開幕当初は不安視されていたCBに関しても現在リーグでの失点は想定よりも多くなく及第点といった感じです。

リーグ戦での勢いそのままに、3節を消化した現在は首位に立っており、このままの勢いで行けばグループリーグの突破は盤石ではないでしょうか。

毎回決勝リーグまでは進む安定した戦いを見せるものの、6大会連続ベスト16という結果で終わっているアーセナル。

けが人さえ出なければチームとしての勢い、仕上がりは高い今季、20年目を迎えたベンゲル監督に最高の経歴をプレゼントできるのか注目です。

■チームの変革の時期を迎えたPSG。実力通りの力を見せれば・・・

622″ src=”2016/10/kaba86” “kaba86″ =”1200″ =”800″ />

2強のうちのもう一方、パリ・サンジェルマンは現在変革の時期に立っています。

セビージャ(スペイン)を率い、ヨーロッパリーグ3連覇の偉業を成し遂げたエメリ監督を今シーズンより迎え、昨シーズン以上の成績を目指します。

注目はチームに訪れた変化にどのように対応していけるかでしょう。

チームの貴重な得点源として活躍した世界的ストライカーのイブラヒモビッチ選手、多少のミスはあるもののチアゴ・シウバ選手とともに守備陣を構成していたダビド・ルイス選手が移籍。

ラビオ選手らの若手と、ベテランの融合を目指すチームの変化はやはりチームの成績に若干の影響を及ぼし、圧倒的首位を走って国内リーグを4連覇したチームは現在リーグ・アン(フランス)3位とやや調子が出ていない様子。

チャンピオンズリーグではアーセナルとの引き分け以来の2戦は取りこぼしなく勝利し、アーセナルと同じ勝ち点7で2位につけています。

キーとなるのはイブラヒモビッチなき今、エースストライカーとして得点源の活躍が期待されるウルグアイ代表のカバーニ選手。

現在のところリーグ戦9試合で9得点、チャンピオンズリーグでは3試合で4ゴール1アシストとエースとしての役割は十分に果たせています。

この調子を引き続き維持し、大事な局面でミスなくゴールできることが悲願の優勝の為には絶対不可欠な要素です。(難しいゴールを決め、簡単なゴールを外すことで有名ですから・・・)

■ジャイアントキリングの可能性は・・・?

623″ src=”2016/10/bae76239” “bae76239″ =”1006″ =”635” />

残念ながら残り3試合で勝ち点6の差があるバーゼルとルドゴレツの逆転突破は難しいでしょう。

順当すぎる試合結果で進んでいるAグループ。

とはいえ、上位2チームの1位突破と2位突破争いに関わってくるのは間違いないでしょう。

スイスの名門としてチャンピオンズリーグ常連組のバーゼル、13-14シーズンのヨーロッパリーグでラツィオを破り、毎シーズンのようにヨーロッパの舞台を経験しだしたルドゴレツ。

格下とはいえ、上位2チームはこの2チームとの試合を絶対に落とすことはできません。

個人的には最終的に直接対決の結果が予選1、2を決定づける試合になれば面白いなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする