昨年の因縁再び、2強の激しい争いが楽しみなグループD!

強豪ひしめくヨーロッパの頂点を決めるチャンピオンズリーグ。

各グループ折り返し地点の3節を経過しました。

今年のチャンピオンズリーグは今のところ大きな番狂わせはなく進んでいますが、4~6節では毎年ドラマが起きるもの。

少なくとも1チームぐらいは意外なチームが決勝トーナメントに進出するものです。

今回の紹介するDグループはいわば2強のチーム同士が激しい首位争いを展開しています。

592″ src=”2016/10/clgroup” “clgroup” =”1024″ =”929″ />

グループDの顔ぶれは以下の通り、前年度チャンピオンズリーグに決勝に出場した準優勝チームのアトレティコ・マドリード、ドイツ、ブンデスリーガ4連覇中の絶対王者バイエルン・ミュンヘン、アヤックスと並ぶオランダの強豪PSVアイントホーフェン、そして予選プレイオフを勝ち抜いたベラルーシのクラブ、ロストフというラインナップです。

注目はなんといってもこのグループの絶対的2強、バイエルンとアトレティコマドリードの対決でしょう。

昨年のチャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント準決勝で顔を合わせた2チーム。

結果、軍配はアトレティコに挙がりましたが、どちらが勝利してもおかしくない状態でした。

早くも今シーズンの予選レグで顔を合わせた因縁の2チーム、順当に行けばこの2クラブの決勝トーナメントへの進出は堅いですが、どちらの方が高い順位で予選を抜けるのか?ということについても注目です。

■ 「カリスマ」シメオネ監督のもと、強固な守備で3回目の正直に挑むアトレティコ(スペイン/リーガエスパニョーラ)

253″ src=”2016/08/2360234_w2″ “atre2″ =”866″ =”487″ />

バルセロナ、レアルマドリードの2強争いが通常のスペインリーグにおいて、その2強に食い込むチームにここ数シーズンに成長させたディエゴ・シメオネ監督のもと、3シーズンで2回の決勝に進出しました。

エースのグリーズマンは今シーズンも好調を維持しており、昨シーズンの準決勝でし烈な戦いを繰り広げたバイエルンを相手に、初戦は勝利しており、危なげない戦いでグループ首位をキープしています。

アトレティコマドリードの一番の特徴は、スペインの名門2チームが圧倒的な攻撃力を発揮するチームなのに対し、組織された犬種が特徴です。

ウルグアイ代表のキャプテン、ゴディン選手を中心とした、堅守で守り抜き、フェルナンドトーレスやグリーズマンなどスピードあふれる攻撃陣へカウンター攻撃をつなぎます。

147″ src=”2016/08/greezman1.jpeg” “greezman1″ =”864″ =”539″ />

堅守のチームが世界で通用することは前年度のCLで撃破したバイエルンをはじめ、バルサやPSVなどの相手を次々と撃破したことから、証明されています。

また今シーズンはシメオネ監督悲願のチャンピオンズリーグ制覇のために、チーム戦力はほとんど落とさず、昨年と同じメンバーで臨んでいることからも、今シーズンも優勝争いを繰り広げることが期待できるでしょう。

■ 絶対王者の名を背負い、王者奪還に燃えるバイエルン・ミュンヘン(ドイツ/ブンデスリーガ)

594″ src=”2016/10/baie232” “baie232″ =”790″ =”548″ />

昨シーズンは準決勝でアトレティコマドリードに敗れた、ドイツの絶対王者です。

今シーズンは、少し足踏みもあったものの、ブンデスリーガで首位を走り、5連覇に向けて順調なスタートを切っています。

特に今シーズンはインサイドハーフ(攻撃的なサイド)のドウグラスコスタ選手、キミッヒ選手などが大爆発中。

596″ src=”2016/10/kimihhi2983” “kimihhi2983″ =”835″ =”470” />

エースストライカーとしてトップに張るレバンドフスキ選手も好調で安定した戦力は相変わらずです。

昨年のリベンジを果たすために挑んだアトレティコ戦では、昨年に続き敗退してしまいましたが、残り2試合については取りこぼしなくしっかりとものにしています。

折り返し後のアトレティコとの再戦で再リベンジに燃えるバイエルン。決勝トーナメントへの行方も気になりますが、もう1回アトレティコと対戦する試合が非常に楽しみです。

■ 番狂わせを演出できるか?CL常連組の名門、PSVアイントフォーヘン(オランダ/エールディビジ)

595″ src=”2016/10/psv358″ “psv358″ =”980″ =”500” />

2強のチーム同士が因縁の対決と注目されていますが、実はオランダの雄、PSVアイントフォーヘンも昨シーズンのチャンピオンズリーグで、アトレティコに決勝トーナメントで敗れたチーム、雪辱を誓っています。

昨シーズンに比べ厳しい予選リーグに入ってしまったことは間違いありませんが、チャンピオンズリーグ常連の名のもとに、番狂わせを起こせるか注目です。

■ 歴史的勝利をつかみ、爪痕を残したいロストフ(ベラルーシ)

現状を考えるとロストフのリーグ突破はほぼノーチャンスといってもいいでしょう。

しかし、今季初のチャンピオンズリーグ進出を果たしたロストフ、不気味に歴史的な初勝利を狙っています。

前半戦は直接対決を制したアトレティコが順調に3勝を挙げ首位に、バイエルンもアトレティコ戦以外は取りこぼしなしの2位での折り返しとなったグループD。

PSV、ロストフには厳しい戦いになるとは思いますが、特にロストフにはぜひ勝利を挙げてもらいたいものですね。

まずは次回の直接対決で、バイエルンがリベンジなるか!?注目していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする