今季ブンデスで可能性を示した日本の新世代。原口元気選手とは

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■最終予選で大活躍。クラブでも存在感を見せる日本人選手

来年開催されるロシアワールドカップに向けて奮闘する日本代表。最終予選では苦戦しながらもなんとか首位に立ち、負けられない戦いが今後も続きます。そんな中長らく固定メンバーで戦っていた代表メンバーに少しずつ変化が出てきました。

一つはゴールゲッターとしての役割を果たす1トップ争い。今シーズンはドイツのケルンで大活躍の大迫選手が調子を維持し、代表戦でもゴール。定位置を確保したといってもいい状況になっています。同様に特に今季、代表・クラブともに大きな成長を見せた選手の一人が左サイドハーフを代表の主戦場として戦うドイツのヘルタ・ベルリンに所属する原口元気選手でしょう。

1094″ src=”05/genki898″ “genki898″ =”904″ =”600” />

ドイツで過ごす3年目、こつこつと結果を残してきた原口選手は今シーズン、ヘルタの中心選手として今までにない安定した出場機会を得ています。同様に代表でも高いパフォーマンスを見せ、激戦区の左サイドでの原口選手の活躍は今後の日本代表の命運を握っているといっても過言ではありません。今回はそんな原口選手の経歴やプレースタイルを中心に選手紹介していきます。

■原口元気選手のプロフィール

まずは原口選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・フルネーム:原口 元気

・生年月日1991年5月9日(26歳)

・身長/体重:178㎝/68kg

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・出身地:埼玉県熊谷市

・主なポジション:FW(WG、ST)、MF(SH、OH)

・現在所属チーム:ヘルタ・ベルリン(ドイツ)

・所属チーム背番号:24

・主な所属歴:浦和レッズ⇒ヘルタ・ベルリン

・代表歴:U16~U23日本代表、日本代表

■原口選手の特徴とプレースタイル

原口選手のプレースタイルを語る上で最も武器としているのはドリブル能力でしょう。

サイドからのカットインや縦に強引に抜けりドリブルなど、強引にも見える場面でも強気に仕掛けることでDFにとっては怖いドリブラーです。またトップ下の経験が長いことから、パス能力にも優れており、前線に鋭く正確なアシストを行うことも得意です。

近年はサイドでのプレーが多いこともあり、そのパス能力の高さを活かし正確なクロスを送ることも特徴になっており、特に代表戦では得点以外にも原口選手の性格なクロスから得点やチャンスが生まれるシーンがたびたび見られました。

また、原口選手は非常に献身的な守備を行うこともでき、前線での仕事のみならずフリーランを惜しまず最終ラインまで守備に戻ってくるなど豊富なスタミナを持っています。所属クラブでの得点は31試合に出場し、1得点と原口選手にとっては決して満足のいく結果とはいえなかったものの、ライバルの中で安定した出場機会を得ることができたのはこの攻撃・守備の献身性が評価されたものといえます。

プレッシングをさぼることを許さない現代サッカー、特にドイツのサッカーでは日本人の献身的な動きがたびたび評価されますが、スタミナの面に秀でていることは他の選手たちに比べて原口選手の大きなセールスポイントといってもいいでしょう。

クラブではなかなか得点を決めることができていませんが、代表での最終予選では得点力としてもチームに貢献しています。

原口選手は代表戦で4戦連続ゴールし、得点力として十分通用することをハリルホジッチ監督にアピールし、以降最終予選ではレギュラーとしての地位をほぼ確保している状態になっています。Jリーグに所属していた浦和時代にも2ケタ得点を記録するなど、MFとしてのチャンスメイク能力、得点能力の高い選手であることがうかがえます。

■原口選手の経歴

中学時代からJリーグのビッグクラブ、浦和レッズの育成機関に所属し、ユース在籍時はバイエルンから練習のオファーを受けるなど将来有望なプレーヤーとして期待されていた原口選手。

17歳でのプロ契約(クラブ史上最年少記録)を結ぶと、さらに17歳で出場した名古屋線ではクラブ最年少得点記録を樹立、スタメンに定着したあとは名門ならではの激しいポジションを制しトップ下のキープレイヤーとして定着し、チームの得点源として活躍しました。

その活躍が認められ、2014年に現在所属するドイツのヘルタ・ベルリンに移籍。2014シーズン、2015シーズンは粘り強くプレーを続け徐々に監督の信頼を得ると昨シーズン後半から定位置を左サイドに確保。今シーズンもカルー選手やイビシェビッチ選手など名選手とともに攻撃陣と中盤の守備を走り回りました。現監督のダルダイ監督も原口選手を重要な選手の一員として認めているようです。

■原口選手の性格・名言・家族など

原口選手の性格として知られるのがその気性の荒さで、若さゆえに何度か問題を起こしているいわばお騒がせな部分もあります。特にニュースになったのは浦和の在籍時代にチームメイトとけんかになった原口選手は相手の肩を蹴ってしまい骨折させてしまうという事件を起こしてしまいました。(クラブから謹慎処分が下されています。)

また選手起用や交代に対して不満をあらわにすることもあり、若さゆえ何度かクラブから制裁を受ける形になってしまいました。

逆に言えば熱い男ですが、いまや26歳で世界のブンデスリーガを経験し現在は以前より落ち着きを持っているようにも見えます。

またプライベートではタレントの香屋ルリ子さんと結婚し、幸せな家庭を気づいているようでTV放送などでそのプライベートの充実も放送されていました。

■原口選手の現在の最新情報、現在の評価

1095″ src=”05/genki8094″ “genki8094″ =”600″ =”416” />

シーズン序盤は上位争いに絡み、旋風を起こしたチームの一つとなったヘルタ。原口選手もその躍進に大きく貢献しました少し失速したシーズン後半戦は所属チームで安定したポジションを獲得したとはいえませんが出場試合数からみるとチームの中核を担う選手として監督に役割を与えられているといっても過言ではないでしょう。

しかし、原口選手をずっと見てきたダルダイ監督いわく「入れ込みすぎ」な部分もあり得点という意味で満足のいく結果を残したとは言い切れません。
ヘルタは前節、降格の決まったダルムシュタットとの一戦で2-0と快勝。現在6位につけ、ヨーロッパリーグ出場争いをしているチームの中で頭一つ抜け出した状況になっています。

昨シーズンはヨーロッパリーグの予選第3ラウンドでブレンビーを相手にヨーロッパリーグへに出場はかなわなかっただけに、今年にかける思いはチームとして大きいでしょう。同じ日本人として最終節はぜひ原口選手の活躍を見たいですね。

今後の課題は今シーズン物足りなかった得点力を回復できるかがカギになります。チームとしても得点数が少ないことが問題になっていますし、原口選手のゴール数が増えチームに貢献ができればチーム内での評価はさらに上昇し定位置を完全に確保できる可能性は高いです。

来シーズンさらに精度の高いプレーでスタメンに定着し、ヨーロッパの舞台で戦う原口選手は旋風をおこしさらなる価値向上ができるのか?今後の動向に非常に注目されますね。

また日本代表での活躍も期待したいところです。中盤に多くの優秀な選手を抱える日本代表において原口選手のポジションを狙う選手は同じくドイツでプレーする宇佐美選手など多く激戦区になります。

代表監督のハリルホジッチは所属チームでのプレイにこだわりを持つ監督なので、ヘルタでの出場機会を維持しつつ、日本代表を予選突破、ロシアワールドカップへ導くための活躍を期待せずにはいられませんね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする