攻撃陣が爆発!?ドルトムントがバイエルン狩りに向け順調な滑り出し。

●香川選手危うし!?背骨を失った新生ドルトムントが魅力的サッカーを展開中

昨季単騎バイエルンを追いかけた香川選手の所属するドルトムント。

131″ src=”2016/08/dort2″ “dort2″ =”820″ =”461″ />

シーズン開幕当初はチームの背骨となる3名の選手、フンメルス選手、ギュンドアン選手、ムヒタリアン選手を失いバイエルンの1強がいよいよ濃厚になりそうだったブンデスリーガだったものの始まってみれば2節で昇格組のライプツィヒに1-0で敗北したものの、その他4戦をしっかりと勝利で飾り実力通りの2位につけています。

特に今シーズンは複数得点での勝利が多く、トゥヘル監督が行ったマイナーチェンジは現在のところ好調に働いており、魅力的なサッカーを展開しています。

また主力3選手を補うために獲得した選手たちが活躍を見せており、今年こそはもしかしたらもしかすると王者バイエルンの牙城を崩せるのではないかという期待感さえ漂っています。

日本人としては香川選手のライバルたちが活躍するのは少し悔しい気もしますが、今回はそんな魅力的な攻撃陣で現在輝きを放っている4選手を紹介します。

●良いお買い物!?好調のキーポイント。ワイドを切り裂くデンベレ選手。

495″ src=”2016/09/99b581513b93fc10d3f86cb12fd6362c” “demberet” =”864″ =”462″ />

今シーズンのトゥヘル監督の行ったマイナーチェンジの特徴はこのワイドハーフの活躍でしょう。

今回はトルコ代表のエムレ・モル選手やドイツ代表のシュールレ選手など昨シーズンよりもサイドを活かした戦術がフィットしています。

そんな中一番の活躍を見せているのが今夏フランスのレンヌから加入した若干19歳のデンベレ選手。

この選手の特徴はなんといってもそのスピードとドリブル突破。

精力的にワイドから攻撃を仕掛け、中央に控えるエースストライカーのオーバメヤン選手とのコンビネーションも抜群です。

まだ19歳と若く、今後の活躍次第ではさらなるビッグクラブへの移籍も予想される大型新人です。

●絶対的エース、オバメヤン選手

496″ src=”2016/09/obame33″ “obame33″ =”812″ =”563” />

多くの選手が加入した中でも、絶対的エースストライカーとして君臨するオーバメヤン選手。

その柔軟なフィジカルとスピード、またテクニックにも優れており今季も現在チームトップスコア、調子を維持できれば得点王争いにも加わってくるでしょう。

今夏はスペインのバルセロナへの移籍も噂されましたが、チームとしてはうれしい残留となりました。

昨シーズンに比べワイドからの攻撃力が上がったドルトムントにおいてはこの選手がより活きる環境になったことから今後の活躍が期待されます。

●帰ってきた元エース。輝きを取り戻しつつあるゲッツェ選手。

133″ src=”2016/08/dort3.jpeg” “dort3″ =”786″ =”524” />

今季ライバルチームのバイエルンから古巣復帰となったゲッツェ選手。

バイエルンでは思ったような活躍はできなかったものの、ブラジルワールドカップでは決勝戦で値千金のゴールを決めるなど、選手としてのポテンシャルの高さは疑いようはありません。

加入当初はオーバーウェイトも噂され、いきなりレギュラーの定着はかないませんでしたが、最近では復帰後初ゴールや5節のフライブルグ戦でも一定の仕事をこなし、コンディションは戻ってきた印象です。

●中盤に安定感をもたらし、評価はうなぎのぼり!ゲレイロ選手。

497″ src=”2016/09/gereiro” “gereiro” =”800″ =”600″ />

この選手もフランスのロリアンから今季加入のポルトガル代表選手です。

本来はサイドバックの選手ですが、ユーティリティが高く、今シーズンはトゥヘル監督からインサイドハーフの位置でプレーし、中盤に安定感と存在感をもたらしています。

トゥヘル監督からの評価も非常に高く、高い守備力と貢献的なプレーを見せています。

攻撃センスも非常に高く、ゴールやアシストを産んでいます。

特にキックの精度は光るものがあり、インサイドハーフでは展開力のあるプレーで攻撃の起点になっています。

ゲレイロ選手もまだ22歳と若く、今後のビッグクラブの移籍の可能性もありますね。

●今後の香川選手の活躍に期待!!

このような素晴らしい攻撃的なタレントたちとライバル関係にある香川選手。

さらに若手のプリシッチ選手やロイス選手など強力なメンバーを多くそろえるドルトムントにおいてはゴールへの貢献が重要になってきそうです。

日本代表では低調なパフォーマンスに終わっている香川選手ですが、ほかの選手とタイプが違う選手です。

ゴールやアシストで活躍することで違いを見せ、ぜひ香川選手がレギュラーのドルトムントのブンデス制覇が見たいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする