日本人選手の活躍に期待!?CLベスト16組み合わせが決定!注目はレスターVSセビージャ

グループステージが終了し、いよいよ欧州最強を決める16のチームが決定したUEFAチャンピオンズリーグ(以下CL)。

806″ src=”2016/12/kumiawase.png” “kumiawase” =”804″ =”577″ />

昨日注目の16強の組み合わせが決定し、アーセナル対バイエルンやバルセロナ対PSGなど注目のビッグカードが発表されています。

前回はこの2つの好カードについて紹介しました。

今回のCLには注目ポイントがもう1つあります。

それは日本人選手が所属する各チームの動向でしょう。

香川真司選手が所属するドイツのドルトムント、岡崎選手が所属するイングランドのレスターシティが1位で通過。

810″ src=”2016/12/6428.png” “6428” =”809″ =”530″ />

そして清武選手が所属するセビージャがグループ2位でそれぞれ予選リーグに通過し、3人の日本人全てが決勝トーナメントに進出する見所ある大会になりました。

今回と次回はその3人が所属するチームの近況と組み合わせについて紹介していきたいと思います。

■決勝トーナメントで顔を合わせることはあるのか!?日本人対決のレスターVSセビージャ

387″ src=”2016/08/2016-08-21-sevilla-hiroshi-kiyotake_849g98hkiz5h107k9bpo7ruww” “kiyo4″ =”807″ =”560″ />

まず日本人の動向として最注目の1戦はセビージャとレスターの清武VS岡崎対決でしょう。

昨年奇跡のプレミアリーグ制覇を果たしたミラクルチーム、レスターは今シーズン守備の中核を担っていたカンテ選手の移籍と、攻撃陣の選手のめまぐるしい変化によりリーグ戦では現
在14位につけ、シーズン序盤ではありますが降格圏とさほどポイントの差は無く争っている状況です。

不調の一端を背負っていたのは昨シーズン獅子奮迅の活躍でプレミアリーグ2位の得点を荒稼ぎしブレイクしたバーディー選手の不調でしょう。

今季リーグ戦14試合でわずか2得点と指揮官、ファンの期待に応えられない日々が続いていました。

しかしプレミアリーグ第15節でついにバーディー選手はエースとしての大仕事をやってのけます。

811″ src=”2016/12/bard0808” “bard0808″ =”818″ =”529″ />

グアルディオラ監督率いるスター軍団、マンチェスター・シティを相手に3得点のハットトリックを決めてのけ、今シーズンのプレミアのハイライトになるであろジャイアントキリングを演出しました。

わずか1試合の大活躍とはいえ、ストライカーにとって「勢い」や「得点感覚」は非常に重要なもの。

これまでにも不調にあえいだストライカーが1試合の活躍でスランプを抜け出したという話はざらにあります。

今節の大活躍を経て、シーズン後半は大爆発する可能性もあるバーディー選手の巻き返しに期待ですね。

また攻撃的な新戦力の大量投入により、シーズン序盤はなかなか出場機会が獲得できずに苦難の日々を過ごしていた岡崎選手も最近ではメディアやファンから必要性が叫ばれており、献身的な守備や味方選手を活かす動きはやはりレスターのオンリーワンといえます。

得点という結果も徐々についてきた岡崎選手は出場時間も増えてきています。

決勝トーナメントでも出場出来れば、好調への糸口を見つけたバーディー選手の最高の相棒になるでしょう。

不調のリーグ戦とは対照的にチャンピオンズリーグでは絶好調で組み合わせに恵まれたとはいえ、グループステージ3連勝の大躍進。

最短での決勝トーナメント進出とはいきませんでしたが、最終節を待たず5節で決勝トーナメント進出を決めまたもや世界にサプライズを起こして見せました。

そんな上り調子のレスターと対戦するのは清武選手の所属するスペインの強豪セビージャ。

今季はチリ代表の躍進を演出したサンパオリ監督を招集し、大量の中盤の名手達を補強しました。

シーズンもマンチェスターシティから加入した元フランス代表のナスリ選手の活躍による攻撃的なサッカーでスペインリーグにおいてまずまずの3位につけています。

途中チームの軸となるナスリ選手の負傷で心配されたセビージャでしたが、優秀な中盤を多くそろえるセビージャは大きく調子を崩さず、勢いを維持しています。

そんなチームの厚い中盤の選手層の中でなかなか出場機会を獲得できていないのが清武選手の現状です。

812″ src=”2016/12/kiyotake79.jpeg” “kiyotake79″ =”800″ =”400” />

大事な決勝トーナメントの初戦ではスターティングメンバーに名を連ねるのは非常に難しいと思われますが、主力の温存にかかる可能性もあるリーグ戦での出場の可能性は上がることから何とかリーグ戦でパフォーマンスを出し続け、夢のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントへの出場を果たしてほしいところです。

「決勝トーナメントで当たるとしたらどのチームがいいか?」

という問いかけにスペインのすべてのクラブが「レスター」と答えたといいます。

確かに先週までは対戦チームとして最も可能性がある「あたり」だったのかもしれません。

しかし、シティを破り眠れるエースが覚醒したレスターは決して侮ってはいけない相手でしょう。

レスターにとってもグループ2位で通過したPSG、バイエルン、レアル・マドリードと当たるよりは(シティは同国リーグの所属の為あたることはない)運がいい組み合わせといっていいでしょう。

決して圧倒的とはいえないセビージャはきっちりと足元を見て臨むことが重要です。

レスターが再び奇跡を起こすことができるのか、要注目ですね。

さらに岡崎選手、清武選手の日本人選手の活躍があれば最高ですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする