失速の予感のマンチェスターのシティ。名将の巻き返しは!?

失速しだしたマンチェスターの2つのビッグクラブ。名将の巻き返しは!?

162″ src=”2016/08/pepp2″ “pepp2″ =”748″ =”421″ />

イングランドプレミアリーグはスタートダッシュ期間の7節が終了。

シーズン開始前の2人の就任と大規模な選手補強で話題となったマンチェスターの2クラブのユナイテッドとシティ。

両チームともスタートダッシュの滑り出しは良かったもののシティはここにきて主力の怪我と初の敗戦。

名将モウリーニョ監督擁するユナイテッドに至っては連敗や勝ちきれない試合が出てきだしました。

今回はこの2つの注目チームのスタートダッシュと今後の展望について触れていきます。

■魅力的なサッカーで連勝を重ねたものの、主力のけがでやや不安になってきたペップのシティ。

今シーズンの開幕はスペイン代表のノリート選手や、ドイツ代表に復帰したギュンドアン選手など適切なポジションへの補強に成功した「ペップ」グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ。

今シーズンの滑り出しはまさに最高のものといっても過言ではなかったでしょう。

同時並行で行われるヨーロッパNo1を決めるチャンピオンズリーグの予選を消化しながら、バルセロナさながらのパスサッカーと圧倒的なポゼッションの戦術で連勝街道をまっしぐらだったシティ。

またそれと相まって、アルゼンチン代表のアグエロ選手をはじめとする世界トップクラスの選手たちがより実力を発揮しやすい環境になっていました。

特に目立ったのはベルギー代表のデ・ブライネ選手とイングランド代表のスターリング選手。

518″ src=”2016/10/deburaiE” “deburaie” =”617″ =”433″ /> 519″ src=”2016/10/staring1″ “staring1″ =”620″ =”430” />

デブライネ選手は中盤~攻撃の要としてパスサッカーの中心に配置され、また献身的な前線からの守備でも貢献。

今シーズンのパフォーマンスはまさに最高といった様相で様々な得点シーンに絡んできました。

もう一人の立役者、スターリング選手は持ち前のスピードとドリブル技術をふんだんに活かし、サイドからの攻撃を活性化。

相手のチームに恐怖感さえ与える驚異的なパフォーマンスをシーズン序盤からいかんなく発揮していました。

当然のことながら、このような結果、内容の伴ったサッカーを展開していたシティは今シーズンのダントツの優勝候補となっています。

しかし、そんなシティにアクシデント発生しました。

要のデブライネ選手、スターリング選手が相次いで負傷し、カップ戦を含む10連勝はチャンピオンズリーグ予選のセルティック戦でストップ。

その後現在絶好調のトッテナムにリーグ戦で今シーズン初の負けを喫しています。

このタイミングでいったん流れを変えるためにインターナショナルウィークに入ったことはチームの悪い流れを変えるためにいいことなのかもしれませんが、代表招集は同時にさらなるけが人やコンディションを落とすリスクもある期間です。

多くの代表選手を抱えるシティにとってはどのように転ぶか、好調のアーセナルとトットナムが近づいていることを考えると今後の展開がいよいよわからなくなってきました。

デブライネ選手、スターリング選手の負傷の穴を埋めるキーマンとして重要となるのはともにシティの将来を背負う可能性の高い期待の若手2人、今シーズンシャルケから移籍したリロイ・サネ選手とナイジェリア人FWのイヘア・ナチョ選手でしょう。

サネ選手もスターリング選手同様、ドリブルテクニックとスピードを併せ持っており、サイドから相手に恐怖感を与えることは十分に可能な選手です。

現状では何試合かに出場していますが、戦術にはまだまだフィットしておらず孤立するシーンが目立つ印象です。今後もっとチームにフィットしてくれば、ハードスケジュールをこなすシティにとって大きな武器になるのではないでしょうか。

またナチョ選手は若くして試合出場時間に対しての得点率ではアグエロ選手を上回る実力者でストライカー的なポジション、サイドの両方で活躍できる選手です。

新加入のノリート選手やギュンドアン選手などユーティリティのある選手をそろえる選手層抜群のシティ。

好調を維持しダントツの優勝をするためにはデブライネ選手やスターリング選手の穴を埋められる選手の登場が必須になりそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする