「個 対 組織」 オリンピック決勝に見た名勝負。ブラジル悲願の優勝。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●一個人的サッカーファンとしては見どころの少なかったオリンピック

382″ src=”2016/08/m_sponichi-spngoo-20160811-0112″ “tegu1″ =”765″ =”508” />

毎日のようにテレビやラジオで話題を聞かないことのないリオデジャネイロオリンピック。

特に今年は日本人選手の活躍が目覚ましく連日のメダルラッシュが続く日本は異常なほどの盛り上がりを見せています。

われらがサッカー日本代表は残念ながら予選リーグ敗退となってしまいましたが、第1戦の守備陣の崩壊はともかくとして特に攻撃陣のタレント達に将来を感じ、結果以上の経験や成果を残した大会だったのではないかと思います。

そんなサッカー競技、ついに勝ち抜いた2チームの決勝戦が開催され、PK戦にもつれる死闘の末、開催国ブラジルが悲願の金メダルを獲得しました。

ネイマール選手の試合を決めるPKを決めた後の涙はとても印象的で選手たちにはとんでもない国民からの重圧がかかっていたことが容易に予測できるものでした。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

さて、今回の大会に絞って全体を見渡すと、正直に見せ場の少なかった大会と個人的には思いました。

まずはレギュレーションにより、オリンピック代表には選手を連れてくる強制力はなく、クラブ側は拒否できること。

これにより各国23歳以下の豊富なタレントをもつ国であっても、実質には2軍、3軍といった陣容で戦わなければいけなかったため、アルゼンチンをはじめとした多くの国が戦力を落として戦っていました。

クラブとしては強制力がなければよほど売り出し中の選手をオリンピックに送り出すことを拒否することは至極当然なことと思われます。

問題は出たくても出られない選手がいるということ、若手の台頭で今大会はその傾向が強かったような気がします。

●オリンピック史に残る名勝負?決勝戦 ブラジル対ドイツ

そんな大会の中決勝に残った2チームは明確に「タレントを揃えた」2チームが残りました。

ブラジルは開催国である意地と何よりここ最近の2つのビッグイベント、自国開催のFIFAワールドカップと、100周年記念で行われたコパアメリカ・センテナリオという2つの大会でサッカー王国らしからぬ敗退を見せました。

特にワールドカップではドイツ代表に1-7という歴史的大敗を喫し、ブラジル国民を失望させました。

そのために今回はネイマール選手やレナト・アウグスト選手をオーバーエイジでそろえる本気度を見せ、U-23枠もマンチェスター・シティに移籍が決まったジェズス選手や、期待の星、ガブリエル・バルボサ選手などタレントをそろえてきました。

対するドイツも決してベストではないものの、ドイツ代表のベンダー兄弟をオーバーエイジに、

また若手実力No1のマックス・マイヤー選手をメンバーに迎えることができ、はっきりと戦い方を示すメンバーになりました。

またFWにアーセナルのニャブリ選手はゴールを量産し、怖い存在となります。

●試合はまさに「個 対 組織」、ネイマールで始まり、ネイマールで終わった試合

試合はブラジルのペースでした。

まずは前半にネイマール選手が芸術的なフリーキックを叩き込み1-0とします。

ブラジルのタイプは個人技とパスサッカーで華麗な攻撃を続けていきます。

対するドイツは組織的なサッカー、特にベンダー兄弟、マイヤー選手が共演する中盤はハードワークとプレスで非常に安定したものでブラジルは攻めているものの中盤がうまく機能できず追加点を得られません。

粘りのサッカーに決したドイツは少ないチャンスをものにします。

後半14分にドイツのエース、マイヤー選手が得点し、試合をフラットに戻します。

その後もドイツは変わらず粘り抜き、PK戦にもつれ込みますが4人目、ペーターゼン選手がPK失敗。

迎えた最後のPKキッカーは、ブラジルのキャプテン、ネイマール。

特大のプレッシャーを全身に浴びながらも最後はネイマール選手らしい落ち着いたPKをきっちりと沈めブラジルの金メダルが確定。

重圧から解き放たれたネイマール選手はその場で泣き崩れた姿は印象的で私も涙が出そうになりました。

戦力が落ちたチームや実力のあるチームが出場できなかったオリンピック。

凡戦が多い中、ここまでお互いの持ち味をはっきりと活かしたハードな名勝負を決勝でみられるとは思っていませんでした。

ひとまず、2つの大会の挫折から、重圧を一心に背負い結果を出したネイマール選手とサッカー王国、自分たちのスタイルを出しながら王国に最後まで勝ち点を与えない、ドイツらしいサッカーを最後まで集中力を切らさずに遂行したドイツ代表に拍手を送りたいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする