バッジョの再来!?新世代のファンタジスタ、ベルナルデスキ選手とは?

■将来のイタリア代表を背負うファンタジスタ

昨シーズンのセリエAは若手選手の台頭が多く、トリノに所属するベロッティ選手が得点王争いに加わり今夏の移籍市場の注目株になるなど話題になりました。

そんな話題の若手の中でも実力が認められている選手といえば、昨シーズンはフィオレンティーナでプレーし10番を背負い、今シーズンから同国の絶対王者、ユベントスへステップアップを果たしたベルナルデスキ選手もイタリアを代表する若手の一人でしょう。

ベルナルデスキ選手はその左足を武器に多くのゴールやチャンスに関与し、チームに貢献しました。

次回のロシア・そしてその次に決まっているカタールワールドカップではイタリア代表の中心としてプレーしている可能性が非常に高い選手です。

今回はそんなイタリア代表の期待の星。ロベルト・バッジョ選手の後継者とも呼ばれるベルナルデスキ選手についてその経歴やプレースタイル、市場価値やプライベートなどに注目してご紹介していきたいと思います。

■ベルナルデスキ選手のプロフィール

まずはベルナルデスキ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきましょう。

1657″ src=”ber327892″ “ber327892″ =”800″ =”533” />

・名前:フェデリコ・ベルナルデスキ

・国籍:イタリア

・出身地:カッラーラ

・生年月日:1994年2月16日(23歳)

・身長/体重:185㎝/77㎏

・利き足:左足

・ポジション:FW、MF

・出身ユース:フィオレンティーナ(イタリア)

・現所属チーム:ユヴェントスFC(イタリア)

・背番号:33

・所属歴:クロトーネ(イタリア)→クロトーネ(イタリア)→ユヴェントス

・代表歴:イタリアU-18~U21代表、イタリア代表

・主な獲得タイトル:UEFA U-21選手権 ベストイレブン(2017)

■ベルナルデスキ選手の経歴

ベルナルデスキ選手は2003年、10歳で地元フィオレンティーナの下部組織に入団。入団の際は練習場までの距離もあり、親からの反対を受けたそうですがステファノさんというスカウトが説得したそうです。

その後10年以上をフィオレンティーナの下部組織で過ごしたベルナルデスキはプリマヴェーラ(下部組織)から10番を背負いチームをけん引、得点王を獲得するなど素晴らしい成績を収めました。

今となってはイタリアを担う若手として有名な選手になったベルナルデスキ選手ですがトップチームでの定着は意外と遅く、まずは出場機会を求めセリエBのブレシアへレンタル移籍しそこで安定したプレーの機会を獲得。

セリエBでは12得点、7アシストという実績を残し、活躍したベルナルデスキ選手には買い取りオプションがありましたが、この活躍を受けフィオレンティーナがレンタルバックを行使し2014‐15シーズンついにトップチームに定着しチームの中心に成長していきます。

2015‐16シーズンにはかつてのチームのレジェンド、ロベルト・バッジョが背負っていた10番を継承。

昨シーズンも素晴らしい活躍を見せ、11ゴールと高い実績を見せます。

そして迎えた今シーズン、かつての10番だったロベルト・バッジョ選手と同じく同じ国内の絶対王者、ユベントスへの移籍を発表。当初はユベントスでも背番号10を背負うのではないかと噂されていましたが結果は33番を背負ってプレーすることに。

「10番を背負うにふさわしい選手になる」ために、イタリア期待の若手はユベントスで挑戦のシーズンを迎えることになりました。

■ベルナルデスキ選手のプレースタイル

その経歴の一致からかつての名プレイヤー、ロベルト・バッジョ選手と重ねられることが多いベルナルデスキ選手ですが、プレースタイルについてはバッジョ選手とは異なったものを持っています。

ベルナルデスキの最大の武器はその高い精度を誇る左足から放たれる強烈なシュートです。

そのキック力はフリーキックの部分でも威力を誇ります。

中央トップ下、そしてサイドでのプレーと攻撃的なポジションであれば自身も語るようにあらゆる役目を果たすことができるタイプの選手で、サイドのポジションであれば主に右サイドでカットイン(中に切れ込むようなドリブル)してから強烈なシュートを放ちます。

中央の位置から離れた場面からのシュートも見られしかもそのシュートは非常に正確。フィオレンティーナ時代は何度もそのキックでチームを救ってきただけにユベントスでもこのような思い切りのいいプレーが期待されます。

・ボールテクニックの高さ

またベルナルデスキ選手はキック精度同様、柔らかく高いテクニックを持つ左足を駆使したボールキープやドリブル突破も得意としており、前述したカットインの技術や、中央でプレーするときは前線へのパスのタイミングをはかるためのボールキープしかり、中央を強引に突破するドリブルで自らチャンスを演出することもしばしば見られます。

そのテクニックの高さ故、ボールを持ちすぎてしまうこともありそのあたりがたまにキズですが、それを含めたとしても攻撃的なプレイヤーとしてイタリア屈指の能力を持った選手だということは疑いようがないでしょう。

■ベルナルデスキ選手の市場価値

そんなイタリアの将来を背負う、ベルナルデスキ選手の現在の市場価値はどのようなものになっているのでしょうか。

今回のフィオレンティーナからユベントスへの移籍で交わした契約の内容は4000万ユーロ+500万と言われています。日本円にすると60億円という大金で移籍したベルナルデスキ選手はイタリア国内としてはトップクラスの金額で評価されていると言っても過言ではありません。

ユベントスで十分な実績を残し、イタリア代表でも重要な役割を持っていたレオナルド・ボヌッチ選手が54億円でACミランに移籍したことが話題になりましたが、この数字を見れば将来性も踏まえていかにベルナルデスキ選手がイタリア国内で高い評価を得ているかというのが見て取れますね。

今後の活躍次第でさらなる市場価値の向上が見込めるベルナルデスキ選手。

ユベントスで活躍し、将来どのような選手に成長するのかが今から楽しみです。

■ベルナルデスキ選手のプライベートや性格

1655″ src=”ber2387″ “ber2387″ =”764″ =”509” />

イケメンプレイヤーで有名のベルナルデスキ選手ですが、プライベートはどのようになっているのか気になりますね。

いろいろと調べてみましたがベルナルデスキの彼女などの情報については出てこず、まだ情報は内容ですね。今後の情報に期待です。またベルナルデスキ選手の性格について明確に描いたものはないのですが、ベルナルデスキ選手はこれまで在籍したフィオレンティーナへの恩義が熱く、またサッカーに関しても真摯に取り組んでいることがわかるエピソードがあります。

以前ベルナルデスキ選手は国内の強豪クラブのACミランからスカウトを受けたことがあるようですが、その際に長らくお世話になったフィオレンティーナに対しての恩義があり、興味がわかないと断った経緯があると代理人を務めている実のお父さんが語っています。

チームに貢献し、50億円以上の移籍金を残したベルナルデスキ選手は愛すべきクラブに最高の置き土産を置いて行ったといってもいいでしょう。

また、フィオレンティーナのプリマヴェーラ時代から、ブレシア、トップクラブで着けてきた背番号10をユベントスで着けなかったことについて、「いずれ10番にふさわしい選手になるためにこれからユベントスで結果を出していきたい」と非常に大人なコメントをしており、このコメントからはまじめな青年のイメージが浮かび上がってきます。

もっと有名になった時に様々なエピソードや恋愛事情が浮き彫りになってくるとは思いますが、プライベートの部分でも今後のベルナルデスキ選手の動向には要注目ですよね。

■ベルナルデスキ選手の最新情報は?

フィオレンティーナでは絶対不可欠のエースだったベルナルデスキ選手は現在、ディバラ選手をはじめとする豊富なタレントを擁するユベントスの中で3節を終了してわずか1試合に途中出場のみにとどまるなど、アピールはできていない状況で改めて昨シーズンチャンピオンズリーグファイナリストの層の厚さを感じさせられています。今後ユベントス、そしてイタリアのA代表で10番をつけてプレーするためには一層の頑張りが必要になってくるでしょう。

ロベルト・バッジョ選手はフィオレンティーナからユベントスに移籍し10番を背負い、成功しました。

偉大な先人のようにベルナルデスキ選手が活躍できるのか、イタリアの将来を背負い新たな挑戦に挑む33番、フェデリコ・ベルナルデスキ選手に今後も注目ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする