ネイマールに次ぐ市場価値!?デレ・アリ選手とは?

■世界屈指の市場価値と言われるイングランド代表

サッカー選手の実力の高さを示す指標の一つ、『市場価値』において現在世界最高額の選手はブラジル代表のネイマール選手と言われています。

『CIES』によると、そのネイマール選手に次ぐ2位の選手と言われているのがイングランド代表の将来を背負う21歳の若手、トッテナムに所属するデレ・アリ選手と言われています。

今やエースストライカーのハリー・ケイン選手と並び、トッテナムに欠かせない存在となっているアリ選手は、その攻撃力を武器にイングランド代表でも定位置をつかんでいます。

そんな今後世界屈指の選手になる可能性の高いアリ選手についてその経歴やプレースタイル、市場価値やプライベートに注目し、ご紹介していきたいと思います。

■デレ・アリ選手のプロフィール

1568″ src=”ari78025-” “ari78025-” =”1200″ =”793″ />

まずはデレ・アリ選手の基本的なプロフィールからご紹介していきます。

・名前:バミデル・ジャーメイン・アリ

・国籍:イングランド、ナイジェリア

・出身地:ミルトン・キーンズ

・生年月日:1996年4月11日(21歳)

・身長/体重:188㎝/73kg

・利き足:右足

・ポジション:MF

・出身ユース:MKドンズ(イングランド)

・現所属チーム:トッテナム・ホットスパー (イングランド)

・背番号:20

・所属歴:MKドンズ→トッテナム・ホットスパー

・代表歴:イングランドU-17~U-21代表、イングランド代表

・主な獲得タイトル(個人):PFA年間ベストイレブン(2回)、PFA年間最優秀若手選手賞(2回)

■デレ・アリ選手の経歴

古くは名門だったウィンブルドンFCを前身として持つMKドンズのユースチームに入団したアリ選手はなんと16歳で下部リーグながらプロデビュ-を果たすとレギュラーとして定着。その才能に注目したのが現在所属するプレミアリーグのトッテナムでした。

2015年にトッテナムに移籍が決定すると2015-16シーズン開始時よりトッテナムの開幕戦でいきなりプレミアリーグデビューを果たしました。

19歳ながらトッテナムにスタメンに定着することに成功したデレ・アリ選手は2015-16シーズンを33試合に出場し10ゴール11アシストという素晴らしい大活躍を見せ、いきなり年間ベストイレブンに輝く個人での功績とチームの3位でのチャンピオンズリーグ出場に大きく貢献します。

続く2016-17シーズンにはさらなる攻撃力を見せつけたアリ選手。このシーズンはトッテナム自慢の攻撃力が爆発。エースストライカーのケイン選手、韓国代表のソン・フンミン選手、デレ・アリ選手、デンマーク代表の天才MFエリクセン選手の魅力的な攻撃陣は得点を量産し、結果アリ選手は年間18ゴールで得点ランキング入りも果たすなどチームになくてはならない存在として2年連続のベストイレブンを受賞、その価値を大きく上げ現在では世界でも5本の指に入る市場価値を持っている選手と言われるようになりました。

今シーズンも攻撃陣をほとんど入れ替えることなく臨んでいるトッテナムとデレ・アリ選手。昨シーズンのチーム歴代最高順位の2位以上の優勝をめざし、リーグを奮闘中です。

一方代表でも確固たる位置を築き始めたデレ・アリ選手は若くしてイングランド代表に選出され、昨年行われたEURO2016ではグループリーグ3試合と決勝トーナメントアイスランド戦に出場。

来年開催されるロシアワールドカップ予選にも出場しており、チームの中心選手として本大会出場を決めています

■デレ・アリ選手のプレースタイル

イングランドの将来を背負うアリ選手は攻撃面のタスクに関してはほとんどのことを高次元でできるプレースタイルを持っています。

・ハイレベルなボールタッチ技術

アリ選手のプレーで最も印象的なのは、トラップ・ドリブル・キック精度とボールを使う技がどれをとっても高いところです。

華麗なドリブル突破や、ワンタッチで相手を翻弄するトラップやパス技術など攻撃に関してはこれといったパターンなくあらゆる状況にアクセントを加えることができます。

また2016-17シーズンは自らも18ゴールを奪うフィニッシュ能力も高いところも魅力でしょう。

『ゲームメイクができる、且つ自らゴールを奪うことができる。』
こんな選手はどのクラブも欲しがる選手でしょうから、市場価値がここまで上がっていることも頷けますね。

・献身性と強靭なフィジカル

またアリ選手はテクニックだけではなく、現代サッカーに不可欠な『戦える』素晴らしいフィジカルを持っています。

スピードはもちろん、体格もいい為当たり負けすることも少ない選手で攻撃の幅を広げるために積極的にスペースを見つけ走る献身性も兼ね備えている理想の選手です。

デレ・アリ選手はよくかつてのイングランド代表のジェラード選手と比較されるアリ選手ですが、スタイルとしてはかなりの違いがあるように感じます。

その才能についてイングランド代表のホジソン監督や、マンチェスター・ユナイテッドを長年率いたレジェンド、アレックス・ファーガソン氏などがデレ・アリ選手のプレーを称賛しています。

特にファーガソン監督はデレ・アリ選手と同じようにトッテナムでプレーしその巧みなボールコントロールで天才と言われたポール・ガスコイン選手の再来と絶賛しています。

■デレ・アリ選手の市場価値

リヴァプールのレジェンドでイングランド代表でもプレーしたスティーブン・ジェラード氏が自らの後継者と考えるほどのデレ・アリ選手の市場価値とはいったいどれくらいのものなのでしょうか。

アリ選手の市場価値は世界でもトップクラスと言われており、市場価値を選手の年齢や残りの契約年数などから算出する『CIES』によるとデレ・アリ選手の市場価値は1億5500万ユーロ、およそ121億円と言われており独自のランキングではネイマール選手に次ぐ2位の順位が付けられています。

実際には2022年まで契約を残していますから現在の移籍市場の高騰を考えると余裕でこれ以上の値段が実際の取引の際は発生することが予測されます。

ここまでの値段になってくるとデレ・アリ選手を購入することのできるクラブは世界の中でもかなり限られてくるでしょうから、もし移籍することになればその移籍金が非常に楽しみなところです。

■デレ・アリ選手のプライベート、性格は?

・気になる女性関係は?

人気・実力・市場価値の急上昇で一気に注目を集めたデレ・アリ選手ですが、結婚や彼女等女性関係の情報に関しては特に見つけることができませんでした。

・中指立て事件

ワールドカップ予選のスロバキア戦で中指を立てるようなジェスチャーをしていたのがTV中継にばっちりと映ってしまったことで最近話題になったアリ選手。

この行為にはチームメイトのハート選手が苦言を呈するなど波紋を呼びましたが、本人はこの行為はあくまでチームメイトのカイル・ウォーカー選手に行ったと釈明。

誤解を生んだことに関しては謝罪をしています。真実はわかりませんが、まだ21歳のアリ選手なだけに国を背負う存在になるには、今後はもう少し試合中のメンタルのコントロールをうまくしていく必要が有りそうですね。

・両親の訴訟問題

デレ・アリ選手がかつてプレーしていたMKドンズ時代の契約内容についてアリ選手の両親が訴訟を起こしていることがイギリスの新聞『デイリー・メール』で報じられたことが話題になりました。

アリ選手の実の両親は3歳の頃に離婚しており、アリ選手は13歳から当時MKドンズで一緒だったハリーという選手の両親と同居(居候)していたということで実の両親との関係は良好ではないとのこと。

このような過去の問題が掘り下げられ、周囲が騒ぎ出すのは有名になったサッカー選手にありがちなこと。ある意味アリ選手の人気があがった証拠と言えますね。

■デレ・アリ選手の最新情報や移籍の噂、ロシアワールドカップでの活躍は?

1567″ src=”ari47398″ “ari47398″ =”800″ =”600” />

ワールドカップ出場を決めたイングランド代表において主力選手に定着しているアリ選手は本大会でも前回のワールドカップのハメス・ロドリゲス選手のように得点王候補のダークホースです。

相変わらず安定感は欠く代表チームですが、チームメイトのケイン選手やマンチェスター・シティのスターリング選手など、破壊力の高い攻撃陣を揃えるイングランド代表がどのようなサッカーを見せるのかは見どころです。

所属するトッテナムでも安定して出場しているアリ選手。現在チームは3位につけ昨季の2位以上、優勝の成績を狙っています。(シティが好調過ぎてかなり勝ち点はあけられていますが・・・)

少なくともチャンピオンズリーグ出場権を維持するためには、アリ選手のパフォーマンスの継続がカギになるのは間違いないでしょう。

今後も世界最高峰の市場価値を持つ男、デレ・アリ選手の動向から目が離せませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする