将来のスター候補!世界を驚かせる10代のプレイヤーたち その1

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●現代サッカーは若手有望株の宝庫

142″ src=”2016/08/zilezusu” “zilezusu” =”800″ =”600″ />

リオオリンピックも連日熱戦の予選を終え、いよいよ決勝トーナメントベスト8が出そろいました。

オリンピックではおもに23歳以下の選手が出場しており期待の若手も出場しています。

特に最近ではブラジルの19歳、パルメイラス所属のジェズス選手が、名門マンチェスターシティへの移籍が決まったということでワールドサッカー界で話題となっていますね。

昔に比べ、ユースの育成組織の発達や若手育成への重要性が重んじられるようになってから、優秀な若手選手が多数台頭しています。

今シーズンの移籍市場を賑わしたポグバ選手もまた、10代から注目される選手でした。

そこで今回はポグバ選手やジェズス選手のような注目の若手、特に10代の選手に焦点を絞り、シリーズで何人かを紹介したいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●まさしく天才。16歳でレアルに加入した男、ウーデゴール選手

141″ src=”2016/08/udegor1″ “udegor1″ =”738″ =”530” />

マルティン・ウーデゴール選手はノルウェー出身の選手で若干16歳でのレアルマドリード移籍で一時期サッカー界の話題を持っていきました。

現在はさすがにレアルでの出場機会は難しく現在はサブチームに位置するカスティージャでプレーしています。

今夏の移籍市場ではプレミアリーグやビジャレアルなどのスペイン国内へのローン移籍がうわさされています。

現在17歳でフィジカル面は充実しているとは言いにくいですが、ノルウェーのA代表でもすでにプレーしており、「神童」というニックネームのもと未来のバロンドール獲得候補とまで言われています。

プレースタイルは尋常ではないテクニックの持ち主であること、それは足技がうまいということではなく、実用的、かつ効果的にボールタッチを変幻自在に行います。

まさにボールを手足のように操るというのはこの選手のようなタッチのことをいうのではないでしょうか。

今後一線級のプレイヤーとして世に出てくるのはほぼ間違いないでしょうが、トラブルがなければあと10年以上の伸び代があると考えれば恐ろしいものですね。

また容姿もイケメンでスター選手としての素質をすべて兼ね備えているプレイヤー。

今後の活躍から目が離せませんね!

●ドルトムント期待のアメリカ代表!早くも香川のライバルに。プリシッチ選手

140″ src=”2016/08/puricic1″ “puricic1″ =”699″ =”434” />

クリスチャン・プリシッチ選手も現在17歳の期待のプレイヤーで、日本代表の香川真司選手と同じボルシア・ドルトムントに所属しています。

名前がいかにもクロアチア選手という感じですが、それもそのはずで父親がクロアチアにルーツを持つそうです。

出身はアメリカということでアメリカ国籍も持っており、ウーデゴール選手と同じくこの選手もすでにアメリカA代表としてピッチに立った経験があります。

また所属のドルトムントではレギュラー定着とはいかないまでも、トップの試合を経験しており、今夏のプレシーズンマッチでは先発メンバーにも名を連ねました。

プレースタイルはストライドの大きなドリブルで縦への速い抜け出しを武器にしています。

プリシッチのポジションは攻撃的MF。お気づきでしょうか?

この選手は香川選手とポジションがかぶっており、現在ポジション争いをしているのです。デビューのときは日本でも騒がれていました。

能力は十分でしょうが、現在はまだまだ若さゆえの荒削りなプレーやフィジカルの弱さを見せる局面があり未完成な部分はありますが、プレシーズンマッチでは先発メンバーに名を連ねたりと近いうちに本格化すると思われます。

それにしても17歳の若さでドルトムントという名門で日本のエースとポジション争いをするとは・・・

末恐ろしい選手ですね。

この選手も今後の移籍市場やサッカー界を賑わす選手になる可能性が高いですので要チェックですね。

例にもれず、爽やかでなかなかのイケメンですから人気者になるでしょう。
今回は以上の2名を紹介させていただきました。

まだまだ世界には要注目の世界の選手が存在します。

今後注目選手に関してはどしどし紹介していきますのでお楽しみに!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする