リオオリンピック直前!グループD 出場国と注目選手紹介

リオデジャネイロ五輪まであと少し!前回まででブラジルのグループA、日本のグループB、ドイツのグループCを紹介させていただきました。

今回は最後のグループ、ポルトガル、アルゼンチンが出場するグループCのチーム紹介と注目選手について紹介していきます。

まずはグループCの顔ぶれです。

8″ src=”2016/07/hyou1″ “hyou1″ =”600″ =”300” />

ポルトガル、アルゼンチン、アルジェリア、ホンジュラスの4か国です。それでは各国の顔ぶれと注目メンバーを紹介していきましょう。

【A代表はEURO覇者。ポルトガル代表】

先日のEURO2016では右とにフランスとの熱戦を制しヨーロッパNo1の座に輝いたポルトガル代表。

レアルマドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手の印象が強いチームですが欧州選手権準優勝を果たしたU-23チームも負けず劣らずフィジカル・テクニックともに優れた破壊的な攻撃力の持つチームです。

現在のメンバーが中心のU-21ヨーロッパ選手権では堅守のスウェーデン代表に惜しくもPKで敗れてしまいましたが、予選リーグでスウェーデンに引き分けていること、また今回出場しているドイツ代表に5-0で完勝しています。

さらにはトゥーロン国際では日本に完封勝ち(しかもU-20メンバー)、他グループで2位争いをするであろうメキシコには4-0の圧倒勝ちと今回の出場国に対しての対戦成績は素晴らしいものがあります。

しかし!今回のメンバー発表ではA代表で各国トップリーグで活躍する主力メンバーがことごとく選外。例にもれずクラブ側との事情があるとかで監督も参っているご様子。

注目選手はイタリアのウディネーゼに所属するブルーノ・フェルナンデス選手。

広い視野とパスセンスでを持ったゲームメーカーです。

個人的には楽しみにしていたチームなのですが、できればベストメンバーを見たかったチーム。少し残念ですね。
【ワールドカップ、コパアメリカは悔しい準優勝。3度目の正直なるか南米代表アルゼンチン】

A代表ではいわずと知れたメッシ選手やイグアイン選手、アグエロ選手を擁する南米を代表するチームです。

ここ最近はワールドカップ、コパアメリカという大きな大会でいずれも決勝に進出するも惜しくも決勝で敗れて準優勝という悲劇のシーズンを過ごしています。

しかしアルゼンチンの特徴は若手がめっぽう強いということ。前回のロンドンは予選敗退したものの、2008年の北京、2004年のアテネとオリンピック2連覇を果たしています。

各カテゴリーに優秀な選手の在籍するアルゼンチンは間違いなく大会の主役の1国です。

ただ過去にはメッシ、アグエロ、ディマリア、サビオラ、テベス選手などそうそうたるメンバーがそろっていた大会に比べて少しタレント力には劣るのではないかと思われます。

というのも選手がいないのではなく、今年セリエAで大活躍し得点ランキング入りも果たしたユヴェントスのストライカー、ディバラ選手やインテルのイカルディ選手などヨーロッパのトップレベルで戦う選手たちがことごとくクラブの都合で代表招集が見送られているのです。

そんな中でも注目はディマリア2世と言われる選手でフランスのビッグクラブパリサンジェルマンに移籍が決まったジオバニ・ロ・セルソ選手とチャンピオンズリーグで活躍したアトレティコ・マドリーのコレア選手でしょう。

アルゼンチンリーグに所属し、プレーは未知数ですがユヴェントスなど数々のビッグクラブが注目する選手ですね。ディマリア2世というほどですから、柔軟でテクニシャンであることが想像できます。

本戦でみられるのが楽しみな選手です。

53″ src=”2016/07/rosa.jpeg” “rosa” =”800″ =”513″ />

そしてすでに世界のリーグで活躍しているコレア選手。テクニック、スピードはもちろん高いパスセンスも備えるセカンドトップタイプの選手です

現在揃う最高のメンバーではありませんが、それでもこれだけのタレントが揃うとはさすが強豪ですね。

ポルトガルとの1位争いは非常に楽しみです。
【スピーディーかつテクニシャン揃い。アルジェリア代表】

現日本代表ハリルホジッチ監督がブラジルワールドカップでA代表を率いていたアフリカ代表のチームです。

アフリカ代表といえばカメルーンやナイジェリアなど、圧倒的なフィジカルを活かしたサッカーが印象としてありますが、アルジェリア代表はテクニックに優れた選手が多く、最近では岡崎選手と一緒にイングランドのレスターでプレーするマフレズ選手が有名です。

U-23チームとなると未知数ですがおそらく同じようにテクニックやパスサッカーをベースにアフリカ予選では堅守を見せた安定感のあるチームです。

注目の選手はストライカーのブネジャ選手。A代表経験もある選手です。

データが少なく未知数なチームですので本選でどのようなサッカーをするか楽しみですね。

グループ内ではトップ2チームが強烈なので決勝トーナメント進出は難しいかもしれません。

【もはや北中米代表の常連?ホンジュラス代表】

最近のA代表サッカーにおいては北中米カリブの代表国として国際大会に顔を出すようになったホンジュラス代表。

実は前回のロンドン五輪では日本代表と予選リーグで対決しています。そのときは0-0の引き分け。

こちらも未知数のチームなのですが注目の選手はアンソニー・ロサーノ選手。スペインのテネリフェ(2部)でプレーする選手です。

各年代の代表に選出され、前回のロンドン五輪では予選突破の大躍進に携わりました。

予選リーグ突破は正直厳しいかもしれませんが、前回大会に引き続きジャイアントキリングを果たすかは注目ですね。
いかがだったでしょうか?メンバーを落としているとはいえ、このグループはやはりアルゼンチン・ポルトガルの2強でしょう。

他チームがどれだけ食いついていけるかが注目ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする