スペイン代表のレギュラーをつかみ取れるか?アスピリクエタ選手とは?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■長きにわたり活躍するスペインを代表するサイドバック

現代のサッカー事情において優秀なサイドバックは強いチームには必要不可欠な存在であり、強豪チームには世界的なサイドバックが集まっています。
今回ご紹介するのは『無敵艦隊』とも呼ばれる世界有数の強豪国スペイン代表で名のある名選手たちと来年のワールドカップに向けポジション争いをしているセサル・アスピリクエタ選手です。

アスピリクエタ選手は世界的強豪チームで昨季プレミアリーグを制したイングランドのチェルシーでコンテ監督に信頼される存在として3バックの一角としてプレーしています。

今回はそんなアスピリクエタ選手について経歴やプレースタイル、市場価値やまじめで有名なその性格にも注目しご紹介していきたいと思います。

■アスピリクエタ選手のプロフィール

1552″ src=”asu6587″ “asu6587″ =”667″ =”395” />

・名前:セサル・アスピリクエタ・タンコ

・国籍:スペイン

・出身地:パンプローナ

・生年月日:1989年8月28日(28歳)

・身長/体重:178㎝/70kg

・利き足:右足

・ポジション:DF

・出身ユース:CAオサスナ(スペイン)

・現所属チーム:チェルシーFC(イングランド)

・背番号:28

・所属歴:CAオサスナ→マルセイユ(フランス)→チェルシー

・代表歴:U19~スペイン代表、スペイン代表

・主な獲得タイトル(個人):スカイスポーツ2016-17 ファンタジーイレブン

・主な獲得タイトル(チーム):UEFA U-19選手権、UEFAヨーロッパリーグ、プレミアリーグなど

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■アスピリクエタ選手の経歴

スペインの地元クラブ、オサスナの下部組織(カンテラ)に加入したアスピリクエタ選手は2007年にトップチームにデビューし、順調にチームの試合出場数を重ね、現在プレーするサイドバックにポジションにコンバートすると2007-08シーズンにはレギュラーに定着します。

トップリーグで活躍するアスピリクエタ選手はスペインU-19代表、翌年にはU-21代表スペイン代表に選出されるなど、順調にキャリアを重ねます

有望な若手のサイドバックとしてスペイン国内で注目を集めたアスピリクエタ選手は2010年にフランスの名門クラブ、現在は日本代表の酒井宏樹選手も所属するマルセイユに移籍します。

最終的にはメンバーに選ばれていなかったものの、2010年の南アフリカワールドカップ代表候補の一人に選ばれるなどスペイン人トップクラスのサイドバックへと成長し、マルセイユでも才能を評価されポジションを獲得したアスピリクエタ選手でしたが怪我の影響があり、ポジションを失うことになってしまいます。

2012年、当時現在マンチェスター・ユナイテッドを率いるモウリーニョ監督が指揮していたチェルシーへの移籍を発表すると、モウリーニョ監督の信頼を獲得し、元イングランド代表のアシュリー・コール選手からレギュラーを奪取。

その後監督交代を繰り返す中でもパフォーマンスを発揮し、昨シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ監督の信頼も獲得。サイドバックを配置しない3バックのシステムにもその高い戦術理解度で適応すると守備の面でチームの覇権奪還に大きく貢献し高い評価を得ました。

■アスピリクエタ選手のプレースタイル

スペイン人の代表クラスのサイドバックの選手としては珍しく、守備的な能力が高く評価されるアスピリクエタ選手。イタリア人監督のコンテ氏が信頼を寄せるアスピリクエタ選手のプレースタイルとはどのようなものなのでしょうか。

・サイドバックからセンターバックまであらゆるポジションをこなすことのできるユーティリティ性

実際にアスピリクエタ選手が高く評価されていた能力の一つが戦術への適応能力でしょう。サイドバックとしての役割をこなすことはもちろん、DFのポジションであればCB、SBの両方の役割を、また左右どちらのポジションでもこなすことができます。その高い守備能力と全体のバランスを見るカバーリング能力を発揮します。

実際にコンテ監督が率い昨季のプレミアリーグを制覇したチェルシーでも、3バックの一人として定着したアスピリクエタ選手。戦術的なサッカーの中において様々なポジションをこなすことのできる頭の良さを生かし、チェルシーディフェンス陣にバランスと安定感をもたらし、コンテ監督からも実際に高い評価を得ています。

ダビド・ルイス選手の活躍がピックアップされていた昨季ですが、DF陣の中ではアスピリクエタ選手は影のMVPと言ってもいいでしょう。
実際に昨季の活躍が評価され、大手スポーツメディアのスカイスポーツからはファンタジーイレブンという賞に選ばれています。

・ミスが少なく安定感の高い守備力

攻撃的なサイドバックの選手が多いスペイン代表においてアスピリクエタ選手は高い守備能力を評価されています。
『努力の人』として有名なアスピリクエタ選手ですが、プレーでもハードワークをいとわず、高い1対1の能力を持っています。また高いサッカーインテリジェンスを持っているアスピリクエタ選手らしく、適格なポジショニングや判断でミスをあまりしないという点も監督にとっては非常に使いやすい選手と言えますね。

攻撃の面でも圧倒的に強い武器があるわけではありませんが、的確な攻撃参加とポジショニングで安定した攻撃参加のアクセントとして貢献することもできます。

■アスピリクエタ選手の市場価値

1551″ src=”as4736″ “as4736″ =”680″ =”382” />

欧州の選手の市場価値を推測し発表している『CIES』によると、アスピリクエタ選手の現在の市場価値はおよそ43億円と言われています。

あくまで『CIES』の発表においてですが、この価格帯は今季アーセナルに加入したフランスの点取り屋ラカゼット選手や、ブラジルの至宝としてマンチェスター・シティで活躍しているジェズス選手、若手サイドバックとしては世界有数の評価を得ているベジェリン選手と同価格帯(実際に移籍する際は金額が変わってくると思いますが)

サイドバックの選手としてはかなり高い市場価値を持っていることが分かりますね。

マルセイユや、チェルシーでも監督の戦術に大きく左右されず長らく安定したパフォーマンスを発揮している部分を大きく評価されているのでしょう。

■アスピリクエタ選手のプライベート

・プライベートは1児の父。

アスピリクエタ選手にはマルティナちゃんという一人娘がいます。
アスピリクエタ選手の奥様の情報については見つけることはできませんでした。

・『ねずみ』というニックネームがつくほど練習熱心で真面目なことで有名。

経歴の部分でも触れたようにアスピリクエタ選手にまつわるエピソードでは「真面目で努力家」というワードがよく出てきます。

ニックネームはがむしゃらに頑張るところから「ねずみ」とつけられ、モウリーニョ監督をはじめ、チェルシーでともにプレーする世界的センターバックのケイヒル選手も「彼ほど練習熱心に取り組む選手はいない」と高評価を得ています。

努力を続ける理由については本人いわく「努力以外の上達する方法を知らないから。」と答えており、プロとして非常にかっこいい選手という印象です。

■アスピリクエタ選手の最新情報や移籍の噂は?

昨季、不振のチームを立て直しタイトルを獲得して見せたコンテ監督のチェルシーにおいて大きく貢献したアスピリクエタ選手は今季も順調に全試合で出場数を重ねており、その信頼感に揺らぎはありません。

昨季ともに守備陣を引っ張ったブラジル代表のダビド・ルイス選手はコンテ監督との確執がささやかれているだけにアスピリクエタ選手には頑張ってほしいところです。

スペイン代表においてはカルバハル選手やジョルディ・アルバの影に隠れがちで、もう一つ存在感を示しきれてはいないアスピリクエタ選手。

チームカラーとして攻撃的なサイドバックがピックアップされがちなスペイン代表ですから、守備力を武器にするアスピリクエタ選手が評価されていない部分は仕方ないところですが、ワールドカップまではまだまだ期間がありますし、招集は安定してされているので今後の活躍次第では来年のワールドカップで見られる可能性は十分にあるでしょう。

チャンピオンチームとしてチャンピオンズリーグに挑むチェルシーの中で大事な役割を担い、攻撃的な選手が多いスペイン代表の中で奮闘する玄人好みの守備職人、アスピリクエタ選手の今後の活躍に期待ですね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする