【セリエA】冬の頂上決戦!絶対王者ユベントスVS好調ローマの一戦!

ヨーロッパサッカーも冬の移籍市場間近、そろそろ優勝争いの為に大切な試合も出てきました。

今月の注目カードはイタリア、セリエAの上位争い。

前節まで2位につけているレジェンド、フランチェスコ・トッティ選手擁するローマが、3位ミラン、そして首位ユベントスとそれぞれ直接対決を行う重要な月になりました。

前節で3位ミランを相手に、ベルギー代表ナインゴラン選手の芸術的なゴールで勝ちきり、3位との溝を開けた絶好調ローマが、同じく前節勝ちきった絶対王者ユベントスと迎えた一戦を紹介していきましょう。

■イグアインVSジェコ!ピャニッチVSナインゴラン!注目の一戦はいかに!?

この試合、現地の注目ポイントは大きく2つ。

昨シーズンまでローマでプレーし、正確なプレイスキックなどゲームメイクの中心となっていたピャニッチ選手は今回古巣との対決が注目されていました。

798″ src=”2016/12/pyanicci9875934″ “pyanicci9875934″ =”710″ =”473″ />

名手ポグバ選手の後釜として期待されるピァニッチ選手はフルパフォーマンスとはいえないものの、ここまで安定したプレーでユベントスの中盤に定着しています。

特にそのプレイスキックは健在で、ユベントスの武器の一つとなっています。

対するローマは前節、決勝ゴールを決めたMFのラジャ・ナインゴラン選手が絶好調。

797″ src=”2016/12/naingoran985” “naingoran985″ =”728″ =”505″ />

ここ2節は連続で鮮烈なゴールでチームをけん引、攻撃、守備両面でアグレッシブな戦う姿勢を見せチームの絶好調に貢献。

同時に出場しているヨーロッパリーグでもグループステージを余裕で突破しています。

もう一つの注目ポイントは両チームのエースストライカーの対決でしょう。

ユベントスの注目はなんといっても、100億円の大型移籍で今季より加入したセリエAの得点記録保持者、アルゼンチンのイグアイン選手です。

801″ src=”2016/12/maingu9843.jpeg” “maingu9843″ =”727″ =”452″ />

ここまで10得点を記録し、チームの首位キープの原動力になっています。

また相方を務める、マンジュキッチ選手も今シーズンは好調で得点こそ4ゴールにとどまっているもののその長身とパワーで前線の起点になりチャンスメイクでチームに貢献し、また前線からのハードワークで守備も惜しまない姿勢が評価されています。

当初はイグアイン選手との共存が疑問視されていましたが、試合を重ねるごとに徐々にフィットが見られている印象です。

ローマのストライカーは最近絶好調のジェコ選手。

799″ src=”2016/12/zileko57.jpeg” “zileko57″ =”700″ =”466” />

リーグ戦だけでなくヨーロッパリーグでも大活躍中のローマのエースはこの大事な試合でも爆発するのか!?

そんな話題のマッチメイクはファンの期待を裏切らない激しい試合となりました。

■固い守りで勝ち切ったユベントス。早くも首位独走態勢を固めるか!?

DF人に多くのけが人を抱えるユベントスですが、キエッリーニ選手を中心に攻撃陣まで、定番のメンバーで挑みます。

対するローマもいつもの顔ぶれがそろいましたが、スピードに優れ、攻撃のキーマンのサラー選手とポテンシャルは持っているもののいまいち結果を出せていないエル・シャーラウィ選手が控えに回り、トップ下には注目の若手のブラジル人ジェルソン選手がスタメンに顔をそろえた陣容。

試合は序盤から首位攻防戦らしく激しい展開になりました。

前半は一進一退のペースで両者固い守りを見せるも、前半14分絶対王者ユベントスのストライカーはローマDF陣の一瞬の守備のほころびを見逃しませんでした。

ペナルティボックスの外で名手デ・ロッシ選手からボールを奪ったイグアイン選手がそのまま一人かわし、難しい体勢から左足を振りぬき、強烈な一撃をお見舞い。

高い身体能力で無理な体勢でも打ち切ったシュートはまさにストライカーという圧巻のゴールでした。

802″ src=”2016/12/higuain989548″ “higuain989548″ =”751″ =”451” />

1点を先制したユベントスはその後は守備的になり、まさに横綱相撲を展開、ローマはナインゴラン選手を中心に攻めまくりますが、百戦錬磨のDF陣がローマのエース、ジェコ選手を完全にシャットアウトし、有効な攻撃ができず。

また中盤の高い位置でプレーする18歳、ジェルソン選手がうまく機能せず、単発的な攻撃が続きます。

状況を打開すべく、エル・シャーラウィ選手を投入しますが、それでも最後まで集中力を切らさず守り切ったユベントスが首位攻防戦を1-0で逃げ切り勝ち点3をゲット。

注目のエース対決も、結果を出したイグアイン選手と終始存在感の見せられなかったジェコ選手とで明暗が分かれる形に。

またローマの中盤のナインゴラン選手は調子を維持し、戦う姿勢を最後まで見せ、攻守に貢献したものの勝ちをつかめませんでした。
(試合がもし引き分けならマン・オブザ・マッチは彼だったかもしれません。)

この試合で勝利したユベントスは勝ち点を42とし、破った2位ローマに勝ち点差7を開け、偉業の6連覇へ向け最高の年越しとなりそうな様相を見せています。

昨シーズンはナポリと壮絶な首位争いを展開したユベントスですが、今シーズンは早くも安定した戦いで逃げ切りムードを見せています。

一方ユーベには敗れたものの、魅力的な攻撃陣で首位を猛追するローマも勢いでいえば負けていません。

今後も最終節までこの2チームの頂上決戦から目が離せませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする